2019/3/30

少なめの煮干スープと麺のバランスが絶妙、外苑前「煮干乱舞Tokyo」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
都港区南青山2−22−2 石山ビル 1F
2019/03/20

ラーメン・アンテナを立て、リサーチしたところ外苑前と青山一丁目の駅の間、青山通りをちょっと入ったところに新しいラーメン屋さんを発見。3月にオープンしたばかりだ。早速、急行。メニューは二種類しかない。新店なので、まずはスープを安定させたいのだろう。「淡麗煮干ソバ(塩)」1,000 yenを選んだ。

具は、玉葱、水菜、麩×1枚、ノリ×1枚、チャーシュー×2枚、味付け鶉玉子×2個。鶉玉子には一味加えてある。低温調理された肩ロースのチャーシューも良いのだが、ラーメンの具としては珍しい麩が美味しい。これ日本酒に合う。

麺は、断面がやや細い正方形のストレート麺。煮干系のスープ時にはこのような細ストレートがよく使われるね。

スープは、煮干し。初めに味わった時には、ちょっと塩っぱいかなとも思った。しかし、それ程スープの量は多くないので、その量と麺の多さでバランスが取られている。絶妙。この少ないスープはつけ麺の熱盛りを髣髴とさせる。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ