2018/7/1  14:35

刻字第33作「般若心経木額」  刻字

クリックすると元のサイズで表示します
前回お客様よりご依頼頂いた般若心経軸がまあまあの出来だったので、そのまま刻字額にしました。般若心経については分刻印譜に始まり全文刻印も手掛けましが、刻字額で一度は手掛けてみたいと思っていたので丁度良い機会を得たので少し頑張ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
非常に細密な作業になりますので、なるべく赤味の多い桂材を使用。
最大限筆意がそのまま活きるように彫り進めました。

クリックすると元のサイズで表示します
罫線も刻し入れて、写経のように文字には金色のアクリルを入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
全て切り出しの斜刀で薬研彫りに。頸椎の痛みや肩痛で一日一行も集中が続かないので、
大分時間がかかりましたがまあまあ良い出来となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
何時になるか分かりませんが次回の個展かあるいは何かの展覧会の折にお披露目できる機会があれば幸いなのですが…。
希夷斎遊印売場随時新着印投入していますのでよろしくお願い申し上げますm(__)m

14



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ