AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/12/15

斉藤晃の旅・渋民啄木歌碑編  岩手のネタ

私の地元・渋民の話です。やはり啄木歌碑からですね。

クリックすると元のサイズで表示します
これが歌碑第一号です。

クリックすると元のサイズで表示します
我が母校・渋民小学校の校庭で発見。

国道沿いで2点。意外な盲点かも?
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

渋民駅ではこの2点。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 岩手県 渋民

2006/12/15

本当は怖い世迷言  必殺葉っぱぎ人

藤田主水(一条和矢)は最近悩んでいた。仕事が面白くないとか、鶴来屋からの依頼がないとか、色々と考えていた。
あかり(川澄綾子)も内職で疲れていた。熊手で掃除とか、大店で料理とかでアルバイトをしているのだから大変である。

そんな中、元木戸藩藩士の三上と伊波を暗殺せよという依頼が来る。五百両でこの話に乗った主水だったが、木戸藩改易の話を知らない一介の同心にそれは無理な話だった。
翌日、鶴来屋の千鶴(根谷美智子)に状況を説明したが、鶴来屋は木戸藩士の件は知らないという。これは主水をはめるための罠だったのか?

荒鷲の輝蔵と勘定方の岩井左門は木戸藩改易の鍵を握ると言う人物。主水は葵(飯塚雅弓)とともに二人をマークする。木戸藩改易によって禄を失った元藩士たちは江戸で路頭に迷っていた。虚無僧と化していた稲穂信吾(間島淳司)は主水たち葉っぱぎ人が木戸藩を改易に追いやり、日名雄介を切腹に見せかけて殺した一味だと誤解していた。
主水に信吾の凶刃が迫っていた。しかし主水は葉っぱぎ人が木戸藩を改易に追いやった覚えはないと弁解する。そして三上と伊波の暗殺を輝蔵と左門の陰謀だと言った事で信吾は主水の暗殺をあきらめた。

すべては木戸藩改易に名を借りた岩井の工作だった。多額の負債を抱えていた木戸藩に藩札を乱発させた張本人が岩井で、輝蔵一味はそれを安く裁いていたのだ。
このことを知った葉っぱぎ人たちはついに岩井退治に動いた。そして元木戸藩の藩士たちは散り散りに日本全国へ散っていった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ