2019/2/25

ドレスアップ22000(2)  近鉄特急

実家の小細工をするため、三国ヶ丘のコーナンへ。

大阪市内には、電車やバスで行けるホームセンターがほとんどないなか、ここは阪和線1本で行けるうえ、駅から徒歩5分足らずと大変便利。

ここで小道具を探していたら、その反対側の棚で思わぬものを見つけた。
クリックすると元のサイズで表示します

スポンジ・ゴムのコーナーの中にあった「こんな物」。

見た瞬間、これは使えるのではないか?と妄想が、、、。

で買ってきた。もちろん使い道は、
クリックすると元のサイズで表示します

貫通幌。

以前YouTubeで見た模型の動画の中に、貫通幌をこのスポンジで表現する、というのがあり、なかなか良かったので、気になってはいたものの、なかなかホロに使えそうなスポンジが見つからなかった。

でさっそくやってみた。


実験台になったのは、あの22000リニューアル車。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


スポンジの反対側の面は、もともと接着テープが付いているので、そちら側を車体貫通路に付けるようにし、その貫通路の幅の分だけ(7o位)カッターで切断。ただスポンジが柔らかいので、強めにカットしないと、写真のように、ちょっといびつな形になる。

クリックすると元のサイズで表示します

わかりずらいが、右側の車両との間には、1o位の隙間がある。

スポンジで車体同士が密着すると、カーブが曲がれない恐れがあるし、この1oの隙間でさえ曲がれるかどうかわからない。

ま、走行テストは丹波に持ち帰ってから。

ただこの改造すると、素直にパッケージに入らない。
クリックすると元のサイズで表示します

幌の部分だけ、パッケージのウレタンをカットしないと。

まだ行先ステッカーも全車に付けてないのに、、、。
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ