AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2005/6/28

疲労発汗…  ちょっとしたネタ

秋田から帰ってゆっくり休んでますが、汗が出ます。梅雨入りしたのにね。
なお、現在うちのPCがネット出来ない状況です。ADSLのラインがキレたようで…
切腹!
0

2005/6/22

石川弁当  食べ物&飲み物

今日秋田県の横手・大曲(今は大仙となりました)方面へ行きまして。
そこでやはりと言うべきか、「今年も出ます!石川弁当」という幟。そう言えば土曜日と日曜日は秋田来るんですよね。横浜が調子いいだけに、秋田は(試合も興行も)正直稼ぎどころではないかと。僕も土曜日予定していますけど、ナイターですからグルージャボランティアの活動に参加しても別に構いませんよね。

7.12が時期的に微妙なので、天気はOKというこの日に照準を合わせたいですね。土曜の夜は勿論ユーランドで一泊予定。

さて、石川弁当は「鶏づくし」というサブタイトルの通り鶏飯です。この辺はかつての石井弁当に通じるところありますね。もっとも、食べるのは25日夜ということで。
0

2005/6/21

光忠初ゴール!  ゼブグルベ!

昨年グルージャ盛岡で活躍した池田光忠が栃木SCで初ゴール。篠崎豊さんの「栃木SCふぁん」に詳細が書かれてあるが、越谷市から栃木に2時間通うというから大変である。
そんな彼を考えれば、盛岡ゼブラや新日鐵釜石でプレーする選手たちも本当に苦労している。池田光忠に負けずに頑張って欲しい。
0

2005/6/21

本当は怖い家庭の医学  テレビネタ

@ お腹の張り
健康に関心のある本屋さん、人間ドッグを受けて1週間後にお腹の張りが。
さらに下腹部にキリキリとした痛みが。これを大腸がんの危険かと思われたものの、トイレでは血便は感じられませんでした。しかしこれがとんでもないことになってしまったのです。

昼食後に医学書を読んでいたところ猛烈な吐き気、さらに食べたものを吐き出してしまいます。ここにきて専門医に内視鏡検査を行ないました。そして・・・

病名 結腸ガン

お腹の張り、痛みは凹んだガンが原因だったのです。だから内視鏡検査をしないと見つかりません。

A 鼻詰まり
スナックのママ、実はトイプードルを飼っている。しかしそんなママに鼻詰まりの症状が。そして市販の風邪薬を飲んだものの、これが悪魔のいたずらだった。
2週間後、左眼が充血していた。しかも疲労が蓄積していたため、市販の目薬を使用した。
しかし今度は咳が出てしまう。が、これもすぐに治まった。その夜咳が止まらなくなってしまったママ、今度はぞくぞくと寒気・高熱。解熱剤を飲もうとすると血痰まで。病院に運ばれるともう重度の気管支肺炎でした。

病名 パスツレラ賞

これにより敗血症などが起こります。そして感染源はペットだったのです。これは節度を越えたペットとの接し方で起こるものです。皆さんも気をつけましょう!
幸いママは一命を取り留めましたが・・・大変なことになりますよ。
0

2005/6/21

今日のはぐれ刑事  テレビネタ

今日は病院のお話です。母親を殺された女性・手塚が遠山病院院長(左時枝)に詰め寄って抗議、安浦刑事(藤田まこと)はかなり辛い様子・・・

そして事件発生。手塚が死んでいたのだ。手塚は夜に遠山に会ってくると言ったきり帰ってこなかった。そして女医と女性が話をしたのだが、女医は母親は膵臓ガンだったと告げていた。これが9時頃。そして言い争いしている二人を目撃した人が現れたのと同時に遠山の犯罪を裏付ける証拠が発見された。それは結婚式の引き出物だった。
夜に里見が病院に向かうと、そこでは遠山が年老いた患者とカラオケで「居酒屋」を歌っていた。そして遠山を取り調べることにしたが、容疑を否認。安浦がついに話し合うことに。
「とんだ災難です」
「この引き出物は先生のですね。これに被害者の血痕がついていたんです」
「それは知りません。昨日安浦さんにも話しましたでしょ」
ということで遠山は前夜のことを話した。
手塚は夜に遠山と確かに言い争っていた。しかし手塚はお金を要求した。
「お金?誰の入れ知恵か知らないけど」
それが争いに見えたのかなぁ、遠山はそう言ってため息をついた。

その後はいつもの安浦刑事・川辺課長(島田順司)・横溝署長(梅宮辰夫)のバトルトーク、「さくら」のママ(真野あずさ)との語らい。
「患者は家族」「いいわよね、そんな先生」・・・そう言えば僕も地元にかかりつけ持ってるんだよね。
しかし安浦家に帰ると遠山逮捕の知らせはすでにエリとユカに伝わっていた。遠山先生は実は母親の死水を取った先生だったのだ。
「先生のお蔭でお母さんは安心して息を引き取ったのよ」
ユカのこの言葉が胸に突き刺さった安浦は、ついに目撃者に話を聞くことに。
病院で以前遠山と手塚の言い合いに割り込んだ老人と話をする。老人は遠山を娘のようにかわいがっていたらしい。
そして隣にある帝和クリニックでは事務長の藤堂が謀議を行っていた。が、その時老人が具合が悪くなってしまったと田崎(岡本麗)から報告。これを知った遠山は安浦に哀願する。

そして病院に戻った遠山は老人の看病をする。そして老人に「お祭りマンボ」を聞かせた。それをずっと見ていた安浦だったが、同行していた手塚の夫にいろいろと言い聞かせる。犯人は遠山病院に出入りし、手塚と同じ団地に住んでいた医療器具セールスマンの垣内だったのだ。
その垣内が夜に手塚を挑発、もう一人の犯人が殴打したところを山手中央署のパトカーが。手塚の夫は垣内に唆されて妻を殺してしまったのだ。ほどなく藤堂も逮捕された。
再び「さくら」、川辺課長が遠山を連れてきた。
「健康管理をちゃんとしなきゃダメだぞ」と課長に釘を刺されても酒を飲む安浦を見ていると、僕も土日の郡山なんかでアルコール取りすぎたと思うのですよ。しかもちょっと内臓が芳しくなく・・・

この後は「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」です。下腹部の痛みが大病の元になるというお話。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ