2006/3/30

めん徳二代目つじ田(2回目)  ラーメン

2006/3/30

会社を休んで面倒くさい試験を近くで受験。その前に、この店を6ヶ月ぶりに再訪。11時開店だというのに11時前に4人並んでいた。こりゃまずいと自分も並び開店を待った。今日は普通のラーメン700 yenとライス150 yenを注文。150 yenのライスはちょっと高いよ。

具はしなちく、のり、白葱、チャーシューとシンプル。前回もチャーシューが結構やわらかくておいしいと感じたけど、満足。さすがこの辺で人気が高いのも頷ける。

麺はつけ麺と同じ麺。熱いスープに入っていてもアルデンテ。評価高し。

スープは相変わらず、かつおとその他の魚介の香り。美味い。また、備え付けの黒七味を入れるとまた、違った味。これも是非とも試してみなければもったいない。
0

2006/3/26

X-MENその9  アメコミ

今回は疲労の極限にある中でBLOGを更新。あまり中身なし。
ついに先週まで手に入れることが出来なかったX-MEN DEADLY GENEASISの1号の初版を入手。やっぱこの表紙が一番かっこ良い。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/20

尾道らーめん  ラーメン

尾道らーめん 渋谷道玄坂2-4-5
2006/3/17

実は今週はラーメン屋さんに行く機会がないので、先週2回行ってしまった。場所は渋谷。またまた会議のついでに行ってしまった。この店は結構前からラーメン激戦区渋谷で商売していて、かつ、生き残っているのでいつか行ってやろうと思っていた。

尾道らーめん500 yen、煮玉子50 yen、半ライス100 yen。安い!

具は、しなちく、のり、白葱、ほうれん草、かいわれ、そしてチャーシュー。チャーシューは500 yenのラーメンに入っているにゃーでかい。

麺は固めを注文。皆さんもそうするべき。平打ち麺。

スープは、鯵(あじ)、小魚の出汁と店に書いてあった。醤油あじがおいしい。出汁の前に、削り節を店員さんが入れていたのを見た。あと豚の背油らしいのが浮いているのが尾道ラーメンの特徴か?(昔違うところで食べたのもそうだった。)スープの量はそんなに多くなく、飲み尽くすことも可能だった。

安くてそこそこ美味しくて結構満足でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/19

X-MENその8  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
写真は、先週来たX-MEN DEADLY GENESISの1号(写真左)と4号(写真右)。

1月の下旬に「通販って難しい」ってのを書いた。その中でX-MEN DEADLY GENESISの1号の別な表紙を載せた。その話の続きみたいになっちゃうけど、今回この漫画屋で注文したのは1号の初版もののつもりだった。だけど来たのは、Variant Cover(表紙を変えて売上を上げるための道具)初版の在庫はないのか?。

不幸中の幸いなのは、表紙が前回買ったVariant Coverと今回来たものとが違う点だ。こうなってくるとどうしても1号の初版本が欲しくなってくる。

やっぱり通販は難しいね。
0

2006/3/15

らーめんむつみ屋 青山一丁目店  ラーメン

らーめんむつみ屋 青山一丁目店 港区北青山1-3-3
2006/3/15

このBLOGを始める前に一度訪問したことがあるものの、チェーン店だからいつでもどこでもいけるという安心感があり、今までご無沙汰でした。香味つけ麺750 yen、半ライス100 yenを注文。そしたら、隣の人も、そのまた隣の人も同じものを注文していた。

具は、しなちく、白葱、ゴマ、唐辛子、チャーシューは長いのが2枚。型崩れしないのと同時に固くもない。

麺は普通の太さ。この店では普通の醤油とかに入っているものはもうちょっと細い麺。断然つけ麺の麺の方が良い。色は茶色っぽい。さがみ屋製麺製らしい。(ときどき製麺屋さんの名前を書くがあまり役に立たない。)

スープはメニューに煮干が入っていると書いてあった。もう少し濃くても良かったか。とりあえず美味しい。

結論、別にチェーンでも良いじゃない。いつ行っても、ある程度の品質は保証されてるっていう安心感があるよ。麺屋武蔵だって、ラーメン二郎だって店増やしてるんだから。ただどこのチェーンでも良いってわけではないけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/12

FANTASTIC_FOURその7  アメコミ

先週から無茶苦茶忙しくて、正直アメコミどころじゃない状態。だけど、アメコミのことだったらネタ切れすることはないと自負しているおいらのプライドが無更新を許せない。なのでなんとか更新しよう。

写真はマーベルファンクラブのプレゼントであたったもの。市販のものなので別にプレミアムは付かないけどね。いろんな選択肢から誰も選びそうもないものを選んだら当たった。

マーベルファンクラブの担当者の方、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。(時間が経ってからのお礼ですみません。)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/10

俵屋 新橋店  ラーメン

俵屋 新橋店 港区西新橋1-14-12
2006/3/6

この日は霞ヶ関に用事があり、仕事を午前半休。仕事場へ午後のお勤めに戻る途中にこの店に寄った。チェーン店らしい。売りが何種類かあるうちの「北海味噌ラーメン」を注文。650 yen。半ライス100 yen。

具は、キャベツ、コーン、にら、わかめ、もやしのみ。肉を入れてください。肉がないと。

麺はちょっと太め。
スープはあっさり白味噌。くどくないところが買い。まずまずか。しかしスープの量が多い。半ライスも残してしまった。ごめんなさい。
0

2006/3/5

FANTASTIC FOURその6  アメコミ

映画に行ったけどやっぱりDVDも買ってしまったFANTASTIC FOUR (以下 “FF”)。昨年の9月以来のFFネタ。

写真右はオマケでついていた日本語翻訳版コミックス。これを目当てにちょっと高めの<特別編>を購入。編集は新潮社が担当。面白いのは次男が中身を見て日本語になっているに驚いていた点だ。彼の中では父親の読んでいる漫画は全て英語なんだな。

しかし、中身はおいらが期待していたものには程遠い。そもそもおいらがアメコミに入っていったのは非日本的作風に惹かれたから。なのにこのオマケの日本語版の画の担当は全て日本人だ。たしかにグリヒルさんなんかは結構完成されたものをもっている。だけどおいらの好きなアメコミは違う。これらはあくまで「マンガ」だ。今アメリカでも大きな流れとなっているけどね。

他に日本語版に翻訳して欲しいFFの作品は枚挙に暇がない。FFの230号台から290号ぐらいまでのJohn Byrneの作品、300号付近のBarry Windsor Smithの作品、Volume 2か3のAlan Davisの作品等過去にすごい作品が数多く出ている。こういうのを先に翻訳して欲しかったな。もちろん光文社で翻訳されたFFの続きでも良いな。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/1

赤坂 松園  ラーメン

赤坂 松園 港区赤坂6-4-21
2006/2/28

赤坂シリーズ第18弾。

また、歩くためにも赤坂で新しい店を開拓開始。
今回は中華料理屋。なのでアルデンテは期待せずに挑戦。店の前に2月限定と書いてあったので、つい入店してしまった。(限定に弱いな。)

中国雪菜と細切り豚のとろみ塩ラーメン800 yen。

具は雪菜(?)、たけのこ、白葱、豚。

麺は予想通りアルデンテでない。

スープは香港に住んでいた時に食べた「酸っぱい辛いスープ」のようなとろみがある。結構熱くて唇を火傷してしまった。このスープは結構うまかった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ