2011/7/15

T31A/CFM  

  T31AのQSLが届いた。こちらも160mを含め各バンドでQSO出来たので全体の総QSOは相当なものだろう。
 上のQSLは、当局が開局間もない68年にQSO出来たVR1時代のカントン島で、SSBでのQSOであるが、キットのFL50を組み立て電波を出した頃である。
 当時は、JA1KSO伊藤氏などがアクティブで15mは華やかな時代であった。

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ