AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/12/10

岩手対秋田  ゼブグルベ!

2戦2勝です。釜石T1残留&大宮クラブT2N復帰!

これで来年の東北リーグの岩手のチームは大変なことになりそうですね。このことは早速新聞記事にでもしないと…
0

2006/12/10

本当は怖い馬預  必殺葉っぱぎ人

外国人を招待しての天覧競馬が執り行われた。
一番は馬預・池上泰蔵(池田秀一)の管理馬荒川姫、二番は南部藩から参加した鶴三郎だった。しかし荒川姫と鶴三郎は失格となる。
荒川姫は同じレースに出走していた岡部主膳の管理馬玉十字にぶつかったと言う。ところが岡部はそれを知らなかった。また、鶴三郎は幕府馬預で禁止されているえさを食べていたという。池上は若年寄の高橋(納谷六朗)から蟄居謹慎を命じられる。また、南部藩馬方の千葉義四郎(中田譲治)も厳しく処罰された。

このレースを警護の名目で観戦していた藤田主水(一条和矢)と佐藤主税(保志総一郎)はこの競馬のからくりを暴こうとする。しかし馬預支配の藤沢刑部(若本規夫)に詮索するなと言われてしまう。
志保(樋口智恵子)は瓦版にこのことを書こうとするが、やはり高橋と藤沢の息のかかった連中に妨害されてしまう。

馬乗の本田(家中宏)は荒川姫の失格処分を取り消して欲しいと嘆願するが、それを藤沢たちは認めようとはしない。しかしある条件をのめば許してもいいと言うのだ。
その条件こそが千葉の娘である千夏(能登麻美子)との結婚。しかしこれは藤沢の罠だった。そしてその現場を千尋(夏樹リオ)が見てしまう。

千尋はさっそくあかり(川澄綾子)と志保、そして主水に藤沢一派の陰謀を伝える。
しかしもう遅かった。千夏は藤沢配下の馬飼数人に襲われてしまい、そこに本田が来たもんだから、寄ってたかっていじめまくり。結局千夏も本田も死んでしまった。
葵(飯塚雅弓)は二人を救えなかった口惜しさを主水らに打ち明ける。環(伊藤静)、由真(生天目仁美)も協力し、千夏の父である千葉と本田の上司である池上から仕事料をもらって高橋と藤沢一派を始末することに。

藤沢刑部に襲い掛かったのは由真。なぎなたを振りかざして隙ができたところに千尋の毒矢が刺さり藤沢は絶命。千夏と本田を殺害したグループは葵、環、志保が倒した。馬飼や中間合わせて7人、このみ(落合祐里香)とあかりが協力してその身体を奉行所の門前まで引っ張っていった。
残るは若年寄の高橋。あかりが熊手を持って乗り込んだ。もちろん主水も一緒である。あかりの熊手の先が高橋の太刀を制し、主水は高橋の腹を一突きした。これですべてが終わった。

千葉は佐藤から藤沢配下の高橋の渡り中間が鶴三郎に禁止エサを食わせていたことを知る。南部藩江戸屋敷はそれを受け千葉の処分を一切不問に処すことにした。池上の謹慎処分も明け、一件落着。
しかし奉行所にさらされた7人(強姦罪・殺人罪etc)は目が覚めたら奉行所の門前にいたのに驚いてしまった。佐藤たちが彼らを引っ張ってジ・エンド。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ