AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2005/6/21

本当は怖い家庭の医学  テレビネタ

@ お腹の張り
健康に関心のある本屋さん、人間ドッグを受けて1週間後にお腹の張りが。
さらに下腹部にキリキリとした痛みが。これを大腸がんの危険かと思われたものの、トイレでは血便は感じられませんでした。しかしこれがとんでもないことになってしまったのです。

昼食後に医学書を読んでいたところ猛烈な吐き気、さらに食べたものを吐き出してしまいます。ここにきて専門医に内視鏡検査を行ないました。そして・・・

病名 結腸ガン

お腹の張り、痛みは凹んだガンが原因だったのです。だから内視鏡検査をしないと見つかりません。

A 鼻詰まり
スナックのママ、実はトイプードルを飼っている。しかしそんなママに鼻詰まりの症状が。そして市販の風邪薬を飲んだものの、これが悪魔のいたずらだった。
2週間後、左眼が充血していた。しかも疲労が蓄積していたため、市販の目薬を使用した。
しかし今度は咳が出てしまう。が、これもすぐに治まった。その夜咳が止まらなくなってしまったママ、今度はぞくぞくと寒気・高熱。解熱剤を飲もうとすると血痰まで。病院に運ばれるともう重度の気管支肺炎でした。

病名 パスツレラ賞

これにより敗血症などが起こります。そして感染源はペットだったのです。これは節度を越えたペットとの接し方で起こるものです。皆さんも気をつけましょう!
幸いママは一命を取り留めましたが・・・大変なことになりますよ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ