2006/8/26

X-MENその11  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
8月22日(火)にX-MEN 3の試写会に行ってきた。Foxさんありがとう。もしSUPERMAN RETURNSとX-MEN 3とどちらか選べと言われたら、ぜったいX-MEN 3を選ぶ。まだ観てない人へのアドバイスは、「エンドロールが終わるまで絶対帰るな」だ。(ちなみにエンドロールは和製英語だということがわかった。WikipediaによればEnding Credits。一番最初にタイトルと出演者を表示するタイトルロールも英語ではOpening Credits。)

良いところはネタバレになるので多く語れないが、監督がBrian SingerからBrett Ratnerに変わり、良くも悪くも雰囲気が明るくなった。X-MEN 1、2では、勝っても明るくないんだけど、X-MEN 3では何か希望のようなものが最後に残ったな。また、今回はアクション満載だ。

出ている出演者ではKitty役の女性というか女の子の演技に、小さいのに戦わなければいけない悲壮感みたいのがでていて良かった。またSTORM役のHalle Berryの髪型が良かったな。(オスカー女優なのに、インタビューでえらぶらず質問に答えている姿が好印象だった。)今回新しく出てきたX-Man、COLOSSUSのCGなくして実現できない鋼鉄の体も良かった。

MAGNETO役のIan Mackellenの演技も秀逸。あくまで “Us vs. Them”ということしか考えられず、目的のためには手段を選ばない姿が良いね。

多少苦言を呈するとMutantsが多すぎて誰が誰だかわからない。Ending Creditsに「そんなのいたっけ?」という人がいた。なので絶対DVDを買って再度チェックすることにした。あとCYCLOPSの今回の映画での役割に不満がある。個人的にはこのX-Manを1979年以来一番気に入っているので、残念だ。James Marsdenが出られないなら、別の役者を見つけて代役にするべきだった。最後に副題Final Decisionは何故?別に原題のThe Last Standで良いじゃない?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ