2016/6/14

仮設  レイアウト

 先週末、模型屋さんに資材発注に行く前に、レールをつなげてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

駅から左回りに1周してみる。この仮設はレール長さの確認と、カーブと交差部の確認が目的。
ホーム長確認のため、停めている南海電車は10両目。ホームはこの10両分で良しとするか、際まで伸ばして12両分とするか、思案のしどころ。

クリックすると元のサイズで表示します

駅を出て最初のカーブは、旧レイアウトと同じく、すぐに始まるため、ホーム延伸が不可のなことが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

2つ目のカーブ。手前の複線部分は、カーブの間に直線を設け、その下を駅からの本線と貨物支線を通す。

地平複線と高架複線が重ならないよう、また高架複線の下を通す地平複線と貨物支線の交差部を検討した結果、高架部の大きさは、旧レイアウトに比べ、小さくなったかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

レールがないため、複線部を単線で長さ確認。
手前は、右下から左上にかけての上り坂複線、貨物支線、左上から右下にかけての上り坂複線。
この線路配置は、旧レイアウトと同じ。貨物線に見える鉄橋は、あくまで直線レールの代わり。

クリックすると元のサイズで表示します

3つ目のカーブ。貨物支線は、カーブの先で反転し、高架線をくぐる。このパターンも旧レイアウトと同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄橋は、手前の大型鉄橋が一段高い位置になる(高架線のため)。

クリックすると元のサイズで表示します

最後のカーブを曲がると、高架線はストレート区間に、地平線は駅に突入。車止めがある線は、内回り線用クリーニングカー編成置場。

クリックすると元のサイズで表示します

駅付近。クハ65の位置が、10両先頭位置。ホーム長としては、ドンピシャ・・・。
キハ35のある線が、本線・支線連絡線。

とまぁこんな感じ。
続きを読む
7
タグ: 鉄道模型

2016/6/12

買い出し2  レイアウト

レイアウトの完成が休日の大目標になってしまった、この1か月。

天気は良く、朝早くからビデオ撮影する分にはいい環境なのだが、レイアウトが気になって、そこまで力が入らない。

で、レール不足が発覚した「新レイアウト」のために、今週末も模型屋さんにGO!

で、今回の買い出し品。
クリックすると元のサイズで表示します

店頭在庫で揃ったもの。当然揃わなかったものは、来週末の受け取り。

上に見える「複線カーブレール」、上に載せている短いものが、今まで使っていたもの。カタログを見ていて、本線用は、できるだけ緩やかなカーブにしたかったので、思い切ってこちらに交換することに。当然これだけ長さが違えば、レイアウトの修正も必要になる。

クリックすると元のサイズで表示します

上側の鉄橋のあるカーブが、今までのカーブを使用した「カーブ区間」で、下側が、新たな「カーブ区間」。鉄橋の位置だけで、これだけのずれが生じる。当然この下を走る貨物支線の分岐位置も変更しなくてはいけない。

一方この反対側も、
クリックすると元のサイズで表示します

下側に見える2本のレールは、駅からの線。このレールは、ほぼこの位置になるので、高架線は少なくとも、この2本のレールには重ならないようにしたい。が、今のレールパターンだと、確実に内回り線は重なる。

と、いろいろと制約がある中、レールをいろいろと組み合わせ、ついに決定。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


わずかな差だが、駅からのレールと高架線は、重ならない。貨物支線は最終的にポイントの位置をずらし、レールパターンに少し手を入れ、上の写真が下の写真のように変更。
クリックすると元のサイズで表示します

駅からの本線は、ここで高架線をくぐり、勾配区間へ突入。高架区間との交差を「鉄橋」にこだわらなければ、貨物支線ともどももう少しレイアウトを大きくできるのだが、そこはちょびっとこだわりを。

高架線のレールは発注したので、工事は来週。それまでに仮線を走らせてレールパターンの確認でもしよう。

そして昨夜、自動運転のテストを実施。一応成功。

問題は、電動ポイントの配線だな。
続きを読む
8
タグ: 鉄道模型

2016/6/9

足らんがな・・・  レイアウト

レイアウト製作記、支線に続いて本線も着手。

概況を簡単に。
クリックすると元のサイズで表示します

ポイントの集中する駅付近は、後付けしなくてもいいように特に念入りに。

一番下側の線路は、本線内回りの待避線と、右に延びるのは、内側専用クリーニングカー編成留置線。その上が、内回り本線。渡り線で外回り本線とつながっているのは、旧レイアウトと同じ。その上斜めに走っているのが外回り待避線、それに並行するように引いているのが、本線・支線連絡線。その上が、支線用クリーニング編成留置線。その上をやはり並行するように走っているのが周回運転用支線短絡線。近鉄電車の止まっているところが、往復運転の際の起終点駅。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄橋はさらにもう1本架かる。

クリックすると元のサイズで表示します

支線からは分岐して貨物線も作る、はずが、レールが、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

高架線は、駅の向こう側に通してもよかったのだが、そうすると運転台からの見通しが悪くなるし、第一高架レールが根本的に足らなくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

資材置き場のようだが、駅予定地。とめているのは長さ確認用の鉄コレ20m車10連。

クリックすると元のサイズで表示します

旧レイアウトでは、外回り本線と内回り本線の間にもう1本引いていたけど、役に立たなかったので、今回はカット。20m級10連の鉄コレは、南海1521系風電車4連と7000系4連、国鉄62系電車2連。全車モーターなし、全車プラ車輪という原形仕様。
高架レールは、あの位置で無くなった。あとまだ10本ぐらい入るな…。
8
タグ: 鉄道模型

2016/6/3

鉄橋  レイアウト

 レイアウトマットを貼り付け、支線用地もほぼ完成。

ほぼ完成というのは、最後に左右で天板代わりの戸板の長さが違う部分の処理が残っているため。

要は左側の天板に対し右側の天板が10pほど短いという事。

でその隙間を埋めるため、
クリックすると元のサイズで表示します

ニトリのテーブルの緩衝材と、3oほどの厚さのバルサ材平板で、すき間埋め工事。
緩衝材にサンドイッチにしたバルサ材の長さがちと足りないが、そんなに重いものがのしかかるわけではないので、これでOK。

クリックすると元のサイズで表示します

その上から、包み込むようにレイアウトマットを引くと、立派な荒れ地の出来上がり。

この先は川になっているので、鉄橋をかける。

クリックすると元のサイズで表示します

本当は、デッキガーダー橋だけで川を横断したかったのだが、そのために模型屋さんで買った4脚だけでは、長さが全然足りず、使う気のなかったトラス鉄橋で横断することに。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと気に行った、こののどかな光景も、手前に複線鉄橋がかかると、じきに見納め。

で、これからレールをつないでいくと、そんなにてこずらずに1周できた。ただ電動ポイントのワイヤーが、、、。

この週末は大阪帰りのため、工事はお休み。何とか来週中には試運転したいものだ。
8
タグ: 鉄道模型

2016/5/31

起終点  レイアウト

なんだかんだの基礎工事も、レイアウトマットを両面テープで固定して終了。
クリックすると元のサイズで表示します

右側の白い部分は、マットの寸法が足らず貼り残した部分。まだ川の部分などは貼っていないので、基礎工事完了とまではいかないが、レール敷設工事と合わせ、調整しながらやっていくことにする。

次の段階がいよいよレール敷設工事。
まずは自動運転システムを装備する支線から。走行条件は、20m級3両編成までで、起伏は設けない。

今回は支線のほうは、外周部を走らせる単純な線形とすることは、壊した段階から考えていた。
そこで起点となる駅の設置からスタート。

駅の位置は、壊す前と変わらず左隅。
ただ新レイアウトでは、終点の位置を大幅に変更して、起点と同じ場所にした。
クリックすると元のサイズで表示します

近鉄電車のわきに写っているのが、センサー。ここから出た電車は、ぐるっと回って雲電車がいる線路に帰ってくるというパターン。

ただ自動運転する場合には、線路上に1本しか列車を置けないので、御覧のようにホームを挟んで電車が並ぶというシーンは、基本あり得ない。

しかしこの場所で起終点を統一することにより、ヘッドライトとテールライトの切り替えシーンが、無条件で楽しめる(鉄コレは無理だが、、、)。

で、この付近には、もう一つのポイントが。
クリックすると元のサイズで表示します

川を渡った先から、支線と分岐して、左方向に行く線路。実はこれ、往復自動運転とは別に周回(環状)運転をするための「短絡線」。
クリックすると元のサイズで表示します


2万円のC50を、往復運転で走らせても、興ざめしてしまうし。

線路はまだ仮説状態。ポイントは基本電動化する予定。

なおターンテーブルの設置予定は、全くない。
8
タグ: 鉄道模型

2016/5/29

基礎工事3  レイアウト

今週末で、基礎工事も山場を迎えた。

まず土曜日。ホームセンターと模型屋さんで買いそろえた物は、
クリックすると元のサイズで表示します

模型屋さんのは、先週頼んでいたもの。プラシートは、高さ調整用。

クリックすると元のサイズで表示します

そして材木は、テーブルの高さアップ用。テーブル自体の高さは、御覧のように69p弱。しかしこの高さでは、テーブル下に入れる予定の組み立て家具などが入らない。
ということで、テーブル自体のかさ上げに。
クリックすると元のサイズで表示します


平板の上に角材を載せ、約5pのアップに。
クリックすると元のサイズで表示します

土曜日はここまで。

そして今日、テーブル嵩上げ工事が終わったので、再びホームセンタで、
クリックすると元のサイズで表示します

ばら売りのフロア2枚と70p高のテーブル1卓購入。
更に模型屋さんで、
クリックすると元のサイズで表示します

レイアウトマット3本と、TOMIXのコキ購入。レイアウトマットは、たまたま部屋の隅から1本出てきたので、試しに広げたところなかなか良かったので、模型屋さんに在庫があるのを確認して連日の買い出し。TOMIXのコキは、はっきり言って部品取り用。KATOのあの17m級客車セットのドレスアップ用です。ま、車両改造はレイアウトができてからですが、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルと白のフロアは、パワーユニット関係を設置するために使うもの。
ただテーブルはこのままだと天板が小さいため、フロアを載せてスペースを確保。
クリックすると元のサイズで表示します

パワーユニット4台に、自動運転システム1台、ポイントユニット1台を広げると、フロア1枚使ってしまう。

そしてレイアウトマット。白の戸板を何とかしたかったので、ここに広げる。さらには、大鉄橋のかかる川をそれらしくするためそのベースとしても。
クリックすると元のサイズで表示します

青色のプラ板は、もちろん川面。寸足らずだが、そこは気にしないことにする。

次の週末は大阪帰りなので、これからは夜なべ仕事でレールを引いて行こうか。
9
タグ: 鉄道模型

2016/5/27

成果  レイアウト

なんだかんだではや週末。

テーブルが届いたことで、レイアウト作りが一気に加勢!なんてことはなく、いまだ基礎工事の段階。

で、天板を敷き詰めると
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


大鉄橋のある部分は、そのまま川とみなして、鉄橋をかける予定。

あすはまず、段ボールの片づけからだな。
7
タグ: 鉄道模型



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ