リステリンの小瓶

2009/12/23 | 投稿者: あっこ

おなじみリステリンのロゴが入った硝子の小瓶。はしばみ用に出荷済みです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

プラスチックの蓋には社名のイニシャルが。蓋なしのほうにはスクリューキャップ用の溝が
ないので、開封後はコルク栓で閉めるタイプだったようです。

日本に初めてリステリンが登場したのは1985年。それまで一般には「マウスウォッシュ」
という概念自体ほとんどなかったので比較的新しい製品かと思っていましたが、アメリカでは
1914年に販売開始されています。1914年といったら日本は大正3年!
アメリカの歯科専門医では口腔消毒薬として1895年ごろ既に使用されていたそうですから、
意外と古くから使われている製品だったんですね〜。(リステリンの歴史参照)

 *日本の歯科技術はアメリカより10年遅れている…なんて話も聞きますが、
  たしかに口腔内の健康に対する意識には、かなり歴史の差があったんだなぁ。


↓ 応援クリック有難うございます!!
** アンティーク・レトロ雑貨 ブログランキング **
** アンティーク雑貨ショップ ランキング **
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ