2020/1/9

貨物機誕生  HOナロー

 KATOのポケットライン動力を載せた貨物専用(?)機関車の2台目が、ようやく誕生。

クリックすると元のサイズで表示します

今回使ったのは、客車用(SLを押すやつ)動力。

機関車用と変わらんだろうと思っていたら、よく見ると車体サイズが一回り大きい。おまけに車端部には手すりもある。

クリックすると元のサイズで表示します

床下の造形はなく、動力部も一回り長い。

このわずかの差で、
クリックすると元のサイズで表示します

簡易軌道の機関車車体では動力部に収めることが出来ない。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし猫屋線機関車では、車体を載せる台枠はそのままでは使えず、かといってこの枠がなければ、キャブ自体が受けをなくすため安定しない。

いろいろ考えて(というか、思いつき、、、、)このようにしました。


クリックすると元のサイズで表示します

キャブの受けになる台枠はキャブの下側のみに、その台枠の厚さ分だけ浮くボンネット部のために、動力ユニットの先端部に台枠の先端部をデッキ(?)として設置、この上にボンネット先端が来るようにした。

クリックすると元のサイズで表示します

ボンネット部はそっくりランボードがないけど、ナローなら機関点検にはちょうどいい高さなので、まぁ、これでいいか。

試運転は、もう涙が出るくらい快調。

あとは貨車の整備と、、、、。


ところで、この冬の暖かさはどうしたものか。

クリックすると元のサイズで表示します

例年なら、ふもとに雪はなくても、標高1000mのこの山の山頂部は白くなっていてもおかしくないのに、この冬は全然見ない。

クリックすると元のサイズで表示します

車庫の前のこの水たまり、この冬はまだ氷すらはっていない。

暖かいのはいいのだが、こうも寒くならないと逆に一抹の不安がよぎる、、、。

この夏、水不足にならんやろな、、、、。
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ