2015/2/26  13:38

美容業の発生  

美容業の前身、理容業が髪結床(かみゆいどこ)

として町中にみられるようになるのは、

室町時代末のころ、京都においてといわれる。

髪結床が発生したころの男性は頭頂部を

月代(さかやき)にしていた。

いまなら剃刀でそることを考えるであろうが、

当時は木製の毛抜きで髪の毛をはさんで

血を出しながら痛い思いをして抜いていた・・・

痛すぎる・・・むしるなんて・・・

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ