2010/6/25

ATU  

 今月発売のCQはATUの特集である。いままで外付けATUは、使ったことはないが、マニアルチュ−ナーは2台持っている。
 しかし、これも正直いって使うことはなく、棚の飾りとなっている。移動の時ならともかく固定ではチュ−ナ−のお世話になることはなく、ANTをきっちり調整すれば済むことである。
 当たり前だが、基本は、開口面積が大きく、出来ればフルサイズに近く、いかに電力を効率良くANTに送ることであり、見た目のSWRが下がっただけでは電波は飛ばないものである。

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ