2014/7/12

支線専用編成その2  

支線専用編成その2は、どうしてもやりたかったこの車が対象。

クリックすると元のサイズで表示します


そう、鉄コレでは久々のスーパーヒット(になったらしい)の17弾の、庄内交通車。

庄内交通に限らず、この17弾の車両は、貨車を引かせると、なかなかの風情がある。

クリックすると元のサイズで表示します

引いているトラは、第1弾のあのトラ。

しかしこの編成を堪能するには、自動運転のレイアウトでは重大な欠点がある。

行ったり来たりの運転だから、行きは電車が先頭でも帰りはトラが先頭になる。

これを解決しようとすると、、、
クリックすると元のサイズで表示します


こういう頓珍漢な編成を組むしかない。
ならばもう少し工夫して、田舎電車編成を組んでみた。

引く貨車は、1両か2両で十分、ついでにこいつもつけてみた。

クリックすると元のサイズで表示します


銚子電鉄のハフ。

色合いが、庄内交通と近く、また2軸単車というのも編成に組むにはちょうどいい。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーをKATOーNカプラーに変えるだけだが、そうした場合首ふり機能がほとんど失われる。

試運転をしてみたところ、田舎電車編成ではほとんど問題がないことが判明。


で出来上がったのが、この編成。
クリックすると元のサイズで表示します


先頭には、発売されたとき5〜6台は買った記憶がある新潟交通の電動貨車。
しかし今はこの1両しか見当たらない・・・。

当然このモワは、トレーラー。貨車ということで、色はそのまま使用。

このモワがある関係で、有蓋車ワムの連結は見送り。

トラとハフは、気分で入れたり抜いたりできるから、組み合わせは豊富。

次は本格的な貨物列車編成も組んでみようか。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ