『みんなで共に。みんなで支援を。〜We will never walk alone〜』

2009/1/29  19:44

グリーンズに登録して、チームを支えよう  お知らせ

『グリーンズ』とは、FC岐阜の試合運営のボランティアの事です。


その活動は多岐にわたり、具体的には

・のぼりの設置
・Lフラッグの掲出
・ロイヤルボックスの設営
・オレンジシートの清掃
・飲食用テーブルの設置
・配布物の準備

などです。

まさに縁の下の力持ち的な存在。


今年もシーズン開幕にあたり、グリーンズに登録を希望される方に対しての説明会が開催されます。作業内容や制度についての説明やマナーや心構えについての講習が予定されています。

ご興味のある方、是非グリーンズに登録してFC岐阜を支えていきませんか?


1.日時 3月1日(土) 14時〜16時
2.場所 岐阜県民文化ホール未来会館5F ハイビジョン会議室
3.内容 第1部 講習会
      第2部 2009年ホームゲームの開催日時確認
           ボランティアの業務内容・制度について
           注意事項・連絡事項など

[リベロ]

0

2009/1/27  20:53

応援番組  いろいろと

Jリーグに昇格して1年がたちました。
これまで「FC岐阜」というプロサッカークラブの名前を聞いたことがあっても、どういうチームでどんな選手たちがいてどのような事をしているのか、知らない人も多かったはず。

一人でも多くの人に「FC岐阜」を知ってもらうために、ラジオやテレビや新聞などの各メディアでは応援番組や応援コーナーが企画・放送されています。

■ラジオ番組

岐阜FM(Radio80) MORNING BIRD内 Go Go FC GIFU Rord to J1
  毎週木曜日 午前9時7分ごろから
http://www.radio-80.com/mb/index.html

パーソナリティ西村知穂さんが送るFC岐阜応援番組(応援コーナー?)の草分け的存在。
ちなみに西村知穂さんは2007年、2008年シーズンのホームゲームスタジアムDJとしても活躍をされています。

岐阜FM(Radio80) FC GIFU MAGAZINE ON RADIO
毎週土曜日 午前11時40分〜11時50分
http://www.nhk.or.jp/gifu/assist/fcgifu.html

同じく西村知穂さんが送るFC岐阜応援番組。
選手や監督のインタビューを中心にFC岐阜のさまざまな情報を伝えてくれます。


■テレビ番組

ぎふチャン(岐阜放送) ゴォール!FC岐阜
毎週木曜日 午後10時15分〜10時30分
http://www.zf-web.com/sports/goal_fcgifu/goalfcgifu.html

ぎふチャンアナウンサーの高木恵子さんがキャスターを務める番組。
試合の模様や選手のインタビュー、イベントの様子などを伝えてくれます。


NHK岐阜放送局 ほっとイブニングぎふ内 Challenge! FC岐阜
毎週木曜日 午後6時35分ごろから
http://www.nhk.or.jp/gifu/assist/fcgifu.html

東海社会人リーグ1部の頃から試合の映像を流してくれた老舗応援コーナー。
週末に行われた試合の映像をいち早く見る事ができます。


■新聞

岐阜新聞Web FC岐阜ニュース
http://www.gifu-np.co.jp/fc_gifu/

中日新聞 岐阜版
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/

asahi.com(朝日新聞) 月刊FC岐阜
http://mytown.asahi.com/gifu/


まだまだ岐阜県内でしか見る(聴く)事ができないものばかりですが、こういったメディアが地道にに積極的に「FC岐阜」をアピールしてくれる事が地域に浸透してゆくためには必要です。

メディアのみなさん、今シーズンもよろしくお願いします。

[Kamihira]

0

2009/1/25  21:02

Jリーグ加入記念イベント  レポート

クリックすると元のサイズで表示します

24日、岐阜市教育委員会主催の「Jリーグ加入記念イベント」が北西部運動公園にて開催されました。

前日の温暖な気候から打って変わって時折小雪もチラつく厳しい寒さでしたが、新体制始動後の始めてのイベントということもあり多くの人がグランドに足を運ばれていました。

岐阜市教育長、市会議員、グランドのある合渡地区の自治会長さんのご挨拶があり、それからFC岐阜から今西社長GMのご挨拶もありました。

それから、松永監督以下チームスタッフ並びに背番号順に整列した選手たちの自己紹介がありました。

その後、選手たちが何箇所かに分散し参加した子供たちと共にミニゲームや鬼ごっこなどに興じていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後にサイン会と、FC岐阜グッズが当たる抽選会が行われ参加者に手作りの豚汁が振舞われて会はお開きとなりました。

このようなイベントが岐阜市だけでなく、県内各地で開催することができればFC岐阜の普及活動につながっていくと感じられました。

参加された皆さん、寒い中お疲れ様でした。

[リベロ]

0

2009/1/22  19:45

宮崎でキャンプ!  いろいろと

今年もこの時期がやってきました。

宮崎キャンプスケジュールのお知らせ(FC岐阜公式)

昨年に引き続き宮崎県西都市の清水台総合公園多目的広場にて2009年シーズンに向けたキャンプが行われる事が発表されましたね。

宮崎でキャンプを行うチームは多くJリーグのチームとはもちろんの事、韓国Kリーグのチームとも練習試合ができるメリットがあります。

新加入選手が多い今年のFC岐阜。
短いキャンプ期間ではあるけれど、数多くの実戦をこなしてチームとしてひと回りもふた回りも成長して帰ってくる事を期待しましょう!

ところで誰か宮崎まで行ってキャンプレポートをしてくれる方いませんか?(笑)

[Kamihira]

0

2009/1/20  19:39

新入団会見 現場レポート  レポート

11:30 
受付開始&資料配布

12:30 
GM挨拶
監督挨拶
スタッフ紹介
選手の自己紹介
プレス代表質問
プレス質問
サポからの質問

予定を20分ほどオーバーして終了


・配布資料
小島弘己選手、川崎陽介選手、姜曉一選手のJFL・FC刈谷へのレンタル発表。
新入団選手のプロフィール、着座場所の資料。
メンバーのポジションと背番号の一覧表&スタッフリスト。

・GM挨拶より
新生岐阜の目標は「共に育つ」。地域の皆様、サポーターと共に成長したいという願いから。
フロントの陣容が整いつつあるので、今期よりGMの主としての仕事チーム作りに専念する。
90分動き回れて、なおかつフェアブレーである選手を育ててゆきたい。
今年は10位目標。昨年より3チーム増えることになるのでより高い目標となる。
人生最後の仕事の気持ちで望む。

・松永監督より
昨年スローガン「Chance!Challenge!Change!」のChanceまでは達成できたがChallenge!まで行けなかったので今年のスローガンは「Challenge to・・・」とした。
毎日、全ての面で向上心を持って生活してもらいたい。
ミスはあるかもしれないがし続けることに意味がある。
51試合を選手、スタッフ、フロント一致団結して戦っていきたい


・スタッフ紹介  (補足) 
監督:松永 英機 氏
コーチ:米田 徹 氏
GKコーチ:セルジオ・ゴベッチ 氏(フィジカルコーチ兼任)
トレーナー:村橋 淳一 氏 渡邊 吾児也 氏
主務:栗田 義之 氏
セカンドチーム監督:伊藤 哲也 氏
セカンドチームコーチ:勝野 正之 氏


・選手の自己紹介 
選手それぞれが 「〜出身の〜です」と言い、抱負を語る。

印象など

橋本卓 選手 海外経験者ゆえの落ち着き
佐藤洸一選手 緊張していた様子
野田恭平選手 ゆったり
秋田英義選手 淡々
徐 冠秀 選手 生真面目 (通訳:朴)
朴 俊慶 選手 控えめだが冷静
永芳卓磨選手 親に感謝する発言など純朴な感じ 
野本泰崇選手 無難な発言
野垣内俊選手 笑顔が見えるなど余裕
重成俊弥選手 18には見えない。(筆者1押し)
染矢一樹選手 見た目のままかな
冨成慎司選手 福岡大キャプテンの風格有
車 東訓 選手 強引にシュートを打つと宣言
西川優大選手 点をとることにこだわっていた
田中秀人選手 オチをしっかりとった。(サポの心をGET)


・プレス代表質問 ぎふちゃん 高木アナウンサー
FC岐阜の印象と自分のアピールポイントをお願いします(此処はJ's Goalからの転載)

MF橋本卓選手:
「岐阜は歴史の浅いチームですが、早くJ2に昇格してきているので、この勢いを消さずに戦いたい。僕は海外で4年間プレーしているので、精神的にタフだと思っているので、そこを活かしたいと思っています」

FW佐藤洸一選手:
「スピード昇格した印象があるので、J1に行けると思っています。FWとして得点力に自信があるので、そこを見て欲しいですね。僕は中学、高校とたいしたところでプレーしていません。でも、そういう環境でもプロになれるというのが自分のアピールポイントだと思っています」

GK野田恭平選手:
「岐阜とはJFLのときに2度対戦しています。個人技の高い印象がありました。でも、今年はメンバーが変わるので、どういうチームになるのか楽しみですね。僕は身体が大きいので、ボールも人より止められると思います」

DF秋田英義選手:
「岐阜とは地域リーグ、JFLでよく対戦しました。J2にそのまま昇格したので、その勢いを止めずにやっていきたい。僕の90分間走り抜けるスタミナを見に来てください」

MF徐冠秀選手:
「岐阜のイメージはみんな一生懸命に頑張るチーム。それに自分も負けないように、しっかりと頑張りたい」

FW朴俊慶選手:
「僕は去年の夏に練習に参加して、スタッフの方々が凄く温かく自分を迎えてくれた。温かい印象があります。気持ちの面では絶対に負けないことを心掛けています。試合中でも多少無理をしてでも、ゴールに繋がるプレーをしたいです」

MF永芳卓磨選手:
「岐阜のイメージはまだこれといってありません。みんなと一緒で早い段階でJ2昇格したチームという印象です。僕はいろんなポジションが出来るので、中盤でのゲームコントロール、左利きなので、左のクロスやパスにも注目してもらいたいです」

DF野本泰崇選手:
「一緒に成長できるチームだと思います。『新生・FC岐阜』で、僕はプロ1年目。一緒に成長したい。攻守において気持ちを見せられるプレーをしたい。サポーターが僕のプレーを見て、熱くなってくれたらいいと思います」

MF野垣内俊選手:
「強化指定として何度か練習参加しましたが、サポーター温かいし、チームにも勢いがあると思うので、Jで勝てる力はあると思います。僕は身長は高くないけど、ヘッドでは負けない。そこをアピールしたいです」

GK重成俊弥選手:
「岐阜は勢いがあるチーム。J1に食い込んでいきたい。キック力には自信があるので、僕のキックから1点、2点取れるようにしたいです」

MF染矢一樹選手:
「よくコミュニケーションがとれていて、これから強くなるチームだと思う。小柄ですが、スピードを活かしたプレーで、ドリブルでどんどん仕掛けていきたい」

DF冨成慎司選手:
「僕は岐阜出身なので、地元のチームなので地域リーグのときから気にしていた。まだ岐阜に根付いていないので、僕が入って岐阜の看板になれるようにしたい。大学ではすべてのポジションこなしましたし、キャプテンも務めましたので、その力をまだ若いけどはっきりしたい」

FW車東訓選手:
「3年前に日本に来たばかりなので、イメージは分かりませんが、去年練習参加したときに、監督、スタッフ、先輩たちの雰囲気も良かった。ヘッドやミドルの他に負けず嫌いなところを出したいです」

FW西川優大選手:
「岐阜は爆発力があるチーム。昨年5点を取る試合があったので、今年度も5点取る試合をしたいし、そこにボールが絡んでいたい。裏に抜けるスピード、ドリブル、関東リーグでも点を取れたので、その勢いで行きたい」

DF田中秀人選手:
「勢いのある、これからどの方向にも変化が出来るチームですね。僕は何かに秀でているわけではないけど、バランスが取れています。総合的に強い選手になりたい」


プレス質問
CCN: 市橋氏
キャプテンはどうなっているか?
GM:キャプテン 菅  副キャプテン 嶋田、秋田

NHK: (質問者失念)
地域貢献とは具体的にどういったことなのか?
GM:
団塊世代や若年者や障害者も含め、サッカーに限らずスポーツを楽しむことを知ってもらう。中学生では遅すぎる。
ただしこの場合は子供の目線に立って進める必要がある。
FC岐阜が全国初のモデルケースになるよう頑張りたい。


サポからの質問
選手自ら呼んで欲しい愛称を教えてください。

橋本卓 選手 スグル
佐藤洸一選手 コウイチ
野田恭平選手 キョウヘイ
秋田英義選手 アキタ
徐 冠秀 選手 ソ
朴 俊慶 選手 パク
永芳卓磨選手 タクマ
野本泰崇選手 ノモト or ノモ
野垣内俊選手 募集中
重成俊弥選手 シゲ
染矢一樹選手 ソメ
冨成慎司選手 トミ
車 東訓 選手 ドングン
西川優大選手 ユウダイ
田中秀人選手 シュート

徐 冠秀 選手は何故岐阜を選んだのか
プロになる夢を実現させてもらえる環境だったから。
GM補足:過去にJEFの練習に3ヶ月参加。オシムが欲しいと言った選手だった。




以下 午後からの練習について

2:30の予定が3:15頃と主務から発表。実際は更に30分遅れ
キャプテン 菅の挨拶
「今年キャプテンを務めることになりました」
「ホームで勝てるように頑張ります」

ストレッチ→5分近くのランニング(トラック10週?)→クールダウンで終了。
ガチャが相変わらず。新人にちょっかいを出す。
大友が兄貴分になりそうな予感。
片桐、菊池完、川島はこれから絞ってくるかな?
車、永芳、嶋田、徐は結構動けていたイメージ。
佐藤洸一は別メニュー。

それで終了。
だが終了の挨拶が無かったので観客が戸惑う。
ちょっとしたケアレスミスですが、昨年と変わってないというイメージが残りました。

追加
あの会見の場所ではいえない件ですが 吉田選手と森選手の情報が全くありませんでした。 やはり「どうなっているんだ?」がその場にいた人の意見です。

[ち〜な]

0

2009/1/18  15:50

照明改修工事開催中  いろいろと

先週末「東海社会人トーナメント大会」観戦のため久しぶりに長良川競技場を訪れてみると、何やらバックスタンド側の照明にネットが掛けられていました。2012年に開催されるぎふ清流国体に向けての「照明改修工事」が行われているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

メインスタンドからバックスタンドへと通じる競技場最上段の通路を使い軽トラックで工事器具や物品を運び、照明塔に掛けた2本のワイヤーで照明器具を吊り上げ、上で待機している作業員の方が一つ一つ丁寧に取り付けていました。

これは3年後のぎふ清流国体に向けたものである事はもちろんですが、同時にJリーグが定めるスタジアム基準(ピッチ内照明1500ルクス以上)を満たすための作業でもあります。長良川競技場のピッチ内照度は、改修前は1000ルクス程度とJリーグのスタジアム基準を満たしておらず、一昨年末にJリーグ昇格が正式に認められた際にJリーグ側より指摘を受けていたもの。それに対応するため改修工事は陸上やJリーグがシーズンオフとなるこの時期を利用して行われていて、3月の開幕までには間に合う予定だそうです。


我々が快適に試合観戦できるのは、こうやって風の強く高所という危険と隣り合わせの作業をしている人がいるからこそ。そういった方々に感謝しつつ、これからも長良川競技場でのサッカー観戦を楽しみたいと思います。

[Kamihira]

0

2009/1/17  9:49

新シーズンに向けての準備  いろいろと

シーズンオフ、しかもチーム始動前とあってネタが少ないですね。
しかし時間はタップリあるので、来るべき新シーズンに向けて色々な準備ができる時期でもあります。


このシーズンオフの時間を使い、我らがホームスタジアム・長良川競技場を埋め尽くして選手たちを鼓舞しホームスタジアムの雰囲気を盛り上げる「横断幕」や「ゲートフラッグ(ゲーフラ)」を作成する人、アウェイゲーム遠征に向けて旅行情報をチェックする人、ライバルチームの補強動向を見つめて戦力分析を行う人、90分間ゴール裏で飛び跳ねるためにトレーニングを続ける人、今のうちに仕事に精を出してシーズンに備える人、家族の理解を得るためにシーズンオフを利用して家族サービスを行う人(笑)など、それぞれ思い思いの時間を過ごしているでしょう。


この「G-Styleブログ」を担当している僕も来るべき新シーズンに向けてある一つの準備を行っています。それは「2009年版・長良川競技場ガイド」の作成です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨シーズンもG-Styleではサイトやブログを使用して長良川競技場ガイドを作成しました。
では昨年作成した長良川競技場ガイドは果たして、
  ・見やすいものであったか?
  ・分かりやすいものであったか?
  ・新鮮な情報をリアルタイムで更新する事ができたか?
  ・ホームスタジアムの楽しさを伝える事ができたか?
自分で振り返り評価した結果はNo、反省点は多くあります。


長良川競技場ガイドは「できる限り簡潔に分かりやすく」をテーマにしています。
長良川競技場に来る方がどのような情報を欲しているのか、どのような情報があると便利なのかを常に考え、それを簡潔に分かりやすく伝える必要があります。そのために日々試行錯誤しながら3月の開幕までに作成したいと思います。

FC岐阜に関心を持ち、「それじゃあ試合でも見に行ってみるか」
と思ってくれた方に対して我々が作った長良川競技場ガイドが少しでもお役に立てれば嬉しいです。


長良川競技場に来たすべての人たちが、選手たちのプレーに一喜一憂し、FC岐阜のサッカーを楽しめる空間を作るために。

[Kamihira]

0

2009/1/16  15:41

東海社会人トーナメント  いろいろと

2009年のJリーグ開幕戦は3月7日、8日。
まだ2カ月以上もあり、シーズンの開幕が今から待ち遠しい!!

Jリーグはシーズンオフ真っただ中ですが、Jリーグよりももっともっと下部のリーグはまだ2008年シーズンを戦っている所がある事をご存じでしょうか?先週末の10日(土)と11日(日)に長良川競技場と長良川球技メドウで開催された「第42回東海社会人サッカートーナメント大会」を観戦してきました。



「東海社会人トーナメント大会」は愛知・岐阜・三重・静岡の各県社会人リーグの上位2チームが東海社会人リーグ2部への昇格を賭けて戦うトーナメント大会。岐阜県からは2008年岐阜県社会人リーグ1部1位の長良クラブと2位のFC川崎が参加。

FC川崎は残念ながら土曜日の試合で敗退してしまいましたが、長良クラブは静岡県社会人リーグ2位の浜松本田を3−0で破り日曜日の昇格決定戦に駒を進めました。

長良クラブは長良高校のOBチームが母体で、ジュニアチームもあるなど地域に根ざしたクラブチーム。2008年シーズンは岐阜県社会人リーグ1部を優勝した他、全国クラブチーム選手権大会(県社会人リーグ以下のクラブチームによるトーナメント大会)に東海地域を代表して出場するなど県を代表する強豪チーム。土曜日の試合では静岡県社会人リーグ1部の浜松本田を圧倒。豊富な運動量を武器に攻守で相手にプレッシャーをかけると共に緩急を使い分けたセットプレーで得点を重ねるなど非常に完成度の高い試合運びを見せてくれました。特に目に付いたのが背の高いサイドバックの6番の選手、中盤で運動量豊富な10番の選手、そして土曜日の試合で開始早々に弾丸ミドルシュートを決めて攻守ともにチームの要として活躍した20番の選手。(名前がわからず、申し訳ありません…。)土日と連戦にはなりますが県クラスではトップレベルとも言える完成度の高さでどこまでの試合を見せてくれるか、日曜日の試合が非常に楽しみでした。

対する伊勢ペルソナは三重県社会人リーグ1部1位のチーム。監督は元Jリーガーで四日市中央工業高校時代に小倉隆史氏や中西英永輔氏らと共に冬の高校選手権全国優勝メンバーの中田一三氏。東海社会人リーグ2部昇格を目指し、過去2大会連続で出場するも2年連続で敗退。「今年こそは!」の強い意気込みで大会に臨んできました。

日曜日の試合結果は2−1で伊勢ペルソナが勝利し悲願の東海社会人リーグ2部への昇格を決めました。長良クラブもよく頑張りましたが、連戦による疲れからか相手の攻撃に掛ける時間が長くすべてが後手後手に回ってしまい、前日に見せたような完成度の高い試合運びが出来なかった事が残念でしたね。せめて試合開始直後にゴールキーパーと一対一になったビッグチャンスを決められていれば体力を温存しつつ主導権を握った試合運びが出来たかもしれませんが…。



2009年シーズンから岐阜県社会人リーグ1部に昇格した我らがFC岐阜セカンドチームは、この長良クラブを相手にリーグ戦を戦うことになります。そして長良クラブ以外にもFC川崎など県を代表する強豪チームと鎬を削り合う事になります。岐阜地区や岐阜県社会人リーグ2部の頃のように圧倒的な点差で勝ち進む事はもう不可能でしょう。もっと上を目指すのであれば今まで以上に練習を重ねレベルアップを図る必要があります。

出来る事ならば見てみたい、来年の1月「東海社会人トーナメント大会」にFC岐阜セカンドの選手たちがピッチに立ち、東海社会人リーグ2部を目指して戦う姿を。そのためにトップチーム同様セカンドチームの試合にもできる限り足を運び、応援をしたいと思う。

[Kamihira]

2

2009/1/15  21:04

子どもも大人も楽しもう  イベント情報

「FC岐阜」Jリーグ加入記念イベント開催のお知らせ(岐阜市役所)

1月24日(土)岐阜市曽我屋の市北西部運動公園にて岐阜市主催による「FC岐阜 Jリーグ加入記念イベント」が開催されます。

岐阜市北西部運動公園地図

大きな地図で見る



午前中は岐阜市内の小中学生選抜チームとFC岐阜選手による試合が、午後からはFC岐阜の選手らと一般の参加者がボールを使ったゲームやレクリエーション、サイン会やお楽しみ抽選会などが行われる予定です。


選手と一緒に子ども達が触れ合うイベントは良くありますが、我々大人が相手をして頂くイベントはあまりありませんでしたよね。こんな機会は滅多にないと思うので、思いっきり楽しみましょう。

[Kamihira]

0

2009/1/14  19:08

さあシーズンが動き出すよ  イベント情報

新しい年を迎え早くも半月が過ぎましたが…、
皆さんあけましておめでとうございます(遅)

当ブログでは、FC岐阜の楽しさ、ホームゲームやイベントの楽しさなどを少しでも皆さんにお伝えできたらと思っています。

今シーズンも、よろしくお願いいたしますm(_"_)m。


2009年新体制・新加入選手記者発表のお知らせ(FC岐阜公式)

来週1月19日に2009年シーズンの新体制&新加入選手の記者発表が未来会館で行われます。通常この手の記者発表への参加できるのは報道関係者のみなのですが、

 なお、今回の記者発表は、ファン・サポーターの皆様にもご参加頂ける形式と
 なっておりますので、是非ともお越し頂きますようお願いいたします。

FC岐阜公式サイトより引用



何と今年は我々一般の者も参加できるとの事なのです。

※未来会館周辺地図

大きな地図で見る

新しいシーズンに懸けるチームや新加入選手の意気込みを生の声でいち早く聞くことができる絶好のチャンス。月曜日の午後ではありますが、行ける方はぜひ参加してみてください。


僕は仕事の調整がつかないため不参加ですが…(泣)

[Kamihira]

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ