AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2009/9/27

津軽の旅  旅行

太宰治の旅に出よう。

まずは青森駅から。奥羽線〜五能線で五所川原へ。
ここで「あげたい」というものを。揚げたい焼きに砂糖を振りかけたもの。
辛口の方はカレーでも…

金木へは津軽鉄道で。そしてヒバ作りの斜陽館へ。現代に連錦と続く津島家の歴史を思わせるものです。
昨日のトラベルミステリーを見た人にはうなるところが…

ふくべの味噌ラーメンは生姜味噌味。甘さがあります。

それから芦野公園へ。芦野の桜はいいですよね。
駅舎のような喫茶店も。ここで昭和のコーヒーなんてのを。

今度は津軽半島へ。その前に、朝5時からやっている駅前市場へ…ここはいいところ。
「ある年の春、わたしは津軽を一周したくなった。それは」
蟹田ではN君という人が登場。店構えはそのままに…
そして丘の上から津軽海峡を見下ろし、蟹を食べたそうな。

蟹田から三厩へ。竜飛崎と階段国道ですね。太宰が泊まったところは資料館に…
竜飛は義経がシベリアへ渡った地でもあります。
ここでマグロをいただきます。すし屋で3000円のマグロセットも。
10月にはマグロの解体ショーもあります。

それから中泊へ。自分が母のように慕ったタケのことを書いてます。
中泊ではタケのインタビューも。
竜飛から中泊へと言えば十三湖も忘れちゃいけません。蜆で有名ですね。

再び金木へ。先年公開された新座敷の話です。危篤の母を見て涙をこらえた洋室も。
疎開中の太宰はここで23作品を書いたそうです。

それからエピローグに津軽古遠部温泉。
碇ヶ関から奥まったところにあります。一度行きたい秘湯です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ