AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/12/11

ワサビエール・ラベル一新  岩手の酒

みやもりビール・ワサビエールのラベルが変わっていました。
早速飲んでみましたが、味わいは相変わらずでしたね。
クリックすると元のサイズで表示します
今日も一日楽しかったですね。
0
タグ: ビール 岩手県

2006/12/11

本当は怖いくの一  必殺葉っぱぎ人

街に盗賊が現れた。盗賊一味は江戸の両替商や米問屋に押し込んでいた若者たちである。早い話が愚連隊。
しかしその一味に棒手裏剣を向けて二発命中させたくの一がいた。そのくの一・雫組は鷹月の沙織(田口宏子)、冬月の瑠璃(折笠冨美子)、藍原瑞穂(後藤邑子)の三人。そして沙織は盗賊愚連隊による大原屋主人惨殺事件を目撃してしまう。
盗賊愚連隊一味の事件はたちまち江戸の話題に。志保(樋口智恵子)はさっそく瓦版を作るが、版元となっていた鶴来屋ともども盗賊団のボスにマークされてしまう。

実は夜盗は旗本松平左兵衛(小林清志)の手下の弥太郎(土門仁)らが行なった行動だった。雫組の放った手裏剣で二人が死亡、メンバーの数は6人である。
左兵衛は息子の五郎(秦勇気)に昨日のくの一、つまり雫組のことを探らせた。そして五郎がたどり着いたのは鶴来屋である。さっそく五郎は千鶴(根谷美智子)を問い詰めて「もしもくの一を匿ったら獄門台は覚悟せよ」と釘を差した。
そのやりとりは梓(小林由美子)も楓(神崎ちろ)も初音(野川さくら)も見ていた。だからとうぜん葉っぱぎ人たちは雫組の三人をどうするか迷ってしまう。

とりあえず沙織は藤田家預かりであかり(川澄綾子)に匿ってもらうことに。瑠璃は志保に、瑞穂は環(伊藤静)に世話になる。こうすれば鶴来屋に疑いはかからないはずだと藤田主水(一条和矢)は考えた。
しかし五郎の密告により志保と瑠璃が奉行所に連行された。罠だと感づいたのは沙織と瑞穂である。しかし瑠璃は雫組なんて知らないと白を切ったまま。そして志保は証拠不十分のまま放免される。

盗賊愚連隊に被害にあった大原屋と中越屋の奉公人たちから主水たちは情報を集める。そして志保が大原屋の主人惨殺の黒幕が松平五郎であったことを突き止め、大原屋と中越屋の身代保障という担保をエサにかっぱぐ葉っぱぎ人たち。
鶴来屋の奥の間でミーティング。問題なのは盗賊団の襲撃と瑠璃の救出のどちらを優先させるかだった。瑠璃の救出は雫組と梓、初音が担当し、葉っぱぎ人たちは松平左兵衛の屋敷に向かった。

瑠璃は無事に救出される。そして葉っぱぎ人たちも葵(飯塚雅弓)や環の活躍で弥太郎ら盗賊愚連隊を仕置した。最後は志保と愛佳(力丸乃りこ)により大川の柳の下にさらされてしまう。
あかりは鎖のついた熊手で松平五郎と果し合いに。しかし五郎の剣の腕に苦戦を強いられる。そこに沙織が現れ、五郎の背中に棒手裏剣を突き刺した。沙織は自分の果たすべきことをしたのだ。
松平左兵衛は主水とあかりに言いくるめられて髷を切られてしまう。そしてそのまま門の外へ出されてしまった。そこに志保が通りかかったため、さっそく松平左兵衛の風評と大原屋事件の真相の書かれた瓦版を作って日の出とともに江戸市中にばら撒いた。
松平左兵衛は蟄居謹慎、息子五郎憤死のため松平左兵衛家は断絶。弥太郎ら盗賊愚連隊は佐藤主税(保志総一郎)や主水たちが身柄を確保して一件落着。
なお、雫組は朝にはもう藤田家にも鶴来屋にもいなかった。あの事件の真相は葉っぱぎ人と雫組の秘密である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ