2016/5/25

基礎工事2  レイアウト

ニトリさんから待望の物が届いた。
クリックすると元のサイズで表示します

大きい箱はテーブルの天板、小さい箱がテーブルの脚。
御覧のようにテーブル6脚が届いた。

天板は長さ(幅?)が1mのものが4つと、1m20の物が2つ。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはこの1セットを組み立てて様子を見る。

クリックすると元のサイズで表示します

組み立てはいたって簡単で、カラーボックスなんかより数段早く出来上がる。

レイアウトの基礎に使うのがもったいないような一品。テーブルの開発者も、こんな使い方をされるなんて、夢にも思わなかっただろう。

テーブル1つだけなら、天板も載せられないので、もう一つ作り、長手方向の天板を載せてどれぐらいの専有面積を占めるのか、やってみた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

天板3枚を載せた状態で、左右端部には人一人が通れるくらいの隙間があるので、通行には支障がない。ただ冬場のストーブ置き場には、一考がいる。

本当はもう一辺の方も作りたかったが、時間切れで明日以降に。
ちなみに
クリックすると元のサイズで表示します

なんとなく水平は出ているみたい。

いいことづくめのようなテーブルだが、致命的な問題点も。

クリックすると元のサイズで表示します

手前の丸いやつが脚、奥に見えるのが食事用の簡易テーブルで。高さ70p。脚の高さは69p。すなわち、この高さでは、テーブルの下に70pの高さのカラーボックス等が入らない。

ここをどうクリアするかが、次の問題。今週末のホームセンター巡りに期待しよう。
8
タグ: 鉄道模型

2016/5/22

基礎工事  レイアウト

週末、レイアウトの基礎工事に着手。

ニトリからの物が、25日に届く予定なのでそれまでにその物を置く場所の確保を「基礎工事」として着手。

クリックすると元のサイズで表示します

これが基礎工事に投入した資材。アウトレットと表示されているのは、床用フローリング。ホームセンター周りをした結果、6枚セットで4000円を切るという破格の値段だったので、ためらわず2セット購入。

まずはフローリングを敷くための畳面を整備。
クリックすると元のサイズで表示します

いわゆる『上敷』を敷く。大きさは3畳用2本。計算では、新しいレイアウトはこの上敷ほぼ一杯にひろがるのだが、、、(8畳間のうち6畳が消える計算になる、大きかったかな?)。

次にフローリングの設置。
嵩上げ用として使うのは、ニトリに発注したテーブル。そのテーブルの接地面としてフローリングを使うことに。2セット買ったのは、もちろん計算の結果。
クリックすると元のサイズで表示します

このように3枚一組にし、それを4組作ってテーブル受けにする。ゆえに12枚必要になる計算。6枚1セットなら2セットで済む。で、色を統一せず濃い色と薄い色のセットを買ったわけ。どうせ模型部屋なんだから、これぐらいの変化はあってもいいと判断。
その結果、こうなりました。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

3枚一組の方は、一応木工用ボンドで接着している。
フローリングは、上敷の上に置いただけだが、この上にテーブルを載せると、まずは動かない(と思う)。

あとはテーブルを載せたとき、どんな感じになるかだな。

それと模型屋さんにも行ってきた。もちろん、レイアウト用品をあさりに。ある物を発注し、ポイントを物色したが、3分岐ポイントはややこしそうなのでパス。その代り何年かぶりかで、TOMIXの総合カタログを買ってきた。

次の週末もまた、模型屋さんとホームセンター巡りになるだろうな。

★今夜の古写真★
クリックすると元のサイズで表示します

福知山で毎年やっている『何とかまつり』。そのライブスチームの規模は日本有数とか。でもこれを家でするには、相当リッチでないと無理。それを痛感した祭りでした。
8
タグ: 鉄道模型

2016/5/19

設計図?  レイアウト

今晩、「お値段以上のニトリ」にPCから発注をかけた。

これでレイアウトの基礎工事には、来週半ばから取りかかれる目途が付いた。

そんなレイアウトの基礎図面をフリーハンドで引いてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろと採寸したが、多分基礎工事にニトリが投入された段階で、無意味になるだろう。

レール配置の方は、、、完全にフリーハンドでの作業。設計図は頭の中。多分また最後に帳尻が合わんようになるんだろうな、、、。
8
タグ: 鉄道模型

2016/5/16

改修工事!  レイアウト

先週末、家の周りに雑草シートを敷いたことに刺激を受け、いよいよレイアウトの改修工事に取り掛かった。

まずは、
クリックすると元のサイズで表示します

改修前。天板の上にも下にも物があふれている。

これをまず整理。そしてレールを撤去。
クリックすると元のサイズで表示します

残っているレールは、支線に使っていたKATOのレール。TOMIXだけでは足りなかったので、支線の半分ほどはKATOを使っていた。

そして
クリックすると元のサイズで表示します

レールをすべて撤去、天板の上と下にあったものを整理。この後、何年かぶりかで掃除機をあて、久しぶりに畳面を露出。

畳面が綺麗になったところで、新しいレイアウトの大きさを確認。
クリックすると元のサイズで表示します

今まで同様、引き戸を天板代わりに使う。大きさとしては、右側に見える小さい引き戸分が、拡張する部分。今回は中央の天板をフルに使って駅を収める予定なので、ホーム有効長として10両分ぐらいはとれるかな?

クリックすると元のサイズで表示します

この開口部には、前作同様ここに大河を通す予定。でないと、この巨大鉄橋が使えない、、、。

この土日でしたのはここまで。

次からはいよいよ嵩上げ工事をしなくてはいけないのだが、まず土台部分をしっかりと作らないとはいけないので、そのための用品を物色中。大体は目途をつけてるんだが。

新しいレイアウトは、レール等はすべてTOMIXに統一しようと思う。

単線の支線と、複線の本線の構成は、前作と変わらず。レールパターンそのものは、前作と同様の予定。

さて1か月ほどで完成するか?

★今夜の古写真★
クリックすると元のサイズで表示します

青梅鉄道公園に鎮座しているED16。そういえば鉄道博物館の陰に隠れてこの鉄道公園はどうなったんだろう?

久しぶりなのでもう1枚
クリックすると元のサイズで表示します

天王寺ステーションビルから撮った103系3並び。写っている103系がすべて低運車というのも今は昔。今や阪和・関西線快速のアルバイトの場となった環状線で、この光景を日中撮るのは不可能か。
8
タグ: 鉄道模型

2015/5/17

拡張工事中  レイアウト

8両編成対応ホーム延伸工事に伴う、レイアウト拡張工事。

平日の夜なべ仕事に、と思っていたが、なんやかんやで手につかず、結局週末から工事開始。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


まぁ、同じようなものもあるけど、ここは大事をとって、、、。

で、結果。
クリックすると元のサイズで表示します

鉄橋4つをずらっと並べ、なかなか壮観。


クリックすると元のサイズで表示します

支線用の鉄橋1つを忘れていたため、この部分は来週以降開通の予定。
一応神社も立ち退き対象。

クリックすると元のサイズで表示します

ホーム8両化はできたけど、肝心の土台が、、、(今は宙吊り状態)。

ローカル支線のほうは、ガーダー橋で一跨ぎ。

結局レイアウトは、半壊状態になってしまった。あぁ、直すのが、、、。

★今夜の古写真★

クリックすると元のサイズで表示します

関西本線の加太越えに挑む奈良発のローカル。プレハブ小屋みたいなキハ120に比べると、腐ってもキハ35は堂々とはしていた。タラコ色が、普及し始めたころだと思う。
ただいくら堂々としていても、キハ35で奈良から亀山まで乗ることは、忍耐力が行った。
4
タグ: 鉄道模型

2015/5/10

大陸分割!?  レイアウト

GW明け最初の週末は、土曜出勤でスタート。

ま、5連休の後の3日出勤だから耐えれないことはないが、週休2日になれた軟弱な身にとって、日曜しか休みがない、というのはやっぱり少しはこたえる。

で、今日の日曜。
朝から絶好の録り鉄日和。午前6時台に家を出れば、朝日が当たる田植えが終わったばかりの田んぼを背景に、いつもの電車をまた新鮮な角度で撮れるかも、という思いがあった半面、この好天気は、絶好の2度寝日和でもある。気が付いたら、しっかり後者を選んでいた。

録りに行くタイミングを逃がしたので、家の周りの小掃除に励むことに。

そこで発見。
クリックすると元のサイズで表示します

いつの間にか、つつじが咲いていた、、、。
続きを読む
4
タグ: 鉄道模型

2015/2/22

貨物駅  レイアウト

昨夜書いた、貨物駅のレイアウト変更、2日がかりで完成!

まずは、昨日も載せたけど旧貨物駅。
クリックすると元のサイズで表示します

元々は、一番下のクリーニングカー編成用1本と、その上の線、および右上に延びる線の2線が貨物線だった。

その後、思い付きで作った事業用電車編成乗り場が増え、この陣容に。

しかしED19の登場で事情が変わった。

とうわけで作り直した貨物駅。

まずはその分岐部から
クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ前、何かのはずみで買ったカーブ分岐、何に使ったのか覚えていないほど、存在感がなかった。

が、今回は晴れて復活。
ローカル支線の終点手前で、上側の貨物線と下側のクリーニング・事業用の線に分岐させる。

そして貨物駅。
クリックすると元のサイズで表示します

一番下が、クリーニングカー編成用、その上が、事業用電車用、一応乗降場ホームをつけてみた。
そして右上に延びる3本が、貨物線(駅)。

クモニ13で行った、通電試験は一応成功。

あとはコツコツと仕上げますか。

★今夜の古写真★
クリックすると元のサイズで表示します

多分昭和51年か52年ごろの写真。当然、石山坂本線のどの駅かは不明。この後何度か京津線の電車を見ているが、やはりこの特急色のイメージが強い。
4
タグ: 鉄道模型



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ