2017/1/5

続・う〜む、、、  今日までの1枚

昨夜悪戦苦闘したおかげで、今夜の取り込みはすんなりいけた。

ただ、一瞬を切り取る、ということに関してはやはりカメラ。ただビデオ撮影しながらカメラで撮影というのは、ちょっとな、、、。

正月休みをさかのぼって。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

12月29日から31日にかけての分。
JRは天王寺、近鉄は西大寺と橿原神宮、地下鉄は、西田辺・本町・中津、でそれぞれ撮影。

天王寺に出入りする阪和線の103系も、本数が減り、録りづらくなった。
近鉄の中では結構迫害されている感じのする吉野特急にも、新色登場。この車体にこの色は、結構似合っている。
地下鉄は相変わらず録りにくい。そんな中年末とはいえ中津が閑散としていたのには驚いた。
続きを読む
7

2017/1/4

う〜む、、、  今日までの1枚

久しぶりに、撮影した動画から写真の切り出しをしてみた。

が、素直にはいかない。
まずビデオからの切り出し方法から間違っていた。これだけで小1時間。
次にビデオからパソコンへの転送。
おおもとの静止画の切り出しが間違っていたのだから、当然パソコンへもまともに転送されない。

都合2時間ほど格闘したうえ、ようやくこの正月分の中からごく一部の切り出しに成功。

出来上がりを見てみると、、、
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

路面電車ぐらいのスピードでも、微妙にぶれている。これはビデオカメラの宿命か。
ちなみに、上下段の写真のカーブの先から、住吉大社前の路面併用区間が始まる。そして中の写真の鉄橋を渡ったすぐ右が、細井川電停。渡っている鉄橋が、細井川。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

撮影してみたかった地下鉄千日前線と、いつまで見れる?昼間の103系。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ満席状態だったこうのとり9号を見送ったため、1時間ほどの撮影時間ができたので、新大阪駅界隈で。

明日夜も再度静止画切り出しに挑戦する予定。
7

2016/1/3

2016お正月の記録  今日までの1枚

この正月は、恐ろしいほど暖かかった。

天気も良く、「寒い」を予定していた身にとっては、見事な肩すかし。

でビデオで撮影した分の整理が、まだ先になりそうなので、ビデオで撮影した写真(静止画)の整理なぞ。

12月30日…近鉄大阪線桜井まで、ちょこっと録り鉄。
クリックすると元のサイズで表示します

いきなりご対面した、新特急色。見た感じは、なかなかいい。正月輸送は撮影できなかったが、新旧塗装が見られるこれからの2・3年は、楽しめそう。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも久しぶりに対面した105系。この電車の後釜に何が来るかは、なかなかの見ものになるか。

クリックすると元のサイズで表示します

スマホでも撮影したが、ビデオカメラのほうがズームはよく効く。前パンタがなくなっただけで、30000系の印象も随分変わるもの。

クリックすると元のサイズで表示します


12月31日…阪堺電車住吉鳥居前に年末風景を。正月風景は毎年のように撮っていたが、直前の31日は、今年初めて。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

仮設ホームの設置も終わり、案内板等は、住吉大社周囲の溝の中にスタンバイ。この一車線の車道が明日には、、、。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

1月末で廃止になる住吉公園駅、大みそかもいつも通りのダイヤだったみたい、、、。
続きを読む
8

2013/5/30

神戸電鉄 6 (二郎にて)  今日までの1枚

一昨日の夜、有馬口の駅でまた脱線事故。

私の知る限り、この数年で3度目。すべて有馬口。

原因が不明とのことだが、一刻も早く立ち直って欲しいもの。

と言うわけで、神戸電鉄の最終編は、二郎スペシャル。

もう能書きはやめて、一挙に30枚です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



続きを読む
3

2013/5/26

神戸電鉄(5)  今日までの1枚

ようやくこのシリーズにも終わりが見えてきた。

一時はどうなるかと思ったが、訪問3週間目にして、一区切りつけそう。

さて。有馬口のあとに、降りたのは次の駅、五社。
この駅が本線系では、最後の下車駅。

クリックすると元のサイズで表示します


ホーム1面1線の、二郎駅と同じ配線。
ただ山の中腹と言う立地条件が、決定的に違う。

何より阪神高速の高架橋が、景観を威圧するかのようにそびえている。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


二郎とともに、また訪れてみたい駅ではある。

写真からもわかるように、西日が当たっており、撮影可能な時間もあとわずか。

最後は、一度行ってみたかった『フラワータウン中央』。

二郎で降りたい衝動を抑え、横山へ。
乗り換えた電車は、今回の目的のひとつである、神戸電鉄の古い電車。

今や銀色の電車ばかりのご時世にあって、ペンキ塗りの電車は、それだけでいい被写体。
デザインの良し悪しは別にして、撮れるうちに撮っておかないと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし駅は、見事に期待を裏切ってくれました。

駅以外、何もあらへん。

こんなことなら、二郎で降りておくべきだった、、、。

最後の最後で肩透かしを食らった感じだが、神戸電鉄、なかなか面白い路線だった。四季に1回ずつは行ってみたいな。

あとは二郎の総集編!

3

2013/5/22

神戸電鉄(4)  今日までの1枚

だんだんと忘れつつある、GWの神戸電鉄。

しかし、尻切れトンボの状態は良くない、と思う今日この頃。

と言うわけで、続きを。

次に降りたのは、有馬への分岐点、有馬口。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この駅の構内の広さに驚く。

有馬温泉と言う大観光地をひかえての事だとは思うが、こんな山の中にある駅としては、なかなかの規模。

ただそれに反比例して、駅前のさびしいこと。観光資源そのものを隣の有馬温泉に吸い取られている感じ。
その反面、駅裏手には住宅が立ち並び、しかも古い家と新しい家が混在している上に、田畑も点在。

で、駅を少しはなれると、今度は線路になかなか近づけない。

そんなこんなで撮った、有馬口周辺。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


阪急顔負けの新車6000は、この日は有馬線専用。とてももったいない気がする、、、。

だいぶ日が傾いてきたので、1時間少々で切り上げ。今度はもう少しゆっくりしたいものだ。(続く・・・はず)。

2

2013/5/18

神戸電鉄(3)  今日までの1枚

 今週後半は、久々に仕事上での大事件発生! 終わってみれば、どうってことないのだが、電話1本で、2・3日は予定がズタズタ。仕事の性質上、仕方ないと言えば仕方ないのだが・・・。

追い討ちをかけたのが、鉄コレ18弾の発表。

細かくは言わないが、鉄コレって、マイクロの下請けになったの?

さて気を取り直して神戸電鉄の続きをば。

岡場を出て、下車駅を探す。鈴蘭台までは、行く気がなかったので、なんとしてもそれまでにと思っていると、、、見つかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

大池です。

山と山に挟まれた谷筋を、川と一緒に下っているような配線。降りてみると、まさに山の中腹に線路がひかれ、その斜面に住宅が林立。よくまぁ、こんな場所に家を建てたな、と思うことこれしきり。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


駅を出ると坂道ばかり。神戸電鉄は『山の鉄道』と言うのを実感する風景。

駅に戻り、今度は来た道を引き返す。


続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ