2019/3/22

軽量化  迷改造

 TOMIXのクリーニングカーを動かす際に、何でもいいから動力車と組ませて(機関車ではなくても、モハやキハでも構わない)クリーニングするやり方と、とりあえずは編成を組んで列車らしく仕立ててやるやり方がある。

 どちらも一長一短があるけど、私は後者の方。

 でいろいろな機関車で試していた数年前、TOMIXからキヤ193の2両セットが販売された。
検測車という形状と塗装が、クリーニングカーにベストマッチするので即購入。

 が、開けてビックリだったのがトレーラー車の重さ。

動力付きが重たいのはしょうがないが、トレーラーの方は絶縁されたモーターが積んでいるのではないか、というぐらい重い。

クリーニングカーを挟むと、もうあまりに重い。

という事で、長い間試運転だけで箱入り状態だったのを、軽量化が出来るならやってみようと、思い付きでばらしてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、車体を外すのにも一苦労。連結面側の床下からマイナスの精密ドライバーを隙間に入れて、ホジホジしてようやく車体分離。

出てきたのは、諸悪の根源のウエイト。さらにたちが悪いことに、このウエイト、ライトケースも兼ねている。

クリックすると元のサイズで表示します

このウエイトを固定していたビス5本を外すと、なんとウエイトの底からライト用基板が出てきた。

そしてライト基盤の先端から伸びているコードをライトケースから抜くと、
クリックすると元のサイズで表示します

昔懐かしい麦球が出てきた。

このウエイトを外して、ライト基盤自体はビス止めすることはできるのだが、
クリックすると元のサイズで表示します

今度はライトケースが無くなるため、たぶん「光前頭」みたいな感じで車両が発光するだろう、、、。

ウエイトは、車両床下(エンジン部)にも入っているため、そら、重なるわな。

クリックすると元のサイズで表示します

という事で、この床下ウエイトも取り外し。これがまた素直に外れん。ここでも精密ドライバーのお世話に。

照明基盤にこだわらなければ、この床下ウエイトだけでも十分かと思われるが、やはり光物にはこだわりたい。

という事で出来たのが、
クリックすると元のサイズで表示します

床下ウエイトだけを外した状態。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

麦球もちゃんと、前進・後退で右と左が使い分けできる。

試運転の結果は、良好。

さらに軽くしようと思えば、床下ウエイトを鉄コレ用などにして軽めにし、光前頭システムにするのもありかもしれない。

ちなみに
クリックすると元のサイズで表示します

前面の黄色の部分、別パーツになっていたのね。

10
タグ: 9mm 鉄コレ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ