2020/3/31

地面造り(2)  HOナロー

ナローレイアウトの地面造り、半分ぐらいは終了した。
クリックすると元のサイズで表示します

半分ぐらいというのは左側のトンネル部分とその周囲が、基礎になるスチロール板が確定していないため手付かずのまま。

四隅と留置線の部分だけバラストを撒いてみた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バラストを撒いて水を吹きかけるのだが、その水を吹く際に水が垂れてクレーターを作ってしまうのが難点。このへんはあとから修正しよう。

貨物ホーム(兼貨車留置線)側と、機関区(予定)線の両側は、駅舎や機関庫位置が未定なので、トンネル部と同様にまだそのまま。

地面を作った所には、次に植生を考えていかなければならないし、マスキングしたレールがちゃんと通電するかも確認しないといけない。

今のところ完成形がイメージできてないので、さて今後どう展開していくか。

★接近表示
クリックすると元のサイズで表示します

一度取り上げたかったのが、福知山線柏原駅に1年ぐらい前から取り付けられたこの列車案内表示。
上段には先発列車が表示されるが、下段は先発列車の停車駅や次発列車などの表示と共に、先発列車の走行位置が順番に表示される。
大阪メトロなどでも昔からある表示だが、田舎の場合、前の駅を出てからここに来るまでの「矢印」表示の長いこと、長いこと。

これだけはいつ見ても感心する。別にこの表示案内が悪いというわけではないのだが、何か滑稽。
9

2020/3/22

地面づくり(1)  HOナロー

ようやく地面づくりに取り掛かった。
クリックすると元のサイズで表示します

まずは試験の意味もかねて、この廃車置き場になる短い留置線から。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ホームセンターで買った、調味料入れに2種類の砂(バラスト用)を入れてシェイク。
スポイドは、文具コーナーの書道用品のとこにあったもの。
で、袋の裏面にあった散布方法をよく見ずに、いきなり散布。

クリックすると元のサイズで表示します

御覧のように、レールにマスキングせず土砂の上からいきなりスポイドでボンド水溶液を垂らしたものだから、全く土砂に浸透しない。
クリックすると元のサイズで表示します

浸透しないどころか丸い球体になり、低い方へ転がってしまう。

こんなことをやっていたら、いつまでたっても終わらないし、第一レールそのものがめちゃくちゃになっていく。出来上がったら、廃線跡のジオラマだった、という事にもなりかねない。
続きを読む
10

2020/3/19

やっぱり腹立つ区間快速  なんやかや・・・

夕方になって突然発表された「3連休は、大阪・兵庫間の不要不急な移動は控えるように」の一報。

突然そんなこと言われても、、、。まぁ私は必要だから帰るけど。

で、その福知山線。ダイヤを見れば見るほど嫌になってくる。

先日丹波に戻ってきた際の気になる点の車窓スナップから。
クリックすると元のサイズで表示します

この日の9号は、所定287系のところを289系が代走(のはず、ダイヤ改正で車両運用が変わっていたら、すまぬ)

クリックすると元のサイズで表示します

ダイヤ改正で、普通が宝塚折り返しになったため、今までの223系快速も207系にチェンジ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回製最大の見どころ(?)は、先発の区間快速をどこで追い抜くか、という事。
三田の手前で列車位置情報を見ると、次の新三田と広野の間らしいのでやはり広野追い越しか、と思っていると、、、なんと新三田待避。

JRのこの位置情報は、駅停車中というのがわかりにくく、とっさに見ると「走行中」と勘違いしてしまう。

そしてひたすら走って、
クリックすると元のサイズで表示します

篠山口の一つ先の丹波大山で、篠山口行と交換なのは、今まで通り。

こうのとりで谷川に行くときは、篠山口でこの普通に乗り換えねばならない。
そうするとこうのとりで柏原に着いてしばらくしてから、普通は篠山口を発車というパターンになり、普通が谷川に着く頃にはこうのとりは福知山に着いている頃になるので、この時間差は結構大きい。
続きを読む
9

2020/3/18

二改造  HOナロー

キハキニ(キクニ)改造、バラスト散布の合間を見て、簡単にやってみた。
クリックすると元のサイズで表示します


模型用針金(太さ1oぐらい)を、ドア間の窓の長さにカット。

クリックすると元のサイズで表示します

その両端を、アロンαで接着固定。両端はちょうどドア脇にある手すり上部に乗る形。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、4枚窓下側の面と4枚窓の外側窓、側面の窓のうち運転台横と次のドア窓を残して「白」のマーカーで塗りつぶし荷物室らしさを。
白で適当に塗りつぶした妻面は、
クリックすると元のサイズで表示します

先日買ったタミヤのカラーシート(蛍光オレンジ)を警戒色代わりに貼って、運転台がない側とアピール。
続きを読む
9

2020/3/15

小さなパーツをコツコツと  HOナロー

6月の3両増車に向けて、レイアウト整備を少しずつ実行中。

3月に入り昼間の時間も長くなったので、1・2月頃に比べ作業時間もとれる。

とりあえずは、レールの固定化から。

固定化といってもレール自体を固定したのでは、いざという時何かと不都合。

そのためレール自体を固定するのではなく、その周囲から挟み込んで固定化することに。
クリックすると元のサイズで表示します

トンネル区間もこのように、スチロール板で左右から挟み込み
クリックすると元のサイズで表示します

そのスチロール板を木工ボンドで、グリーンマットと固定。木工ボンドがどれほど効くのかよくわからないが。
クリックすると元のサイズで表示します

スチロール板によるレール挟み込みは、四隅と駅、それに車庫周辺とトンネル部周辺。

あとの問題は、このスチロール板とレール(道床)の隙間をどうするか、という点。

まぁこの隙間だから埋めるとしたらバラスト等を使うぐらいしかないけど。

バラストまきについては、これからおいおいと。
続きを読む
9

2020/3/14


明日からダイヤ改正の前日に大阪帰り。

コロナショックは丹波にも及び、こともあろうにスシロー氷上店のアルバイトが陽性反応という衝撃的なニュースが伝わってはや3日。

なんとそのバイト先の人が、どこに居住しているかまで、田舎の情報網によりほぼ特定されてしまった。

ただその後の調査の様子が、いまだ何も発表されてないのがちょっと気がかり。情報が何もなければ、「口コミ」という田舎のデマが始まるかもしれん。これがちょっと憂鬱。

何せ「口コミ」により、「店主入院のため閉店」していた店が「廃業」したことになったことがあったからな。

そのコロナショック、鉄道にも暗い影を落としているのは間違いなく、カニさんシーズン終盤の『こうのとり』でさえ客入りの低調が目立つとは、和田山の模型屋さんの話。

駅の利用も低調で、よく使う福知山線柏原駅でさえ3月に入ると午前10時ごろに行っても駐車場の「空きスペース」がある。

そんな福知山線も、ダイヤ改正で
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日中の丹波路快速が遂に見納め。
篠山口発で見たときは、午前10時台の2本が『ロングシート快速(207・321系)』なのでそのあとの11時台から『区間快速』になる。

編成両数も見直すそうで、6両編成は残るかもしれないが8両編成は4両編成化されるかもしれない。

少なくとも大阪行きに乗るのは仕方ないとして、大阪発に乗る場合は篠山口まで『こうのとり』自由席の選択がいいかもしれない。

こんなことを考えるのも、柏原で駐車できるか、谷川に駐車するかで篠山口で乗り換えるか否かが決まるから。

ま、そのうち慣れるんだろうけど、今日の新聞広告にダイヤ改正の広告が載っていた。
福知山線関係は見事に無視され、他線区の「いいとこ」しか載ってなかったけど、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

今シーズンのWパンタもいよいよ見納めの時期ですな。
9

2020/3/8

カプラーが問題!  HOナロー

以前、一部客車に『朝顔カプラー』を装備したことを書いたが、少し前になってその『朝顔カプラー』に強度不足の欠陥があるとメーカーが告知していた。何度も増解決を繰り返すと、肝心のリンクが壊れるそうな。

軽便鉄道らしさを出すための『朝顔カプラー』だが、実際に付けてみると意外に増解決の作業はやりにくいことに気が付いた。

こうなるとカプラーはアーノルドのままにするか、KATOカプラーに交換してみるかの2つ。

ただここで、そのアーノルドでさえ問題があることが分かった。
クリックすると元のサイズで表示します

そう、この「赤いキハ」の動力車が問題の車、というより動力に使っている鉄コレ動力ユニットの問題か。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜかカプラーを装着すると、そのカプラーが上を向いてしまうのだ。右側はトレーラー車なので、そちらは問題なく水平状態を保つのに。

この状態で連結しても、レールが水平状態ならいいけど少し起伏があると坂を上った所で、連結器が自然解放されてしまう。
続きを読む
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ