2014/7/5

鉄コレ+bトレ  

ヘルニア退治に、火曜日から整骨院にも行きだした。その効果のほどは、、、てきめんに出てきた。こんなことなら、もう少し早くから行っていたらと、しばし懺悔。

今日もこれから行くのだが、その前に『支線専用編成』貨物列車編成に組み込むタンク車を作ってみた。

ベースは、bトレのタキ43000(だったと思う)。

最初作ったときは、そのままオリジナルの台車をはめて作ったのだが、このbトレ専用台車、とにかく本体が軽いこととの相乗効果か、脱線が多い。

自動運転システムで、途中脱線したらあとあとが大変。導入した意味がない。

というわけで台車交換。

え?何に?と思われるかもしれないけど、使ったのはこれ。
クリックすると元のサイズで表示します

先日動力化をしたばかりの、旭川電気の余剰になった床下パーツの再利用。
下に並べたbトレの台車と比べると、その大きさは一目瞭然。

ただやはりこの大きさになると、問題も出てくる。タキの車端部にあるステップに見事干渉。
ここは形態よりも台車を優先し、ステップはカット。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか安定感のある姿になった。

ちなみにこのタキの大きさは、比べてみると
クリックすると元のサイズで表示します

トミックスの2軸タンクよりは一回り大きいが、9oタンクと比べると、確かに小ぶり。支線用貨車として使うには、いいサイズ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後にカプラーをカトーNに交換して終わり。ただこうすると、Nカプラーの飛び出しが気になるが、そのあたりは台車のチョイスで対応できるか。

さて、リハビリだ!
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ