AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2016/3/29

南東北行脚@ モンテディオ山形観戦記  SOCCER

おかしい。

ヤクルトも開幕4連敗、だがモンテディオ山形もホーム連敗じゃないか。

では、さっそく見ていこう。
クリックすると元のサイズで表示します

システムは山形3-4-2-1(山田・荒堀がSBと見たら5-4-1とも解釈できるが)、清水は4-4-1-1(大前はシャドウ)。
立ち上がりは山形も攻めてはいた。が、大黒をビョン(辺峻範=広島からレンタル移籍)が
マークしてフリーにさせない。

清水はFWデューク、大前がシュート。危ない場面もあったが、大前はどうもシュートの精度が低いように見えた。枠にシュートが行かないのだ。
山形の3バックは中盤の六平、河井からのくさびを断ち切れれば良かったが、それをうまく拾われていた。それだけ清水の動きが速いと言うことだ。

清水のGK西部、DFビョン、三浦といった堅固な守備を崩せない山形。そこに追い打ちをかけたのが荒堀のケガだった。
結局アグレッシブに行ける高木利弥に交代。ただ石川竜也不在の中でここまで…踏んだり蹴ったりだ。
その代わり端から清水の攻勢が強まる。六平、大前と立て続けに狙う。そして最後はデュークがDFをかわして決めたのだから、これは仕方ないと思った。

その後も清水はボールを取りに行く動き、パス出し、どれを見ても山形を上回っていた。あとはもう、前に指摘した大前の決定力のなさだけ。

山形は後半川西から伊東に交代。ここから反撃したいところだったが、空中戦で清水に負けていてはクロスもカットされてしまう。くさびも大黒に通らなければ意味がない。ここまでにビョンや三浦に切られているようじゃダメだ。誰かがフォロー行けば最後に出てきた林、この日は出なかったローザあたりで1点…をできたはず。石崎監督も大黒にマークが集中してるところでもう一手、早めに出した方がよかったのではないかと思う。

0−1、私が見た試合では久々にモンテディオ山形敗戦…という結果に。

悔しい気持ちは試合後に食した肉そばにコショウと七味をどばどばと投入したことからもわかると思う。

ただ、清水はなぜこの試合、長崎での試合のようなことがホームでできないのか?と思う。そこは私もジレンマを感じてしまった。大前にはシュートの精度の向上をお願いしたい。デュークの起用は正解と言う声があるが、竹内、澤田あたりが次節からの注目だろう。
竹内・澤田、この両者には石毛、本田という実績のあるMFがライバルとしているが、彼らから何かを学び、それを越えようと努力してほしいところだ。その努力を土台に、名門復活へまい進してほしい。

簡単・即金なら「GetMoney!」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ