AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2005/6/15

北海道スプリントカップ予想  競馬

帝王賞の中央代表5頭が発表された。東京大賞典がアジュディミツオーにまんまとハメられた(降雪馬場のせいでもある)感じで、まして梅雨時では・・・という部分はあるが、あと2週間でどんな動きがあるか注意したい。

北海道スプリントカップ。2002年、JRAレコードより早いサウスヴィグラスの時計に驚愕したレースを生で観戦した。レコードタイムが出たときの驚きときたらもう大変であった。
あれから3年、サウスヴィグラスは引退したが2着のディバインシルバーはその後B@着と元気だ。そのディバインシルバーが五十嵐冬樹を鞍上に連覇をかける。今回鈴をつけるとしたらエビスファイターだが、まず勝って知ったる札幌で五十嵐が行かせるかどうか。ただ前走が控えて失敗(鞍上松永幹夫のヘクリ)、その前のかきつばた記念は先行してコンマ7秒。これは行くしかない。
相手は森厩舎の2頭。このタイトルをまだ取っていないGT馬ノボトゥルー、今年もユタカで乗り込んでくる。今年はコンマ4秒差を返せるのか注目。ディバインの単騎ペースならユタカの腕で差してもおかしくない。シャドウスケイプも大外枠を引いたのはプラス。小牧太とは昨年の東京盃→JBCSでコンビを組んで連対できなかったし、昨年のこのレースはノボトゥルーに3馬身差。しかし今年の方が走れると言う馬柱の裏付けがある。
以下は押さえになるがJRAもう1頭のハリーズコメット、エトワール賞組の中で上がり目見込めるシャンハイジャンプ、それに先述の展開ならエビスファイターも粘れるか。

◎ ディバインシルバー
○ ノボトゥルー
▲ シャドウスケイプ
△ シャンハイジャンプ
△ ハリーズコメット
△ エビスファイター
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ