2013/9/2

小細工  阪和線

前に、クモハ60を無動力にする方法として『2セット間での車両交換』と言う、すばらしく安直な方法を披露した。

ただこの際問題点として、まったく同じ車両番号の車両が2つ存在するとも書いた。

で、その車両番号を変える方法なぞ。

当然ながら、安直な方法ではあるが。

クリックすると元のサイズで表示します


これが問題の2両。
ただこの車両、159と言う番号が示すとおり、クモハ41からの出力アップ車。150奇数番台といわれているグループ。

ただそれだけならよかったんだが、いらん物まで付いてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

ドア右上、そのとなりの窓左上の、黒い四角枠。

たしか、急行表示板を入れるサボ受けだったと思うが(もちろん名残品)、マイクロはご丁寧にもこれを印刷で再現している。
続きを読む
2
タグ: 9mm 鉄コレ

2013/8/25

クモハ60  阪和線

南海7000系9mm化工事の前に、マイクロの阪和線セットで問題児になった、動力車クモハ60の再活用が、めでたく解決した。

ふたを開ければ、何のことはない、もう1セットにあるクモハ60トレーラー車とのそっくりそのままの車両交換である。

クリックすると元のサイズで表示します


ゆえに2セットのうち1セットは動力車なし、もう1セットは動力車2両となるが、動力車のほうは、ポチなどでトレーラー車を見つけて車体載せ代えで再起を図る予定。

ちなみにトレーラー車のほうは、クモハ60半流形と車体形状さえ合えばよいわけで、マイクロの旧型シリーズのうち、クモハ41・51・54ならOK。色は関係ない。

これだけなら物足りないので、ちょっと小細工。

クリックすると元のサイズで表示します

天王寺向きの車両なので、ジャンパホースが付いているのはさすがだが、よく見るとホース全体がオレンジ色。

これだけはおかしい。ただこれぐらいは、ユーザーが勝手に色付けしたらいいわけで、声高に『あかん!不満足!』と言うものではない。

と言うわけで色塗り実行。
クリックすると元のサイズで表示します

はい、マジックで黒くしました。

このクモハ60が、戦列に復帰したことにより、6両編成2本の組成が可能に。
クリックすると元のサイズで表示します

ただクモハ60は、この2両が同じ車番。

いつもはまったく気にしない車両番号も、阪和線シリーズにおいては別。そしてこの2両は行先表示板未設置車。

最後の仕上げは、車両番号と、行先表示板だな。
続きを読む
3
タグ: 9mm 鉄コレ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ