スノーフレークのタンブラー

2009/8/30 | 投稿者: Author

「スノーフレーク」の愛称で呼ばれることが多い、オールドパイレックスの「Garland(花輪)」
シリーズ。白×水色の爽やかな色合いと、レースのような愛らしい絵柄が人気です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
↑このタンブラーは、パイレックス製品ではなく「James Bradley Associates」というメーカー製。
パイレックスブランドで使われているデザインの絵柄を、別のメーカーが使って製造する、という例のパターンですね。
*4個セットではしばみ用に出荷済みです。

↓ 応援クリック有難うございます!!
** アンティーク・レトロ雑貨 ブログランキング **
** アンティーク雑貨ショップ ランキング **


ちなみに、パイレックスの製造元 Corning 社と同じデザインの食器を製造していたのは…



◆Fire King の製造元である Anchor Hocking 社
(レストランウェアは同じデザインで製造しているものがたくさんありますね!)

◆サイズと形、プリントのバリエーション豊富なタンブラーが有名な Libbey 社

◆シェイカーなどのテーブルウェアが充実している GEMCO 社(Corning の関連会社)

などです。

「食器の絵柄」を他社が使用する場合の契約年数や使用料など、細かい取り決めがどうなっていたのかわかりませんが、1950〜70年代の硝子食器やキッチンウェア(シェイカーなど)にはよく見られます。
いくつかのメーカーが同じデザインで製品を作りたがるということは、その絵柄がそれだけ魅力的なのでしょうね。スノーフレークはもちろん、スプリングブロッサム(クレイジーデイジー)やバタフライゴールドなど、現在でもコレクターに人気のアイテムがたくさんありますから、納得です。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ