2019/1/27

New22000 ACE  近鉄特急

クリックすると元のサイズで表示します

遅ればせながら、今年度期待の模型第1弾近鉄22000系更新車について、旧型と比べてみた。

まず驚くのは、GM得意の「後付けパーツ」の少なさ。

クリックすると元のサイズで表示します

前面行先表示は、電照式になったこともあってかすでに装着済み。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先頭車のクーラー中央部にあるくぼみに付ける「列車アンテナ」や、車端部にある「トイレ換気扇」も装着済み。
後付けパーツで付けるのは、パンタ台付近の「ヒューズボックス」ぐらい。

歓迎すべきことなんだが、問題点も一つ。
クリックすると元のサイズで表示します

前面の行先表示、装着済みになったのは良かったが、行先変更ができない。
これだけならまだしも、行先表示のステッカーそのものが(側面部もいれて)、付いてない。

前面は光ることで何とかごまかせるかもしれないが、側面は寂しい。後からステッカーだけ出すつもりなんだろうか?

しかしそれ以上に大きな違いが、
クリックすると元のサイズで表示します

車体長。
床板を他形式と共通化したせいで、旧型は少し長めになっていたのが、更新車では見事に修正された。
クリックすると元のサイズで表示します

カプラー取り付け部付近の造形から、旧型は12200あたりと同じ床板みたい。

ただカプラー取り付け部の造形は、新型も旧型と変わらないみたいで、
クリックすると元のサイズで表示します

床板にスペーサーをのせ(旧型は黒、新型は灰色、床板同色)、さらにカプラー台座をのせる構造。

ちなみにライトユニットは、光る部分が増えた分形状が変更されている。
クリックすると元のサイズで表示します


そして
クリックすると元のサイズで表示します

このACEロゴも車番と共に印刷済み。旧型では車番は転写シールだったので、これは助かる。

側面の行先表示をどうするか、これが最大の問題。
もしかして、4両セットには付いている?

>悪の殿堂へ行ったら、なんと旧型の4両セットが黄色の値札を貼って、ワゴンセール真最中。しかもかき集めてきたのか10セットぐらいあった。リニューアル品が出るまでの間に売りつくそうという魂胆だろうけど、あの値段なら売れるかもしれない、、、。

>カメラで書き忘れていたけど、悪の殿堂で買った首掛けストラップ、「鉄道おもちゃ」のコーナーに1つだけ売れ残っていた、JR西日本承認の「鬼太郎列車」の物。
クリックすると元のサイズで表示します

ストラップだからと小馬鹿にしていたのだが、キハ40と47、ちゃんと区別されているのには驚き。

>天然色DVD、ついに20世紀版に突入したのはいいが、その名鉄編を購入。わかってはいたが、岐阜市内線関係の車両、50年以上前の車両と30年前の車両がほとんど変わっていないのには驚き。新車が投入されていても、あれだけ古いの残っていたのね。

さて昼からカプラー改造しますか。
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ