2019/9/19

ナローの間  レイアウト

6月にスペースを確保したまま、極暑のため建設延期中だったナローの間の基本が、ようやくできた。
クリックすると元のサイズで表示します

中央に2枚置いたトレー状の物が、ナローレイアウトの基礎となる保管庫(的な物)の底面積の大きさ。実際には一回り大きいが。

その左のこたつの足が、レイアウトボードを載せる土台。このこたつの脚、どういうわけか天板がない状態で、ずっとあったもの。
クリックすると元のサイズで表示します

横から見ると、こんな感じ。ただ実際には基礎部はもう少し左右に拡げるが。

クリックすると元のサイズで表示します

片側の基礎部を置いた状態。こたつの幅と基礎部の保管庫の幅がほぼ同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

基礎の保管庫の上にこたつを載せ、レイアウトベースのベースは完成。

こたつを載せた状態での高さは、9oレイアウトよりもやや低い。
この高さがいいかは、もう少し様子を見てみる。

そして天板設置。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

天板と言っても、相変わらずのドア戸板だけど。
長さは十分だが、幅がこたつより少し狭い。しかしこれしかないんだから、どうしようもない。

でも最大の問題は、この上に線路がひけるか、という事。
ナローに使うのはKATOのレールと決めていたから、カーブを作り確認。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オーソドックスな小判状のレイアウトなら問題なし。
あとは駅や引き込み線などをどうするかだな。

ちなみにここに猫屋線を置くと、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いいかもしれない、、、。
ちなみに9oと比べると、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きさの差は一目瞭然。
雰囲気はなかなかいいが、「あなただけの大私鉄」になってしまった鉄コレの二の舞にならぬよう、注意しないと。
10
タグ: 鉄道模型



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ