AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/7/2

栗駒賞を考える  競馬

ここは元王者ハタノアドニスではなく千四に強い井上俊彦のタイギャラントで勝負。この馬デビューして未勝利の身分で姫路・金沢のこの手の距離を連勝した実績がある。
転入2戦が自力の証明だ。緒戦は2着だったがよく考えればジンクライシス相手。そして2走目は期待に応えてコンマ7秒差の勝利。
相手は地の利を生かしたい菅原勲のタイキシェンロン、久々でもこの相手ならというベルモントソレイユが本線。ハタノはその次だ。
穴狙いなら内田利雄のローランボスコ、押さえは大井のバニヤンドリーム。

買い目 B=@ B=C B=F B−A B−J
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ