2006/8/1  13:01

うちは食い物屋ではありません。  食い物

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますここら辺の山間部には茗荷がいたるところに自生しているのだが、そろそろかなと見るといっぱい出てた。茗荷というと何かのつけ合わせ程度で茗荷そのものの料理はなかなかないので茗荷冷や汁御飯をつくりました。茗荷は洗って縦に千切りし塩揉みしとく。梅干の中の赤紫蘇の葉の微塵切りと炒り胡麻少々、醤油を入れ混ぜ冷やしておく。冷御飯にこれをたか盛りし、冷えた出汁を掛けまわしてネギの青いところの千切りを散らしてすきっ腹にかき込むと、それはもう芳しい茗荷の香いっぱい。うだるような夏の昼下がりに食欲増進間違いなし。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ