2019/12/31

最後の最後に、、、  近鉄特急

昨日、年末恒例のプチ餃子会を橿原神宮前で開催。

1時間半ほど早く行き、駅で年内最後の近鉄録り鉄。

ダイヤが休日なので、吉野特急は30分毎の運転。だから連絡する京橿特急はすべて『吉野連絡』であり『阿部野橋連絡』。

わかってはいたが、南大阪・吉野線と橿原線の移動が大変。

吉野・南大阪特急はピンからキリまで見れたのに対し、京橿特急はビスタカーとスナックカーだけという、物足りなさ。ま、八木まで行けばいろいろ見れたんだろうけど。

で、年内最後の近鉄特急は、
クリックすると元のサイズで表示します

これ(16011)で橿原神宮へ向かい、

クリックすると元のサイズで表示します

これ(16107)で戻ってきました。

ちなみに1年前は、16111で行き、16108で戻ってきており、16010系で向かい16000系で帰ってくるというパターンは同じ。

その16000系(16107)で、今頃になって大発見。
クリックすると元のサイズで表示します

サニーカーやスナックカーと同じシートだと思っていたのだが、なんとこちらの方は、力を抜いたら背もたれが戻ってくる「簡易リクライニングシート」。

国鉄の14系客車や485系などで使われ始めたときは、「あんなインチキリクライニング」と幻滅したもんだったが、まさか平成を通り超えて令和の時代になるまで残っていたなんて、夢にも思わなかった。

ようやく最後に新塗装になった16107編成だけど、座席が昭和のままだったとは、、、。

行きの16111では気にならなかった(気づかなかった?)のに、もしかして残っている16000はすべて簡易リクライニング?

この辺り、気合込めて調査する気はさらさら起こらないが、来年の乗る楽しみの一つに挙げておこうか。できれば廃車になる12200の座席と交換して欲しいのだが、、、。

という事で、12月の近鉄を年末ぎりぎりでまとめました↓。
https://youtu.be/QRWDZKLyLmQ
9

2019/12/29

乗車録2019  近鉄特急

特急等に乗れば一応つけてきた乗車録。

昨年(2018)までは手帳などに書いていたが、今年はスマホのカレンダーアプリに記録として残してみた。

これが案外使いやすく、また記録として残っているので今年はまとめてみた。

こうのとりもつけているが、別段まとめる程でもないため、ここは近鉄特急に焦点を当て、この1年の整理をば。

ま、京橿特急と吉野(南大阪)特急ですが、、、。

◎12200系(ク12300)
 喫煙車として残っているこのク12300(1号車)しか乗ってません。

>12335(3)・12336(4)・12339・12340・12353(2)
 *( )内は、複数回乗車した回数、339と340は1回のみ。
クリックすると元のサイズで表示します
赤幕は12353。

◎12400系(ク12500)
 喫煙コーナーの体験として1回だけ乗ったもの。
>12501
クリックすると元のサイズで表示します

12200系とは、尾灯・標識灯の形状が同じ。前パン以外にも、この部分で12410系との判別が出来る。

◎22000系(モ22400)
 喫煙車で残っていた旧塗装の22000系には、5月頃から狙い乗りしてました。
>22403(3)・22404(3)
 *結局最後まで残った旧塗装を交互に乗っていたことに。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてビスタカー30160と、伊勢志摩ライナー23704。ともに中間車で、伊勢志摩ライナーは喫煙コーナー付き。

これが京橿特急のまとめ。伊勢志摩ライナーは京伊特急の八木から京都まで。
続きを読む
9

2019/12/26

年内最後  スライドショー

本日2本目にして丹波発年内最後は、やはり年内最後のスライドショー。

和歌山にあった小私鉄2本をまとめたもので、あの泣く子も黙る野上電鉄と、ほんとにひっそり消えていった有田鉄道。

補助金助成が打ち切られた野上電鉄は、まるで漫画のように「よろしい、ならば会社清算だ」の道をまっしぐら。
この鉄道の最後の仕打ちが、「駅、車内での撮影禁止」と言う当時でも想像がつかないようなことを平然とやってのけた事。あちこちに看板があったそうで、今でも語り草になっている。

ただ撮影したころはのどかな時期で、車両は阪神・阪急・富山地鉄から来た選りすぐりの「動く化石」ばかり。

この後しばらくして、テレビコマーシャルに、「明治アーモンドチョコレート号」として登場したときは、誰もが目を疑ったもの。
クリックすると元のサイズで表示します

この電車が、アーモンドチョコレート号になりました。ちなみに阪急の足回りに阪神の車体を載せたものだそうです。

そして有田鉄道。
ここも、昭和59年2月の国鉄貨物輸送合理化の波を受け、それまでも息絶え絶えだったのが、とどめを刺された感じで、廃止前には、土日運休、平日2本まで運転本数が減らされていたとか。
もちろん撮影時期は、まだまだまともな運行をしていた頃で、富士急行から来たキハ58が3両とも健在な時期。ただ単行でも輸送力過剰なのは明らかで、富士重工のレールバス(LE−CAR)を入れなかったのは、資金が底をついていたからか。
クリックすると元のサイズで表示します


野上電鉄は昭和53年、有田鉄道は昭和58年(ごろ)の撮影です。

https://youtu.be/97aLKwA2LzE
続きを読む
9
タグ: 鉄道写真

2019/12/26

ああ、1か月、、、。  なんやかや・・・

今年もあと1週間になったクリスマスイブの夜、近鉄から素敵なプレゼント(?)が、、、、。

な、なんと、12200系の喫煙車が来年1月末でもって廃止されるとな。

ただ12200系自体は、来年(2020年)中に引退するするので、2月以降引退するまでの間は「喫煙コーナーなし、全車禁煙」編成という時代の最先端を走る姿で有終の美を飾る存在に。

面白いのは、2月以降しばらくの間は1号車(喫煙車)の車内整備のため、車内整備が終わるまで1号車の特急券は発売しないという事。

車内整備の内容自体は、空気清浄機の撤去や灰皿の封印など小規模のものと推測されるが、12200系を組み込んだ編成は当面の間、1両減車扱いになるか。

『ひのとり』のデビューが3月14日なのでそれに合わせて座席禁煙を実施すれば?とも思うが、小規模でも車内整備する必要(たぶんJRではやらない、、、)からか、旅行需要などが減る2月に集中整備を考えたためか。

12200系自体余命1年の宣告がされている以上、早かれ遅かれ喫煙車が無くなる事には間違いないのだから、ある面、五月雨式に消えていくよりは全車禁煙扱いとしてパッと消える方が、すっきりするかもしれない。

こうなると2月以降は喫煙室が、プチカフェ仕様か牢獄仕様かの違いで選ぶことになるのだが、、、なんかかわいそうなサニカーグループ、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

12200系の1号車を選ぶのも、あと1か月。

クリックすると元のサイズで表示します

多分このグループは、簡単に選ばんだろうな、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

2月以降の本命は、このグループ。窓が大きい22600を選ぶか、白色系の座席もまぶしい22000更新車を選ぶか、悩ましいところ。
1

2019/12/23

ああ、魔改造  HOナロー

HOナローの泥沼にはまりつつある。

ベースがフリーランスの猫屋線や簡易軌道なので、ある面やりたい放題。

フリーランスとはいえ、現存した車両をベースに模型化しているため、写真で見る車両とそんなに違わない。

そんな中、簡易軌道のミルクタンク車を灯油タンク車に改造してみた。
灯油タンク車なるものが、実在したのかどうかは定かではないが、ミルクタンク車を2両持っていてもあまり面白くないので、家庭用暖房に必要な灯油専門のタンク車(一応)に改造してみた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

数年ぶりに水抜き材(EPA)を買ったのだが、どの製品を見ても肝心の成分表記に「イソプロなんちゃらアルコール」の成分割合が書いてない。たしか99.8ぐらいはなかったらいけなかったはずなのだが、その割合がどの製品を見ても分からないため、とりあえずこれを選んだ。

鉄コレをつけたときなんかは、一晩も漬けとくと塗装がペロッとはがれたのだが、今回は一晩漬けても、塗装がこびりついたまま。

クリックすると元のサイズで表示します

ピンセットの先でごしごししてようやく落ちた。

で塗装だが、今回は水抜き材の横にあったこれを使ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します

そう、車体補修用のタッチアップペイント。

ミルクタンクを塗り替えるだけだし、色は一色だけなんだが、車の車体カラーってものすごく細分化されているのね。運よく艶消しブラックがあったが、無ければどうしてたか。
続きを読む
9

2019/12/22

冬のはずが、、、  グッズ

今年の冬は、暖冬の予想通り暖かい。

いつもなら底冷えも厳しい丹波の冬が、意外に生ぬるい。

初氷も初雪もまだ。晴れた日の昼間なんか冬とは思えぬ暖かさ。

けれど厳冬の時期に近づいている事だけは確かなので、早いのは承知でタイヤ交換を済ませた。

車屋さんいわく、タイヤ交換は例年に比べて半分ぐらいの割合とか。

ただ皆さん、暖かいのはいいけどドカ雪が怖い、と言ってました。

そんな中、少し遅れたけど福知山線で年内最後(?)の撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

数年前からこの時期になると登場する日根野の応援車。この時ばかりは、『くろしお』では開かずの正面貫通ドアが、開いて貫通路として機能する。

クリックすると元のサイズで表示します

わかりにくいが、ワンマンカーでもついにWパンタの使用を開始。朝一番の運用に入った車両が終日Wパンタを上げているようで、3月いっぱい上げていたか。

ちなみに、こうのとり6号の287系(3両)も、福知山→新三田でWパンタになる。ただ朝が早いので(と言っても、8時なんだが、、、)録りに行く気が起こらない、、、。

という事で、昼間(10時ごろから)のちょこっと撮影分をまとめました↓。
https://youtu.be/AXVxYbN-mno
8

2019/12/15

新動力とレイアウト  HOナロー

和田山の模型屋さんに今年最後の買い出し。
と言っても、買い出し品の中心はもはやHOナロー関係。

クリックすると元のサイズで表示します

KATOのポイントは、現在使っている30年物のポイントが今一つ不調なので、その交換に。ぽいんよマシン共々買って、いきなり電動ポイント化。

カーコレは80分の1シリーズのスカイライン。HOナローに合うサイズはこれしかなかったので、1台のつもりが、おっちゃんが「これも持って帰り」と、気づけば4台になっていた。

そしてKATOの新動力と、ナローの車体を彩るタミヤのステッカー。もちろんステッカーは、ラジコンカー用。

クリックすると元のサイズで表示します

スカイラインは4台もあるのに、バンが3台とワゴン1台。幸か不幸かセダンが1台もない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

同じ80分の1のナローの貨車と比べてみると、あまり違わない大きさ。
ナローに実物がいかに小さいかが、模型でもよくわかる。
続きを読む
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ