2010/9/16

バラン作り  

 市販のバランは高価のため自作しているが、160m用のバランに水が入ったのか調子が悪いので、また自作することにした。
 今回は、コネクタ部のア−スの強化、水抜き穴を付け、接続部は圧着し、更にハンダ付けした。
 市販のバランの壊れたものをバラしてみると結構いい加減なものがあり、耐圧4Kなどでも貧弱な線を使っている。そんな物を参考に自作しているが、結構うまく作れるものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ