2005/4/29

アメコミが来た  アメコミ

今日は趣向を変えてアメコミの注文の話。毎月初にほしい漫画をネットで注文し、何ヶ月か経って注文した品が来るサイクルを繰り返している。記録を確認すると、今週来た漫画の大部分は今年の1月初に注文したもの。注文先はMilehigh Comicsっていう漫画の小売店。

Milehighは、これまで定期的に利用した小売としては3代目。注文した品が確実に手に入るので気に入っている。悪いところは、どんな内容なのかわからないうちに注文するので、しょぼい作品が到着したり、良い作品を注文し損なうリスクがある。なので控えの小売3社にも不定期に注文を出している。10年くらい前までは郵送で注文してたけど、インターネットのお陰でらくらく注文に変わった。

写真は来てから収納する前までの様子。
@Package。コンパクトかつ中の漫画が折れたり破れたりしないようになっていている点ではGood。しかし開けるのが面倒くさい。他の店は大きな箱に、古新聞か発泡スチロールの緩衝材を入れ漫画を入れている。古新聞はともかく、緩衝材は、eco-friendlyじゃないし、日本の冬は静電気のおかげで、手にくっついてはなれないので、嫌いだな。
AOpened Package。Packageの中も、ぴたっとビニールの袋に漫画が収納されておりGood。
BRepackage。専用のBacker Board(折れないよう補強するボール紙)をPlastic Bagに入れ、到着した漫画を一冊一冊丁寧にその中に入れた後。

今回は全部で10冊到着これから2週間ぐらいかけて読む。

0

2005/4/25

一点張とラーメン・ダイエット  ラーメン

一点張 港区赤坂3-7-9
2005/4/25

赤坂シリーズ第4弾。

辛味噌700 yen。(小ライス150 yenはちょっと高かったので注文せず。他にチャーハンを注文しているお客さんも結構いた。ちなみに600 yen。小ライス100 yenにしてください。お願いします。)

具はさやえんどう、白葱、しなちく、チャーシュー。

辛味噌味はうまい。「野菜が入ってますよー」って感じで寸胴鍋に野菜が積んでありました。

麺は、中太、縮れ麺。元はとれるかな。

今日の本題。このBLOGを開始してから、最初は近場、そしてネタがなくなるとどんどんと遠方に行くようになった。1軒を除き全て徒歩。良いね、この歩く感じ。心なしかウエストが細くなってように感じる。あくまで感じる。体重は変わらず。

ラーメンで痩せる筈はない。それは絶対期待したらダメ。あくまで、地下鉄一駅分ぐらい歩いてるからだね。知人のやってるBLOGで散々理論はやってるので、理論はそちらに。あと、今日みたいにカプサイシン入りは、効いているかもね。(韓国焼肉ツアーにも挑戦したい。本当に痩せるのかな?)
0

2005/4/23

EXCALIBUR  アメコミ

今日はEXCALIBURの話。今は同じタイトルで全然違う話をやってるけど、正直今のシリーズはつまらないね。特にX-MENの悪役Callistoの手が蛸の足になってるのはUgly。途中で買うのをやめてしまった。

写真のTrade Paperback(“TPB”)は1987年に出た “EXCALIBUR”。X-MENの姉妹誌でこのTPBの後にRegular Seriesの連載が開始され1998年の夏125号まで続いた個人的には結構好きな作品だった。めずらしくアメリカが舞台でなく、イギリスが舞台。ただ途中メンバーの入れ替わりがひどいし、Artistが途中からしょぼいやつらばっかりで、ちょうど日本のアニメがアメコミに取り入れられてきた時期にあたり、ジャパン・アニメチックな作品を毎月読まされ辟易とした。何度買うのをやめようと思ったことか。

画はAlan Davisが担当。好きなArtistの一人だな。この人の画はやさしくて良いね。最近はUNCANNY X-MENを担当しているけど、本当に安心して読んでられるよ。X-MENは本当に最高のArtistsを使ってくれて嬉しい。映画SPIDER-MANのコミックス版も彼が描いててビックリした。オープン戦の最初の方にエース級が登場するのとちょっと似てる。

物語はCyclopsの娘Rachael SummersがMojoの手から逃げ出し、追手2組からCaptain Britain他が助けてEXCALIBURが最後に結成されるって流れ。Captain Britainの話はこの作品が出る前からAlan Davisが描いてるんだけど、彼が描いたCaptain Britain のTPBが2冊出てるな。昔から多元宇宙が良く使われてたことがわかる。EXCALIBURでもChris Claremontが話を担当し、Alan Davisが描いてる時は多元宇宙がバンバン使われていたね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/18

ラーメン秀  ラーメン

ラーメン秀 港区赤坂2-17-58福住ビル1F
2005/4/11

赤坂シリーズ第3弾。

黒玉800 yen。もう限界の価格設定。もう少し安いラーメン700 yenもあったけど、秘伝マー油を使っている「黒」に惹かれた。周りの人も50%の確立で黒玉を注文していた。

具は、青葱、きくらげ、分厚いチャーシュー×2。チャーシューは柔らかいほろほろ系。玉子はスモークされ、黄身はオレンジの好みのタイプ。

スープはうまい。にんにくがきいてる。飲み干しそうになったのを我慢した。これだけでこのBLOGに載せる価値あり。

麺をもう少し太くしてくれたらな。博多ラーメンだし無理だよね。
0

2005/4/16

BATMANその4  アメコミ

先週に引続きBATMAN。今年の映画公開が待ち遠しい!

写真のTrade Paperback(“TPB”)は1989年に出た “The Demon Awakes”。1971年BATMAN 232号、1972年242号から244号まで、1973年255号を収録。1話を除き、画はNeal Adamsが担当。前にも書いたと思うけど、昔はBATMANと言えばこの人の描いたものが一般的だった。最後の話は他の話とは独立しているけど、構図が良いコマが沢山あって好きだな。

最終話を除き全てThe Demon, Ra’s Al Gulとの戦いの話。どうも、1話目と2話目との間に時間が空いてて、違和感がある。多分その間にRa’s との戦いは続いたはずなんだ。 もしかしたら、この間の話が“Bride of the Demon”っていうBATMANことBruce WayneがRa’s Al Gulの娘Taliaと結婚する話なのか?よくわからん。この話も読んでいるはずなんだけど、どこでだか完璧に覚えてない。絶対持ってるはずなんだけど見つからない。日本語版かな?Graphic Novelかな?

いずれにせよ、結構BATMANはもてる。今度の映画BATMAN BEGGINSの原作でもCAT WOMANと良い関係だし、SupermanやSpider-manと比べても回りに魅力的な女性が多いね。それももしかしたらBATMANの醍醐味かな。

残念なのはこのTPBが白黒ってところだな。アメコミってのは、カラーが前提で描かれてるから日本の漫画みたいにスクリーン・トーン(ポツポツとか斜線とかを原画に貼り付ける便利なもの)は使用しない。従って、カラーじゃないと何かしまらないんだよね。1970年代後半の月刊スーパーマンとか光文社のマーベルの翻訳版も、見た感じ寂しいんだなこれが。光文社の翻訳版は、寂しさを埋めるため、インクを黒でなく青とか茶色とか使って、不思議な雰囲気だったけどな。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/11

山王流  ラーメン

山王流 港区赤坂2-13-13(多分)
2005/4/11

先週に引続き赤坂シリーズ続行。2つタウン誌には載っているけどやってない店発見。ラーメン屋さんを続けるのは大変だと実感。先週行ってタウン誌には載っていなかったこの店を見つけていたので、つぶれた2つの店の代わりにこの店に入った。

ラーメン600 yen。半ライス100 yen。

具は白葱、のり×3、ほうれん草、チャーシュー(そこそこ大きい)。ちなみに最近、スープに漬かったのりでライスを巻いて食べるのが、のりの有効活用だと確信しています。席の前の説明はスープにそのまま漬けて食べると書いてありますが・・・。

醤油味。たぶんとんこつが入っていると思う。家系ラーメンと謳っているのでそうに違いない。味は天鳳のものに似てるな。席の前に豆板醤をいれるとさらに美味しいみたいな漫画の説明が書かれているので素直に試した。おいしかった。

麺は太麺。麻布ラーメンでも誉めたけど、ここの麺ももっちりしているな。固めで注文して正解。
0

2005/4/10

BATMANその3  アメコミ

多分BATMANのことを書くのは3回目のはず。

写真のGraphic Novelは1990年に出たBATMAN 3D。話と画はJohn Byrneが担当。前にも書いたと思うけど、私は1979年にこの人の描いたX-MENを読んでX-MENに取りつかれた。過去John Byrneってだけで、しょうもない作品まで買って後悔したことが何度かある。この作品は買って良かったくち。

3Dっていうと、子供の頃東映まんがまつりでイナズマンの3D作品を見た。途中で赤と青のメガネをかけて下さいって主人公が観客に向って要請するシーンがあって興ざめした記憶がある。ユニバーサルスタジオでのアトラクションでは黒いメガネを使ってるよね。黒メガネ方式は筑波万博で見たのが最初かな?いずれの方式も人間や目が前についている動物が、左右の目で異なったアングルから映像を見て立体感を認識する原理を使っているはず。

このBATMAN 3Dは赤と青のメガネをかけるパターン。ちなみにメガネは1950年代のBATMANのマークをかたどっている。話はJoker, Penguin, Riddler, Two-faceが、ある人物を誰が先に殺害するかを競う話。「その2」でも書いたBATMANの醍醐味「推理力」が活かされた作品。内容まずまずだけど、赤と青のメガネをかけながら、字を読むのはつらいな。話自体複雑ではないので、3Dでなかったらささって読めちゃうんだけどな。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/7

白湯麺 鳳  ラーメン

白湯麺 鳳 港区赤坂2-14-28鳳月堂ビルB1
2005/4/7

最近Page Viewが増えてきました。ありがとうございます。
さて、月曜に行った店が失敗だったので、気を取り直して、今回から赤坂シリーズ。

白湯面780 yen。杏仁豆腐付き。クーポンを使い味付き玉子100 yen相当を注文しました。(ラーメン屋さんで、初めてクーポンを使った。)

具は、白葱、炒めたキャベツ、しなちく、鳥団子×2。それから、どうしても名前のわからない野菜が乗ってた。キャベツが甘くて美味しいね。

麺は平打ち麺。このBLOGを始めて、初の平打ち麺との出会い。美味しいですよ。

だけど、やっぱり美味しいのはこの白湯スープ。危うく飲み干しそうになりました。クーポンのついてたタウン誌でも人気店と書いてあったけど、わかる。値段はぎりぎりだけど、美味しいので許す。

あと、杏仁豆腐も自家製っぽくて、良いね。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/2

THORそしてSPIDER-MAN  アメコミ

今日は写真のCharles Vessが描いた2作品の話。

写真右は1980年代MarvelがGraphic Novelsと称して価格を高めに設定した作品を次々と発表した時期に出た作品。最近Mos Burgerが客単価を上げるため匠シリーズを発表したのと同様の作戦だな。

日本人好みの繊細な画が得意のVessが丁寧に北欧神話の世界を描いている。読み返してみて再評価。妖精ものが得意だね。Amazonで検索したところ、その他にもPeter Panの漫画や絵本を書いているみたいだ。あと手を広げたくないので読んでないけどSandmanも描いてるのかな?

内容は先週紹介したThorの外伝みたいな感じ。北欧神話の全能神Odinの象徴Raven Banner(カラスの旗)をTroll族から主人公が取り戻す話。作品全体の中で、Thorが出てきたのは、たったの2コマ。入手当時物足りなさを感じた気がする。

一方左の作品は、Scotlandを舞台にSpider-Manが新妻Mary Janeとともに活躍する話。

この作品を読み返して見て、Scotlandに行きたくなった。無茶苦茶牧歌的な風景。昔石で作られた砦の後がきれいだ。後書きにScotlandのスケッチや写真があり、それらを作品に上手くちりばめたのがよくわかる。

内容は1960年代から1970年代の弱虫クルッパー(原題は映画でお馴染みScooby-Do)みたいだな。幽霊(妖精)騒ぎで村の住人を脅かして悪いやつら(Hellfire Club)が村を乗っ取るのをSpider-Manが防ぐもの。

Amazonで見たら、品切れになってたけどこの作品は良い。最近の作品を読むのも良いけいど、これは買っても損しないな。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ