2005/6/29

光麺原宿店  ラーメン

光麺原宿店 渋谷区神宮前6-2-8
2005/6/28

原宿シリーズ第3弾。
またまた無理やり用事を作って原宿に。JR原宿駅の階段に派手に宣伝しているこの店にやっと来た。
光麺650 yen。(お昼は半ライス、味付玉子、杏仁豆腐の一品からただで選択できる。)この選択システムが最初は理解できなかったので、半ライスを最初に注文。味付玉子にして、半ライスをお金出しても注文すべきだった。

具はホーレン草、あげた玉葱、白葱、チャーシュー。それと、漬物が入っていたけど、漬物自体嫌いなので、無視。

スープは醤油味。塩味を注文しても良かったが、細麺との組合せなのでパスした。結構スープは昔風の醤油ラーメンのスープだけど醤油の味が強くなく美味しかったね。

麺は中太麺と書いてあった。(それ程太くはない。)歯ごたえを重視した麺。

原宿でこの値段設定は貴重。十分美味しい。
0

2005/6/25

BATMAN その8  アメコミ

ついに鑑賞BATMAN BEGINS。

今までのBATMAN映画の中で最高傑作はこれだね。
筋肉がなくて、かっこ悪いMichael Keatonじゃなくて、今回はChristian Baleが主役。ちょっとやりすぎの筋肉。スーパーヒーローはこれでなくちゃ。

どんでん返しもあるけど、悪役も派手派手じゃなくて良いね。Tim Burtonやその後の監督の極彩色の悪人じゃ嘘っぽいんだよね。Scarecrowは心配してたより全然まとも、ストーリーをうまくつないで真打のRA’S AL GHULにつないでるよ。ScarecrowはOmenのDamianが大人になったようなやつだな。

渡辺謙さんは、ちょっと扱いが低いぞ。試写会の感想で存在感がうんぬんってコメントがあったけど、それほどじゃないな。役そのものの奥が浅い。(謙さんの演技力の問題じゃなくて。)

Bat-mobile(BATMAN-CARって言い方はださい。)は今回もかっこ良い。唯一これまでの作品で認めるのはBat-mobile。Michael Jacksonが欲しがるのも無理はない。

ストーリーはFrank MillerのYear Oneを可能な限りなぞってる。良いぞ。CATWOMANが出て来ないのが残念。

もしこの続きが映画で出るとしたら、絶対CATWOMANを再登場させてほしい。Jokerはもっと後の時代の悪人だからね。

最後に残念なのは列車事故のシーン。関西のJRの事故の後で、それを思い出させるシーンがあった。ついてないなWarner-Brothers。日本でのヒットはちょっと望めないかもね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/22

かおたんらーめん赤坂店  ラーメン

かおたんらーめん赤坂店 港区赤坂6-3-15J赤坂ビル1階奥
2005/6/22

赤坂シリーズ第7弾。

お昼頃まで雨が降って、気温が低かったので、ラーメン屋へ直行した。今年の3月3日に行ったかおたんらーめん本店の姉妹店。乃木坂から赤坂へ行く途中にある店。店が奥にあるのでちょこっとわかりにくい。

今日は思い切って五目そば850yenに挑戦。半ライス無料。(大盛りでも無料みたいだ。)

具は白菜、にんじん、たけのこ、きくらげ、さやえんどう、豚肉、玉子半分。白菜がたくさん入っていて美味しかったね。玉子は中まで黄色でもう一歩。豚肉はたっぷり入っていたよ。具はお袋がつくったラーメンみたいだ。(味はぜんぜんプロの勝利。)

スープは相変わらずおいしい。ただ今日食べた醤油味より前食べた塩味の方が断然スープの味が生きていて良かったな。ここの店は塩ですよ。

店の人が注文を待っているときに、丁寧に麺をほぐしているのを見て、麺に対する思い入れを感じたよ。出来上がりは、何も言わなくてもちょうど良かった。
0

2005/6/19

BATMANその6  アメコミ

いよいよ公開BATMANの話、その6。

本当は公開初日に行きたかったけど、金曜日は大阪へ出張、そしてそこで高校の友達と飲んだので、パワー・ゼロ。今週中には行きたい。

先月から今月にかけて、BATMAN関連の本を3冊買った。ちょっと財布の紐がゆるゆる。
@小学館プロダクション「バットマン・パーフェクトガイド」(写真は表紙)、Aバジリコ「バットマン・ハンドブック」、Bジャイブ「テールズ・オブ・ザ・デーモン」だ。

@はSPIDER-MAN、X-MENに続くパーフェクトガイドもの、1990年代からのBATMANの物語を中心に登場人物を紹介している。COMIC BOOKから転載された画はともかく、オリジナルの画はもう一歩だな。

AはどうやったらBATMANになれるのかという内容。著者は@と同じ。だから、カバーされているところが結構似ている。

Bはその4で書いたRA’S関連の話の翻訳版。Neal Adamsの画だけなので多少物語がわかりにくい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/14

らーめん山頭火 原宿店  ラーメン

らーめん山頭火 原宿店 渋谷区神宮前6-1-6
2005/6/13

ダイヤリーの設定画面やなんかが変わってから、なんかうまく投稿できない。
変だぞAOL!

最近、ちょっと感動するラーメンとの出会いが少なくなってきた。
限界か?
まず、ちょっと暑くなってきて、ラーメンを食べに行くために歩くのがしんどくなってきた。行きは期待感が高まり暑さもやわらぐが、帰りは食べた後なので、体も燃焼しまくり、会社に帰ると汗だくだくという日もある。真夏のラーメン探訪は無理だな。

さて、先週に引続き、原宿に挑戦。用事を無理やり作った。前回行きたかった山頭火についに入った。
しお800 yen。ごまをちりばめた俵型おにぎり1個付き。

具は、なると、しなちく、白葱、チャーシュー×2.5、小さい梅干、きくらげ。結構種類が豊富。
「なると」ってのも、昔のラーメンの具っぽくて良いよね。チャーシューの歯ごたえもGood。

麺は固めで注文。とんこつなのに、縮れ卵麺。絶対そうめんみたいなストレート麺よりこっちの方が良い。

スープはとんこつの臭みなし。多分今まで食べたとんこつで1,2を争う美味さ。麺とのあわせ技で1番か。単純な塩ラーメン以外でスープを飲み干しそうになったのは、おそらく初めて。満足。

値段がちょっと高い。あと50 yen下げたらさらに嬉しい。
0

2005/6/11

BATMANその6  アメコミ

公開間近!先月に引続きBATMAN。

今回も傑作選。写真は1989年に出た“The Greatest Batman Stories Ever Told”。中央公論社か近代映画社から日本語版も出ている。但しこれはイギリス版。

姉妹版と同様前半は1950年代の作品が多くて、あまりおもしろくない。後半にはNeal Adamsの作品が2本、 Walter Simonsonの作品が1本と、充実している。ロック・アルバムの場合、7曲、8曲入っている中にたった1曲しか良い曲がないと、あまりそのアルバムを聞かなくなる。1曲じゃもの足りない。こういう傑作選も同じ。もし1作品しか面白くなかったら、再度読み直す気にならない。このTrade Paperbackはあたり。

表紙(写真)の画はJerry Bingham(“JB”)の作品。日本語版にはないけど、このイギリス版には、RA’S AL GULが登場する “Son of Demon”が収録されている。JBが画を担当。80ページ弱の長編。この作品の中で、BATMANはRA’Sの娘Taliaと結婚する。それで話は終わらないけど、下げ(タイガー&ドラゴンの影響)は書かない。(結構おもしろい。)クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/8

石釜らーめん田田(でんでん)  ラーメン

石釜らーめん田田(でんでん) 渋谷区神宮前6-?-?
2005/6/8

昨日食べたラーメンの麺がひどかったため、今日再挑戦。原宿に用事があったので原宿で見つけた店に入る。場所は神宮前の交差点から表参道駅に向って歩いてすぐ右の地下にある。本当は山頭火に行こうと思ったんだけど、ちゃんと調べなかったんでわからなかった。

石釜醤油700 yen。に挑戦。

具は、白葱、チャーシュー、しなちく、ゆで玉子半分。ちゃんと玉子の中身はオレンジ。

麺は太麺。石釜の名の通り石焼ビビンバの器(英語でStone Bowl)に入って出てくる。正直熱かった。そんなスープに浸っているので、太麺じゃないと絶対すぐ伸びる。南風花食品が製造。(業界で有名かどうかはわかりません。)

スープはとんこつ醤油。猫舌用にお茶碗がついて出てきたけど、最後の方まで単にれんげ置きだと思ってたのであまり使用せず。
0

2005/6/4

BATMANその5  アメコミ

1ヶ月半振りでBATMANの話。いよいよ今月公開!

写真のTrade Paperback(“TPB”)は1989年に出た “The Greatest Joker Stories Ever Told”。 中央公論社か近代映画社から日本語版も出ている“The Greatest Batman Stories Ever Told”の姉妹編。後にPENGUINとCAT WOMANが出てくる“The Greatest Batman Stories Ever Told Volume 2”も出版されたけど、内容の面白さではJOKERの勝ち。

表紙の画はBrian Bollandの描き下ろし。今までのBATMANの話の中で最高傑作の一つだと思っている“Killing Joke”を描いている人だ。(日本語版もJiveからでてる。)一枚描くのにすごい時間がかかるんだろうなって作品だな。上手い。

中身は傑作選。1950年代の作品が多くてこの辺はあまり、おもしろくない。後半のNeal Adams、 Walter Simonson、 Marshal Rogersが描いている作品が画、話両面ですごいな。1970年代半ばから1980年にかけての作品群だ。

そう言えばRA’S AL GULが出てくる話を集めたものがJiveから日本語版で出たね。先々月このBLOGに書いたNeal Adamsが描いた作品も入っているんじゃないかな?(実際内容を確認してないので断言はできないけど。)
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ