2020/7/25

動力車(1)  HOナロー

夏になれば収まるか、と思われたコロナだったが、現実は再びぶり返している。

おかげで生活パターンは狂いっぱなし。

まだしばらくはこの状況が続きそうなので、ビデオ撮影も暫く撮りに行けそうにない。

そんな調子だから猫屋線の魔改造も遅々として進まず。

ようやく、「ひまわり号」牽引車が出来た。

クリックすると元のサイズで表示します

牽引キハは、客車の車体にキハの前面をつけたもの。

もちろんこのままでは塗装の点から使えない。

本来なら地の塗装をはがし、再塗装するのがいいのだが、大阪分工場では塗装スペースが確保できない。

なので再塗装はカッティングシートを貼ってラッピング風に。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん車内も。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中央部にモーターがある為、床板は2分割して作成、そこに固定クロスを配置。

牽引車は「ひまわり号」とは異なり、一応自由席の設定なので、2-1配置としたが、席の間を通るときは、横になっていかないといけないような狭さ。

側面も、カッティングシートで元の青色を大幅に隠し、伝説の秋田中央交通みたいな青と赤になったが、個人で楽しむ分には問題ない。
続きを読む
8

2020/7/12

ようやく、、、  HOナロー

 『ぼったくり急行』用気動車のトレーラーが完成。

ただ当初の予定とは大幅に異なり、気動車と言っても自走はできない、いわゆる『キクハ』的存在。

クリックすると元のサイズで表示します

先日の3両セットから、キハと同じ車体を持つ客車の端面部を、赤いキハの片側と交換。

これで赤いキハ(ぼったくり編成)の2両固定化を図るとともに、客車を気動車化。ぼったくり編成の動力とすることに。

ただ、

クリックすると元のサイズで表示します

窓周りの白塗装部の色が違うことは、付けてみるまで気づかなかった、、、。

この白塗装部の違いをどうするかは置いといて、お化粧直し。
クリックすると元のサイズで表示します

化粧直しと言っても塗装のお供はこのシート(左側の赤)。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
9

2020/7/3

2か月ぶり・・・  グッズ

猫屋線が販売されたので、久しぶりに和田山の模型屋さんへ。

今や大阪分工場が本工場に近い役割になってるため、猫屋線以外に使えそうなパーツ類も一緒にお買い上げ。

クリックすると元のサイズで表示します

大阪シティバスのプラモデルは、80分の1の自動車モデルはないか模型屋のおっちゃんに聞いたところ、「これがあるで!」と速攻で出してくれたもの。

バスの形状として猫屋線に不釣り合いなのは当然だが、そこは妄想(模型)の世界。なんとかなるだろう、、、。

ちなみに車体の大きさを比べると、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バスの方が大きがな、、、(縮尺は共に80分の1)。

バスの組み立ては大阪ではしないので、いつごろできるだろう、、、?
続きを読む
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ