2012/10/21

小改造(?)-2  113系

少し間が空いたけど、113系小改造の続編。

次は青帯車。

赤帯・青帯の小改造は、青帯クハにタイフォンを付けるところから始まったのだが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


実はこの時、セロテープという最新兵器はまだ登場しておらず、鶴首1本で取り付けた。

その結果、本来スリット型にしなくてはいけないタイフォンが、プッチンと飛んでいったため、やむなく片側は蓋付になってしまった・・・。外観を損ねることは著しいのだが、そこは目をつぶろう、、、パーツが行方不明なんだから・・・。

そして車番。これはもう、言わずもがなのこの番号。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クハは352と151、モハは66と18。動力は66のユニットに。モハ112−66はその大昔、撮影した記憶がある。





そしてKATOのクハ111との違いは、、、

クリックすると元のサイズで表示します


現実の世界では難なくできるこの組成も、模型の世界では、カプラーの違いにより不可能という、わけわからん状態。でもデザインは、、、。

クリックすると元のサイズで表示します


行き先表示、青帯の方は考えることがあってまだ入れていないのだが、それはおいといて、最大の違いは、タイフォン形状ではなく、ワイパー形状。

KATOの方は助手席側は手動ワイパーを、きちんと表現しているのに対し、TOMIXの方は、、、何のパーツを流用してん?完全におかしい。タイフォン別パーツにするぐらいやッたら、ワイパーもきちんと表現を。

クリックすると元のサイズで表示します


TOMIXでは別パーツになっている、トイレ排水管、KATOはスパッと割り切ってこれが標準。それでええねん。トイレの汚物処理タンクなんかいらん。

あとKATOは車番印刷済みと同時に、所属表記もきちんと印刷済み。これはいい。だけどTOMIXは、それがない。インレタにもない。

タイフォンや、トイレ排水管何かを別パーツにするぐらいやったら、所属表記もインレタで付けとけよ。ま、走りだしたら、気にならんけど・・・。

でも赤帯、あと1セットぐらいは欲しいなぁ・・・。
163



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ