AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2007/5/31

またやった  BASEBALL!!

さっきまで見ていたG−Hですが、井野二塁審判が脇谷亮太の走塁で・・・

脇谷が二塁、ピッチャーは新垣渚。
脇谷のリードが大きいのを見た新垣、二塁の遊撃手・森本学へ!
タッチは「アウトですね」(星野さん談)だが、セーフ!

ジャンパイアだ・・・と見てた僕も驚きました。
0

2007/5/29

埼玉王はユタカかパクか、それとも・・・  競馬

結局女が二大勢力を一蹴した。マスコミの二択(関口VS近藤)図式はまたも崩壊。
そして束ねるべきボスの突然死。これが秋に大きな禍根を残さないとも限らない…

迎えたさきたま盃、かきつばた記念優勝のメイショウバトラーは3枠(赤)を。目黒記念で溜飲を下げてくれたユタカさん、連勝なりますか。
相手はひろゆきちゃんのアグネスジェダイ。ただし今年は国内で叩いていない。その分のマイナスだけ。

以下はフジノウェーブとリミットレスビッド、ハナ主張ならキングスゾーン。3連複のBJから3点で決めたい。
0
タグ: 浦和競馬

2007/5/28

交流戦一週間  BASEBALL!!

開幕戦を生で見てきました。ヤクルトはいっつも攻めていながら決め手を欠く展開。

滋賀県在住某友人はロッテの二夜連続快勝劇に溜飲を下げている頃でしょう。あとはガッツ小笠原の活躍ですか…

現在僕がネットで見聞きしている野球中継
・Yahoo!動画(パリーグ動画=スカパーより配信)
・ラジオ日本(ジャイアンツナイター)
・RCCラジオ(カープインターネットスタジアム)

TVの足しにジャイアンツナイターを聴くのも面白いですね。なにより後追いとなるネット配信のジャイアンツナイターはノイズがなくて、CMカットすることでボールパーク気分になれますから。
0

2007/5/27

夢見るピノキオ  テレビネタ

今日は職人の話。

まずは九戸村から、ほうき職人の話。
70を過ぎて現役のほうき職人がつくるほうきはいっぱいある。実はこの職人のほうきは縮れている。
「南部ほうきは縮れがあってこそ。電気掃除機で取れないものを取れないとダメ」
ほうき草だけで完璧な縮れを出すほうき、それこそ芸術品です。できたらマルチにプレゼントしてくださいね。

次は金物屋。
時代に合わせていろいろな金網をつくる職人、針金とか板金を学び、かごや焼肉・焼き魚の焼き網などをつくっています。
針金はいろいろな種類を組み合わせるとか。それこそ職人芸です。
代表作は豆腐すくい、筆立て(箸立て)、こたつ網(掘りこたつの炭を入れる網)など。岩手らしい一品ばかりです。

続いて雫石町の亀甲織。
昔南部藩の侍が愛用したものですが、一旦断絶。昭和40年代に復活した亀甲織はいろいろなものになっています。
実は断絶の理由であるのがこれが麻を使ったものだから。麻の栽培が許可制になったためなんですね。
麻を糸にしてやっと織ると言うのもかなりの重労働。そして織り上げた一品はお財布、ポーチ、フェルトのペンケース(このネタ知っている人はいるかな?)など。

次は安代から漆器の話。荒沢の漆器のことですが、かつては東北有数の規模を誇っていました。現在安比塗りとして若い職人が伝統を継いでいます。
お椀やお盆ができるまでには2ヶ月はかかる。それだけ根気の要る作業なのだ。
隣町の名産・浄法寺塗りにも勝るとも劣らない一品。弁当箱もあって、遠征のときとか使えるかも…なんて。

最後は羊毛を紡いでつくるホームスパン。家で紡ぐから「ホームスパン」というんですね。
盛岡は新庄(浄水場の上)にある工房では足踏み式の糸車で紡ぎ、織機で織ってという作業をしています。実は現在の女主人の父が長年の経験から工程の大切さを教えたと言うもの。
ホームスパンは温かみのあるものです。皆さんも一度袖を通してみてください!ちなみに現在は紳士服の生地とかもつくっているようですね。

ということで、岩手の手仕事をいろいろと紹介しました。が、岩手にはまだまだすごい職人がいますよ!
0

2007/5/24

腹筋  マイライフ

現在盛岡ゼブラの来るべき聖戦に向けて腹筋強化中。一日ノルマを50回にして続けていますが、キツイ…

とにかく毎日何回かに分けるのがコツらしいです。(「本当は怖い家庭の医学」より)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ