2020/4/7

嗚呼、自粛、、、。  動画(写真)撮影

もうこの春は、コロナで壊滅。

春の花が咲き乱れ桜も満開というのに、去年までとは違い出歩くことができない(と言うより、しない)。

去年はあれほど行った近鉄電車も、今年は1月末に喫煙車乗り納めをして以来、全く行ってない。

どこで感染するかわからないので、出来る限り人ごみの中へ行かない(通らない)ようにしているが、駅や地下鉄では確実に人出は減っている。

新大阪の新幹線切符売り場の前では、ずらっと並ぶ自販機を遮る人なく見ることができ、大阪駅の中央通路からも人影が消えている。

人出が減っているのを最も痛感するのが、柏原駅の駐車場。

2月までは朝10時ごろに行っても絶対満車だったのが、3月以降空きスペースが目立つようになってきた。この傾向は日を追うごとにひどくなっているようで、以前なら朝8時ごろでは、空きスペースがあと2・3台分あればましな方だったのが、最近では3分の1埋まっているかいないかの状態(25,6台のスペースで10台あるかどうか)。
クリックすると元のサイズで表示します


という事で、チョイ撮りしかしていない春の動画をまとめました。ちょっとまとめて撮ったのは、柏原駅周辺の桜です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


https://youtu.be/OxqklwP4KGI

緊急事態宣言も出されてし、大阪帰りのやり方もいよいよ考えないと、、、。
9

2020/2/24

阪神電車  動画(写真)撮影

ネットニュースで見たある記事が気になり、久しぶりに阪神電車に行ってみた。

何より大阪(梅田)発着という点で、近鉄や阪急より利便性は優れている。このことにもっと早く気が付くべきだったが、近鉄特急に気をとられ今まで無視してきた。

だがニュースで普通用の青胴車5000系の引退時期が報じられたので、今のうちに撮影しておこうと行ってみた。

最も年内での引退が決まっている近鉄12200系よりは長生きするようだが、それでも長くてあと3年ぐらいか。来年ぐらいになると朝夕ラッシュ時のみ運転という事態にもなりかねないので、昼間行くなら今のうちか。このことはたぶん南海6000系にも当てはまるか。

最初に行ったのは、以前行ってみてホームの広さが印象的だった『千船』。『淀川』や『大物』、『武庫川』など気になる駅はいくつかあるのだが、まずは手始めに。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以前に行ってわかってはいたが、阪神沿線は建物だらけ。建物だらけの間を高架線で走るから、沿線風景を絡めた撮影というのが、意外に難しい。

その分、阪神各駅のホーム幅は結構広いので(もちろん、例外もあるが)、駅撮りに関しては比較的余裕をもって撮影できる。

その阪神電車も、今や『普通』が楽しい。
クリックすると元のサイズで表示します

青胴車5000系

クリックすると元のサイズで表示します

5500系更新車。未更新車は上半分が水色だが、その塗装をもって『青胴車』と呼ばれているのかは、よくわからない。
ただ更新車は『水色』の部分が大きくなり、下部のグレーで何とか2色塗にしている。ちなみに未更新車の水色は、もっと明るい。

クリックすると元のサイズで表示します

最新鋭5700系。
ドア回り(ドアも)だけ水色で、あとは銀色。さすがにここまで来るともはや『青胴車』とは呼べない気もするが。
続きを読む
9

2020/2/9

アーバンライナープラス!  動画(写真)撮影

先月の24・31日に実施した「ありがとう喫煙車ツアー」の喫煙車以外の部分の動画(宇治山田や津での撮影分)編集がようやく完了。

あれもこれも入れていたら30分近くになりそうなので、断捨離編集を行い15分ほどまで短縮。残念だったのはアーバンライナー(甲特急)の車窓が大幅にカットせざるを得なかったこと。かろうじて八木通過の部分だけは入れたけど。

宇治山田に行くにも津に行くにも、運賃・特急料金面だけで見ると片道当たり100円ほど宇治山田行きが高いだけだったのにはビックリ。もう少し差が出るかと思っていたのに、、、。

それにしてもアーバンライナープラスは良かった。唯一の欠点が、各座席にコンセントがないという事か。リニューアルした時点ではそれでもよかったのかもしれないが、いかんせんスマホ普及があまりに急すぎた。

今や普通車の内装は22000更新車が一番かもしれないが、アーバンライナープラスのシックな雰囲気もなかなかいい。

面白いのは喫煙コーナー。
牢獄仕様とプチカフェ仕様を足して3で割ったような感じ。大きさ的には牢獄仕様だが、片側が壁の牢獄仕様とは異なり、両側に窓があるので明るく気分がいい。独特の2段窓もいい感じ。

また通路を挟んだ反対側は、ちょっとした立ち席スペース。便所帰りにちょっと立ち寄る分にはよさげだが、そんなことしている人はいなかったけど。

八木通過の甲特急は、なんか癖になりそう。アーバンライナーで残っているうちにまた乗りたいような、、、。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

背面テーブルがない分、座席裏側はすっきり。私はこれでも構わないけど。

ただコンセントの代わりに(?)付いているフットレストは、ちと使いずらい。

クリックすると元のサイズで表示します

前面展望派にはうってつけの仕切り窓。客室側は壁なので座席に座ったままでは見れないが、
あの座席を捨ててまでかぶりつきたいとも思わないけど。

https://youtu.be/RnNFzY8QfPM

なんとか麒麟に間に合った、、、。
9

2020/1/26

動画版阪堺電車  動画(写真)撮影

 阪堺電車の動画をようやく編集、アップした。

編集中、去年どれくらい阪堺へ行ったのか調べてみるとなんと年明け1回だけ。今回だって、恵美須町駅「が移転するというから、あわてて行ったようなもので、もし知らなかったら2月以降にフラッと行って「あわわ、、、」の状態になっていたかもしれない。

それにしても、恵美須町行き(阪堺線)と天王寺行き(上町線)の本数のあまりの違いには、分かっていたけど唖然とする。

風景としては阪堺線も面白いのだが、1時間に2・3本しか運転しない現状では、汐見橋支線と同じくらい撮影しづらい。

そして
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この2枚の写真、上の方がデジカメ(Sx740)、下の方が、ビデオ切り抜き写真。

写りの方は別にしてこの写真サイズの大きさが、タイトル写真として使う場合に影響する。

ややこしいことにタイトル写真に使う大きさは、テンプレートごとに違っており、小さいのになると上3分の1ぐらいしか使えないのから、逆に今のテンプレートでは下4分の1ぐらいが使えない大きさまでまちまち。正月まで使っていたのは、下3分の1ぐらいがカットされる大きさだったので、写真を背景に使いたい場合は、ちょうどいいか。

ちなみにビデオ切り抜き写真を使うと、ほぼ全部が使えることになる。

写真の出来としてはデジカメの方がいいのだが、タイトル背景に使うことを考えて不自然な撮り方をしていた
クリックすると元のサイズで表示します

こんなアングルはやめようか。

https://youtu.be/GsdqoYsyTcg

さて、今夜はドラマ三昧だ、、、。
8

2020/1/24

令和最初  動画(写真)撮影

 令和最初の動画は、安定(?)の近鉄電車。

以前から気になっていた、京都の次の東寺駅での撮影。

東寺の塔を絡めるのは、手前のビルが邪魔になり今一つ。新幹線と絡めるのは、タイミングなどの問題があるうえ、撮影場所もホームに限られるため、これも今一つ。

駅から少し離れた場所にある神社から高架線を絡める方が面白いかも、と気づいた時は引き上げる時間だったので、今度この駅に行くときは、この神社を目指していこう。

クリックすると元のサイズで表示します

↑今度行きたい神社。

クリックすると元のサイズで表示します

↑今度行きたい喫茶店(駐車場の先)。ちなみに神社は、右のマンションのさらに京都方。
この駅の改札は京都方にはないため、京都駅で駆け込み乗車をしようものなら、延々と歩かされる、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↑南大阪線ホームでようやく出会った『こふん列車』。
内装はなかなか凄い。「青の交響曲」と同じく3連1本しかないが、運用が固定されていない分、出会う確率は限りなく低い。

https://youtu.be/BOIc8xahl3Q

さて、阪堺電車の分作ろうかい、、、。
8

2020/1/23

阪堺電車  動画(写真)撮影

1年ぶりに、阪堺電車に行ってきた。

大体正月には行っていたのだが、それ以外の時期はなんだかんだで見落とし。

ただ今回は、ネットニュースであの「恵美須町」駅が移転するとの記事を見つけて突然行く気になった。

そのニュースによると、おととしの台風で駅舎などに被害が出たため、現在地より100m手前に移動するという。しかも新駅開業は2月1日。今まで全く知らなかった。

いろいろ考えて、浜寺公園から乗ることにした。

そこへ行くには、阪和線東羽衣から南海本線に乗り換えて、一駅のルート。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

阪和線東羽衣と南海羽衣の間には、ペデストリアンデッキが出現、両駅間の移動はわかりやすくなったようで、それはあくまで新駅舎になった南海和歌山方面へ行く場合。旧駅舎の難波方面へは、上がったり下がったりを繰り返すため、素直に地べたから踏切渡っていくのが、いいみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今やここから出るのは、天王寺行きばかり。恵美須町に行くには、我孫子道〜住吉の間で乗り換えねばならない。
それにしても運転本数が結構ある。12分に1本という、南海本線や阪和線などより1時間当たり1本は多いのは大したもの。多分、恵美須町発よりは倍ぐらい本数が違うはず。

住吉で乗り換えるとして、その一駅手前の細井川まで乗ることに。


続きを読む
8

2019/12/1

終焉?22000。  動画(写真)撮影

1世紀に及ぶ宇高航路が休止まで2週間たらず、10年前には想像もしなかった相模鉄道の東京(新宿)乗入れ等々、いろいろな話題が出ている今年(最も今年に限った話ではないが)、「ひのとり」の話題に隠れながら進行している近鉄汎用特急車の塗装変更、ほとんど話題にならないうちに、ついに最後まで残っていた22000と16000がほとんど同時期に高安入りしたみたい。

16000の方は、入庫のための牽引の様子が写真に撮られていたため確定だが、22000の方は、近鉄祭りでトラバーサーに乗っている写真が出ていた。

16000は1本しか残っていなかったため問題ないが、22000の方は2連が3本ぐらいは残っていたような気がする。この残りが一度に入庫したのかはわからないが、別にそうなってもおかしくないし、だいいち空席案内に22000が入っている様子がない。

という事で、確定情報はないものの22000旧塗装最後の撮影になった(と思われる)9月27日と、12200しか来なくなった(はずの)11月1日の京都・橿原神宮前の撮影分を1本にしてアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の22000は、当たり前だが近鉄お得意の「ブツ4」編成。

クリックすると元のサイズで表示します

橿原神宮前でのこのショットも過去帳入り。

https://youtu.be/SMhVNjyyZSM
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ