2012/1/28

再始動(?)  改造計画

クリックすると元のサイズで表示します


この4両で、事業用車(ヤ・ル編成)を組む話、日がたてばたつほど、あまりのアンバランスさに「これでいいのか?」と素朴な疑問が。


で、気がついた・・・そうか、無理やりまとめずに、新旧2タイプ作ればいいんだと・・・。

で、再度種車探し。

旧形電車組の方は、いろいろありすぎてまとまらない、というかイメージが入り乱れてまとまらないので、先に南海電車組の方を。

こちらは、あることすら忘れていたスーパーニートレイン状態のこの2両のどちらかにすることに。

クリックすると元のサイズで表示します


発売当初から不人気だったような気がする、秩父と富士急の日車観光型コンビ。

奇しくも南海とは同年代。

この2両、外観上の大きな違いは、窓とドアの位置。

この位置関係が決め手となり、種車は富士急に決定。

クリックすると元のサイズで表示します


富士急もそのまま切った、貼ったをするだけでは具合が悪いので、秩父も部品取り用に確保。

南海1521に動力を積む、3両編成としよう。

さてどうなる?出来上がり・・・?

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ