2012/10/21

小改造(?)-2  113系

少し間が空いたけど、113系小改造の続編。

次は青帯車。

赤帯・青帯の小改造は、青帯クハにタイフォンを付けるところから始まったのだが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


実はこの時、セロテープという最新兵器はまだ登場しておらず、鶴首1本で取り付けた。

その結果、本来スリット型にしなくてはいけないタイフォンが、プッチンと飛んでいったため、やむなく片側は蓋付になってしまった・・・。外観を損ねることは著しいのだが、そこは目をつぶろう、、、パーツが行方不明なんだから・・・。

そして車番。これはもう、言わずもがなのこの番号。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


クハは352と151、モハは66と18。動力は66のユニットに。モハ112−66はその大昔、撮影した記憶がある。




続きを読む
163

2012/10/6

小改造番外編1  113系

先に、モハ110・111の車体だけ「ある目的」のために買ったことは書いた。

その目的とは、、、

クリックすると元のサイズで表示します


そう、屋根板の交換。

つまり、冷房付きの赤帯を、非冷房にしてしまおう、という改造。

阪和新快速用に投入された青帯113が、試作も含めた冷房改造車ばかりだったのは有名な話。

対してその翌年に投入された赤帯113(関西線用)が、対照的に非冷房車中心だったのは、知る人ぞ知る有名な話(?)。

私はこの非冷房の赤帯がとても好きだった。

だから赤帯が模型化されたのは嬉しいが、冷房付きというのが、私には玉に瑕。

対してKATOは非冷房の111系を模型化した。えらい!

で、思った。

模型のベースになった111系と113系初期車は、中間車のサイズは同じ(はず)。

だったら模型メーカーは違っても、屋根板のサイズは同じはず。

だったら屋根板のみの交換はできないか? 

で、やってみた。

クリックすると元のサイズで表示します


ただKATOのパーツでは、屋根板のみというのがないため、車体を買ったもの。
続きを読む
2

2012/10/4

小改造(?)−1  113系

さて、赤帯・青帯車、値段はさて置き、付属品も結構ある。

クリックすると元のサイズで表示します


これは青帯車のものだが、青色のはタイフォン。スリット型・お椀型・蓋付きともうひとつの都合4種類が3組。そのとなりはトイレパーツ。垂れ流し式と循環タンク式。左端は、前面幌・信号煙管・給水タンク・行先表示の各パーツ。

一目見て、これは何!とわかるのは前面幌ぐらいで、あとは何?状態。

タイフォンや信号煙管なんて、鶴首ではさめないぐらい小さい。

まずは青帯から始めていたのが、諸般の事情で赤帯を先に作り上げた。

クリックすると元のサイズで表示します


今や鉄コレでさえ、妻面貫通ドアに色差ししているのに、本家TOMIXはHGタイプと言いながら、車体同色。これは何とかして欲しいもの。この点はマイクロが一歩リード。

このパーツが生きるのは、クハの前面。

クリックすると元のサイズで表示します


タイフォンは、当たり前田のスリット型。

青帯で勢い込んで先につけたのだが、とにかくツル首では、まともに挟みづらい。

挟めても今度はその取りつけ部に入れるのに一苦労。

そんなとき目に付いたのが、セロテープ。

そう、新幹線三河安城の駅手前にある「なくしてわかるありがたさ」の銘看板がある、セロテープ。

セロテープに、このタイフォンパーツをつけて、、、垂直につけばいいのだが、ペタッと横に付くと、少々難儀。

でも鶴首で挟んでいたパーツが、ピッと飛んでいくことに比べたら、パーツを紛失するリスクは、はるかに小さい。

行先表示は、「快速 大阪環状線⇔奈良」と「快速」の2種類。

この点では、KATOが100歩リード。

快速の表示は2種類もいらん!どっちかにせぃ!

せめて「湊町⇔奈良」・「桜井線 奈良⇔王寺」・「王寺⇔和歌山」ぐらい入れてぇや!

KATOみたいに、メイクアップパーツセットが出てくるならまだしも、TOMIXの場合それは期待できないから、・・・。

ついでに床下に吊るす給水タンク(トイレ用)、2種類も別パーツで用意する必要あるか?

この点KATOはスパッと割り切っとるみたい。

またトイレの排水パーツ、このセットにタンク式なんか、いらんやろ?

クリックすると元のサイズで表示します


とまぁ、けなしてみたが、褒めておくべき点もある。
続きを読む
2

2012/9/30

試運転  113系

順番が変わったけど、まずは昨日の和田山のお店でのお買い物一覧。

クリックすると元のサイズで表示します


111系のセットは、もう少し前に買っていても良かったのだが、結局赤帯・青帯と合わせることに。サハ115は、ちょっと思うところはあって。

注意しなくてはいけないのは、KATOの111系セットは、113系4両セットや115系バラ売り品とはカプラーが違う。111系は、ボディマウント式のこじゃれたカプラーになっており、アーノルドカプラーの旧製品とは、そのままでは連結できない。

で、両セットのクハを比べてみる。

クリックすると元のサイズで表示します


種別・行先表示幕の取り付け方が違うのは仕方ないとして、面白いのはKATOの行先表示。行き先の種類がたくさんあるためだろうが、なんとステッカー式。それでも「野洲」とか「播州赤穂」の表示があるのには嬉しくなってしまう。

目につくところで、最大の違いは「タイフォン」。KATOはスリット式を標準装備しているのに対し、TOMIXは、パーツ選択式。

その一方目立たぬところで、前面下部にあるジャンパ栓受け、KATOは選択式、TOMIXは取り付け済み。

驚いたことに、両者とも先頭部のカプラーはダミーではなくボデイマウント式のちゃんとしたもの。

それらの小細工は、これからすることにして、まずは試運転!
続きを読む
527

2012/9/28

想定外  113系

クリックすると元のサイズで表示します


先日買った111系の車体、本来はとある目的のために、先行購入したもの。

目的があって買った以上、その結果は見なくてはいけないのだが、そのためにはまだ時間がかかる。

このためしばらくは放置状態にするはずだったのに、突然あることがひらめき、想定外ながらやってみることに。

KATOはこの111系を出す前に、あの電車でこんなセットを売り出している。

クリックすると元のサイズで表示します


ベストセレクションと銘打った、113系の4両セット。

この113系自体は、以前に8両セットなどで発売したものらしいが、4両セットで1万円を切るという、非常に良心的な商品。

ただベースになった113系自体は、冷房・行先表示・シールドビーム前照灯などを備えた後期型。

で、こんなことを・・・

クリックすると元のサイズで表示します


そう、モハの車体の載せ換えができるか、試してみた。

元来113系は、111系のモーター出力アップ版。ゆえに冷房の有無などの多少の違いはあっても、モハの車体寸法は基本的に同じ。

メーカーも同じKATOなんだから。
続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ