2010/7/28

鮎料理..  

 この間、娘夫婦が来ていたので利根川の鮎料理(梁)に行ってきた。さすがに川の近くは川風で涼しい。
 鮎の塩焼き、鮎こく、酢の物、鮎フライと鮎料理を堪能しながらの生ビ−ルは格別である。知っている限りでは、こういった梁は、2〜3カ所と数えるほどしかないようだ。
 遠くで上州名物の雷が鳴っていたが、気にもならず話が弾んだ。年に1回くらいはこういった風物詩は良いものである。

 クリックすると元のサイズで表示します
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ