2005/10/30

X-MEN その5  アメコミ

今週末ようやくおいらの御用達漫画屋Milehigh Comicsから漫画が来た。10月1日にDenverを出て東京まで4週間。時間がかかるのは、送料がそんなに高くないのでしょうがないけど、前は3週間くらいで来た。最近のアメリカは入り鉄砲だけでなく、出女にも厳しい。

まずは、早速読んだ今月の1冊Giant Size X-MEN #4。表紙はX-MENの画家Salvador Larocca相変わらず丁寧な画を描いてくれる。中身は新作1話と第二世代になった1970年代半ばのX-MEN の作品が並ぶ。新作を含め全ての話がDebut僅か3話で死んでしまったTHUNDERBIRDに関わるエピソード。

新作の方は1990年代に活躍したRick Leonardiが画を担当。昔はSPIDER-MAN 2099とか描いてたな。当時より画が良くなってる、味が出てきているんだよね。今の方が旬かなこの人の画は。話を担当しているのはChris Claremont。X-MENの中興の祖。僅か10ページの中に、T-BIRDとSTORMとの友情、リーダーCYCLOPSのばらばらなチームをまとめる苦労、PROF XのWOLVERINEへの説得のシーン等がちりばめられて、良くできている。
クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ