2017/7/22

生玉葱がスープと調和、渋谷「麺屋大和田」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
渋谷区道玄坂1−6−7
2017/07/15

前回の雷鳥から約二週間間が空いてしまった。この週は忙しくてラーメン屋さんに行けなかったな。この日は、郊外でまたまた野暮用。お昼は当然のラーメン。新宿のジムが休みなので渋谷に遠征。そこで、今回は渋谷の人気店を突撃。「豚骨魚介ラーメン」 780 yenを注文した。

具は、シナチク、生玉葱、ホウレン草、ノリ×1枚、チャーシュー×1枚。刻んだ生玉葱は煮干し系では結構定石。塩っぱい、そして煮干しなのか苦めのスープに調和している。チャーシューは、肩ロース。まずまず。

麺は、断面が長細い長方形で、太い。歯応えある。店名からはわからなかったけど、麺からして家系だね。

スープは、自慢の豚骨に魚介を加えたもの。家系だね。家系だからなのか、魚介だから塩っぱいのかはわからない。この苦さがなかったら、つまらなかったな。

8人で満席。新宿の思い出横丁のご飯屋さんみたいな狭さ。隣に座っていた女の人に水を注いでもらいました。ありがとうございます。確かにオイラの席からは水の入った容器は取りにくい位置にあったのだが、気を遣ってもらって申し訳ない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ