2021/2/7

MJがKindred篇のヒーローだ、Amazing SPIDER-MAN 855(54)号、54LR号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します


Amazing SPIDER-MAN 54LRを注文したつもりが、855(54)号のvariantだったことが判明し、再注文した。2週間後に到着。漸く読めたので855号と54LR号をレビュー。(Legacy Numberとカッコ内はSpencer後の号数。)

855号の筋書をNick Spencer、画をMark Bagley、インクJohn Dell、54LR号の筋書をSpencerとMatthew Rosenberg、画をFederico Vicenti、Takeshi Miyazawaがそれぞれ担当。添付画像は855号のvariant coverでBagleyの作品。54LR号を慌てて注文したので、在庫があった普通の表紙を手に入れたが、Bagleyのvariantのデザインが優れている。

粗筋から。引き続きPeterとKindred(Harryと称している)が長い戦いを行っている。一方、Kindredがいるはずの墓地に、蜘蛛の力を持つ役立たず軍団とMary Janeが到着。待ち受けるのはSin-eaterとKindred。

どうも855号はこれまでの話のお浚い的な流れ。この号を飛ばして読んでも話は繋がる感。新事実はない。その中で一番良いと思ったのはBagleyの画力。彼がASMを担当した1992年の画と比較し数段品質が上がっている。見ていて物凄く綺麗だ。紙の品質が良いのも手助けしているが。

今回も気に入ったシーンや台詞等を紹介。過去の回想シーンが特に印象的。何故GwenやFlashのクロースアップのコマが良いな。一方、Peterを殺しては生き返らせの連続はちょっといただけない。

台詞では、最初の方のシーン。HarryがKindredの正体だと知ったPeterの台詞。”I don’t want to believe it.”そしてその次に、”I won’t believe it.”と来る。中学生でもわかる英語なのでだが、二つニュアンスの異なる台詞を続けるところが効果的。

Kindredが何をPeterにさせたいのかは謎のまま。これだけ引き延ばしてしょうもない結末だったら怒る。

ASM 54LR号の方が面白い。まずはMorlunの力を得たSin-eaterが無敵状態。だけど、ちょっと待て、そんなMorlunを簡単に始末できるほどSin-eaterは強かったのか。そうだとしたら、わざわざMorlunを倒す必要なんてないじゃん。矛盾。

Madam Webがわざと撃たれ、彼女の力を得たSin-eaterが未来を見るシーンは面白い。最後にNick Loweが書いたように自殺は何の解決でもないが…。この編集長のページは良いな。

既にMary Janeが看破したように、これまでのNormanの行動が芝居だったのは今回のクライマックス。このページのためにASM 54LR号はある。またまた疑問も生まれたけどね。じゃーSin-eaterの銃で撃たれたはずなのになんでってね。

彼の芝居を看破したMary Janeの台詞。”Don’t think even a single thing I do here constitutes forgiveness or even tolerance of you.” 彼女が一番のヒーローだ。

もう一つ良かったのを忘れていた。最初の数ページはSpectacular SPIDER-MAN 200号の一部分を再録している。凄く効果的。最終話ASM 856号を読むのが待ち遠しい。手元にあるので、今日読むけどね。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ