2006/12/30

SPIDER-MANの20  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
おそらく、今年最後の更新。写真は、Friendly Neighborhood SPIDER-MAN 14号の表紙。ようやく画の質に疑問があった画家WeringoからScot Eatonに交代。独自色が打ち出せないScotにも不満はあるが、Weringoよりましだ。

SPIDER-MANが正体をPeter Parkerであると明かして以来、いろいろなことが起こっている。今回は短い間Peterと付き合っていたDeborah WhitemanがPeterに関する暴露本を出すところから話がスタート。アメリカ版石原真理子か?!また、IRONMANの考え方に反旗を翻したPeterがどう正体を隠し生きていくかが、今後のこの話(Arc, “Taking Wing”)の中心となっていくようだ。

おっと、忘れてたけど、Costumeがこれでなくっちゃの赤と青に戻った。来年早々には映画と連動して、黒白に変わるみたいだけど、とりあえず一安心。
0

2006/12/27

康竜赤坂店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区赤坂3−20−8
2006/12/19

間違えなければ赤坂シリーズ第25弾。先週発見した「澤兌」から目と鼻の先。自分仕立てラーメン750 yenとライス100 yenを注文。ここも長いこと存在はしっていたが、場所がわからんかった。

具は青葱、チャーシュー×1。それに自分仕立てということで複数のトッピングから4品を選べるお得なシステム。半熟玉子、高菜、のり×2、豚の角煮を選択。他にダブル青葱が選択肢にあった。それは選ばないよね。高菜はご飯にかけてほしかった。

麺はよく博多とんこつにある細いストレート麺。硬めで注文。これでよし。

スープは、豚骨。実は癖もあまりなく、珍しくどんどんと飲んでしまった。辛子味噌が食欲に火をつけてしまったか。

出てきたライスが100 yenのわりに少なくて、お客さんの健康にも気を配っているのかと突っ込みたくなった。その気配りに感謝しつつ替え玉までは手を出しませんでした。ご飯の量以外は結構評価が高いな。個人ランキングでは、豚骨部門で九州ジャンガラを抜いたな。
0

2006/12/24

ONSLAUGHT REBORN その1  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
先週紹介したようにRob LiefieldがMarvel Comicsに帰ってきた。5話完結のLimited Series “ONSLAUGHT REBORN”だ。

話はJeff Loebが担当。確か彼はBATMANの “LONG HALOWEEN”や “SPIDERMAN BLUE” 等の話を書いた人だ。いろいろ伏線を張っていくのが得意な人で楽しみだ。ただ5話でどこまで複雑にできるかはわからないが。

第1話を読んだ感じでは、X-MENを中心としたものではなく、FANTASTIC FOURのReedとSueの長男Franklinを中心に話が進むようだ。Robが結構力を入れて描いている印象を受けた。また、これからどうなるかわからないけど、CAPTAIN AMERICA (“Cap”)を表紙にもってきているのも興味深い。10年ぐらい前のHeroes Rebornの中で彼はCapの原作と画を担当してたけど、途中でMarvelと方針が合わなくて降板した経緯がある。今回の作品は、彼にとっての復讐戦か?

あまりビジネス書は読まないけど、洋の東西を問わず、好評なので読んでみるのも良いかなと思ったので、先週の木曜から、Thomas L Friedmanの “The World Is Flat”を読み始めた。図書館に予約して6ヶ月ぐらいはかかった。長い話でアメコミにあまり力を注げない。
0

2006/12/23

都麺澤兌  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区赤坂3−21−12 
2006/12/19

このBLOGを始めた頃から、このお店の名前だけは知ってた。だけど何回も赤坂に行って探しても全然見つからずあきらめてた。ついに見つけた。最初は縄のれんの字でラーメン屋さんらしいと気づいたけど、店の名前はわからなかったね。

醤油ラーメン、650 yenとねぎ飯250 yenを注文。

具は、しなちく、青葱、玉子×1/2、チャーシュー×2。玉子の中身はオレンジです。しっかり味が染みてgood。

麺は普通よりちょっと太いぐらい。固めを注文したら良い感じで到着。

スープは鶏がら。唐辛子が入ってる。豚の背あぶらが浮いてる。この単純なスープの味が一番。見つけられて良かった。

ねぎ飯は、青葱と縮緬ジャコ。醤油とごま油で味付けられていて、美味しい。
0

2006/12/17

ラーメン直久 青山店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区南青山1-1-1 青山一丁目ツインビルB1F
2006/12/11

会社からは近い場所にあるこのラーメン屋さん。都内に何店か展開するチェーン店。とんさいラーメン塩600 yen、半ライス100 yenを注文。

具は、キャベツ、にんじん、江戸菜、もやし、チャーシュー細切れ。この値段でこの野菜の量は評価できる。(ラーメン二郎の圧倒的な野菜の量にはかなわないけど。)

麺は平打ち麺。具、麺、スープ中では一番評価が高い。

スープのベースは豚骨か、だけどスープに臭みはない。

ストライクゾーンには入っている。だけど、結局何が「本場の味」なのかは、わからなかった。
0

2006/12/16

BATMAN その13  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
写真は、New England Comicsから送ってきた手紙についていた切手。おそらくBATMAN 1号の表紙を切手にしたもの。日本でも「鉄腕アトム」や「サザエさん」を切手にしているので発想は新しくないけど、BATMANは初めて見た。

今日のネタは中身があまりないので、次に最近読んだアメコミで気になった表紙。正確に言うと懐かしいかな。CABLE & DEADPOOL 33号の表紙。CABLEの生みの親だと思うけど、Rob Liefieldが表紙を担当している。Marvelには不定期に作品を描いているけど、CABLEは久し振り。味があるんだよね。今度は “ONSLAUGHT REBORN”で画を担当するらしい。御用達Milehighで予約しといて良かった。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/12/10

五行(3回目)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区西麻布1-4-36
2006/12/04

約1年振りに五行を再訪。ここに行くのを我慢するのに苦労する。今日は塩ラーメン730 yenとチャーシューご飯150 yenを注文。五穀ご飯も美味しいんだけど、注文したことのなかったものに挑戦。お、塩ラーメンも初めてね。

まずラーメンの具は、しなちく、ほうれん草(本当は違うかもしれないけど緑の葉っぱ。)、なると、チャーシュー×1、玉子×1/2。チャーシューはそこそこの大きさ。味もしっかりついている。玉子は中がオレンジでGood。

麺は平打ち麺と細麺から選択できるけど、平打ち麺を所望。美味しい。

スープは魚介系。すっきりとした味。もしろん焦がし醤油にはかなわないけど、十分他の店と勝負できる。にんにくが浮かんでいる。

チャーシューご飯はおそらく今まで食べた中で一番美味しい。チャーシューに味がしっかりついており胡麻のかおりが香ばしい。玉葱の甘さも食欲をそそる。武蔵のとんがり飯も美味しいけど、五行に軍配は上がる。回りのお客さんもこれを注文する人が多かった。
0

2006/12/9

X-MEN その17  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
Astonishing X-MENは相変わらず、面白い。まだ話がどっちに行くのかがわからない。Hellfire ClubとCasandraの攻撃とは別に宇宙からもX-MENの本拠地に攻撃が来た。

WHITE QUEENに操られKittyが変な機械から取り出したのはおそらくCOLOSSUS の兄Michaelか。いつも良いところで終わる。さすがテレビの製作をしていたJoss Whedonが話を担当しているだけのことはある。

形容詞のつかないX-MENの方はSUPER NOVASの5話目。(写真は192号の表紙)こっちの方はちょっと面白くなってきた。いよいよChildren of Vaultとの正面衝突が始まった。X-MENの一分隊のチームリーダーROGUEと育ての親Mystiqueとの対立やCYCLOPSと実の息子CABLEとの対立が物語を濃厚なものにしている。ただ登場人物が多すぎる。前にも出てきたかもしれないけどWYNGARDEって誰だっけ?昏睡状態から戻ったみたいだけど。思い出せない。
0

2006/12/2

フカヒレ屋  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区六本木3-13-8斉藤ビル1F
2006/11/27

先週大きなプロジェクトが終わり新規への意欲が湧いてきた。今回は前から知っていたけど、単価が高いので敬遠していたこの店に入ってみた。(一日限定10食の)黒豚ロースのパイコー麺900 yen、まぜご飯のおにぎりとサラダ付き(ランチタイム)を注文。自慢のフカヒレラーメンは単価1,000 yen以上のため断念。

具は、ほうれん草、コーン、白葱、そして黒豚ロースのパイコー。パイコーは、うすい衣をロースの回りにつけ、揚げられたもの。味付けが濃く、中華独特の香りがする。スープがしみていて美味しい。麺を先に食べた後に、パイコーを食べた方が味がしみて良いな。

麺は普通の太さ。特に良くも悪くもない。

スープは鶏ガラか?色が薄く、好み。塩加減も丁度良い。

麺にもう少しこだわってほしかったけど、ラーメン専門店じゃないからしょうがないか。パイコーを考えれば、900 yen払っただけの満足感はあった。
0

2006/12/1

SPIDER-MANの19  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今回はAmazing SPIDER-MAN 535号のことを書こうと思う。CIVIL WARとのtie-in(他の雑誌と話が繋がっていること)だ。

先々月CIVIL WAR 04で書いた通りSPIDER-MANことPeter ParkerはTony Stark (IRONMAN)やReed Richards (Mr. FANTASTIC)のSuperhuman Registration Act(以下 “SRA”。特殊な力をもったヒーローや悪人はその存在をアメリカ政府に登録しなければならない法律)に反対し対抗するヒーロー達をどんどん捕まえていくことに疑問を抱きはじめた。

話の中身は詳しく書かないけどアメリカ人の民主主義的視点が面白い。まず第一にこのSRAはアメリカ政府の進める移民法の強化への批判とも取れる。つまりちゃんとアメリカ国籍をとらない人以外に対しては厳しい措置を講じるものだ。(国境警備の増強や不法移民の雇用者に対する厳罰化も含まれるが、反対する人は不法移民そのものへの厳罰に抗議し今年の春頃デモを行った。)第二に、それと絡んで裁判制を強く支持しているところだ。つまりきちんと裁判にかけなければ罰せられないということだ。ネオコンへの警鐘だよね。

写真はこの話と直接関係ないけど、The Sensational SPIDER-MAN 30号の表紙。中身の画家とは違い良いね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ