AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2016/7/24

夏色を探して…  岩手のネタ

久々にピノキオレポートです。

まずは夏の果実。日差しを浴びて北上のブルーベリー園もたわわな実をつけています。先週なんかだとかなり濃い実がついたでしょう。
1000円で摘み取れるブルーベリーですが、近くにある「コタ・カフェ」ではブルーベリーを使ったジュースやパフェなどが味わえます。また、自家焙煎のアイスコーヒーもいいですね。

次は日本の夏と題し、ゆかたの話。今回は「和の暮らし 小袖」です。
浴衣に限らず小物類を扱うこの店、透明なカラーグラスの帯留め、白と青の鼻緒、その他夏らしい小者が色々。
色にバリエーションの少ない男性用は寝付け、扇子、手ぬぐいとストーリーを作ってはいかがと店主。

それから大慈清水、もりおか町家物語館と歩きましょう。町家物語館は元岩手川の建物ですね。
父の実家もこういう感じだったな〜という高い天井、ここで涼やかな塩サイダーをいただきます。

続いて和菓子。東安庭の竹芳の作り菓子をいただきます。他にも色々とあるんですがね。
自家製のあんこを使った水ようかん、ザラメを使った金玉「花こおり」があります。
この敷地には茶室があります。ここでお茶をいただくこともできます。抹茶セットは600円なり。

今度はステンドグラス。というと江刺かと思いますが、盛岡にもステンドグラス工房がありますよ。
「ステンドグラスの魅力は色の奥深さ」という村上さん。夏のステンドクラスとは?
やはり水色など白・青基調のステンドグラスが夏にはぴったりです。他に緑、ピンクなど。
ランプシェード、テラリウムなども透明感が出て、夏らしさが際立ちますね。

夜はカクテルにしましょう。菜園のバー「H」で女性バーテンダーさんの作るカクテルなど。
緑色のカクテルはミントとライムを混ぜたシャンパンのモヒート。ミントとライムのモヒートはホワイトラムのイメージがありますが、シャンパンでもいいですね。
それからスイカとウオッカのマティーニ。これも飲みたい一品です。「アルコール感のない味」とのこと。
最後はオーヘントッシャン樽原酒のミスト、これもバーならではの季節感ですね。ウイスキーミストは自宅でも簡単にできると思います(ウイスキーとカキ氷器orアイスピックがあればですが)ので、家飲みでミストなんていかがでしょう。

なんだか先週から明日から気温が下がるとか低温注意報だとか言ってたのに、午後には26,7度になりますね。今日だって外出時22度からの夕方26度でしたからね。

簡単・即金なら「GetMoney!」
0
タグ: 岩手県 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ