2007/2/25

SPIDER-MANの23  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
写真の1枚目はSPIDER-MAN REIGNの1号。通常のタイトルが$2.99に対し、これは$3.99と値段が高い。その分紙質は良い。アメリカの本の香りがする。

筋書きは、SPIDER-MAN ことPeter Parkerの老後の話。BATMAN Dark Knight Returns (“DK”)みたいな設定だな。だけど、Peterは年をとってもやっぱりさえない。DKのBruce Wayneみたいな金持ちでもなければ、正義に燃えてもいない普通のお爺さんだ。

映画SPIDER-MAN 3の公開に合わせ共生体symbiote(この単語英和中辞典に載っていない。)がPeterのコスチュームだ。まだ第1話だけではどのような展開になるかわからん。

SPIDER-MANの通常の連載作品、AmazingやSensationalでもいよいよコスチュームが白と黒に変わる。写真の2枚目はそれの予告。Back in Blackというキャッチコピーは1970年代後半に全世界で大ヒットしたオーストラリアのバンドAC/ DCのアルバムタイトルからのパクリだ。このアルバムにタイトル曲Back in Blackの他Hell’s BellsやYou Shook Me All Night Long等のりの良い曲が満載で今でもよく聞く。名アルバムだと思う。ちなみに尊敬する作家Stephen KingもAC/ DCの大ファン。彼が監督した地獄のバトルトラックというB級映画にはAC/ DCの曲が使われている。この映画の悪いトラックのフロントにはSPIDER-MANの敵役Green Goblinと思われる顔がついていた。
クリックすると元のサイズで表示します

0

2007/2/24

純こくラーメン西麻布ずんどう屋(3回目)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区西麻布3−20−6
2007/2/20

去年の2月に訪れて以来の訪問。この店はお気に入りの一つ。今回は旨味南蛮麺セット850 yenを注文。今回もチャーシュー飯を所望。先週、赤のれんを目指して西麻布の交差点へ向かう途中、この店の前を通り「旨味南蛮麺」という名前に目が止まったので絶対行こうと思っていた。

具は、しなちく、青葱、白葱、のり、チャーシュー(細切れ)に何故かフランスパンのトースト。コーンとバターをサービスで追加。パンは少しスープに浸った状態がベストな状態。

麺は今回固めで注文。この店の弾力系の麺をこれまで評価してたけど、固麺もいける。非常に良い。カウンター置いてあった麺の説明に横浜の工場で製麺されていると書いてあった。

スープはよく考えりゃわかったけど、カレー味。(カレー南蛮の南蛮か。)今までカレー味のラーメンは邪道だと思って注文したことなどなかったけど、以外にすんなり受け入れられた。中華との相性は意外と良い。スープを飲みながら、マカオで食べたマカオ料理の味を思い出した。カレー蟹やなんたらチキン等カレー味の料理が多かったのとパンが美味しかった。(ラーメンにのっていたパンはフランスパンだったけどマカオで食べたパンは違う。)
0

2007/2/18

X-FACTORその6  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
DVDのSPIDER-MAN アメージングボックスに入っていたStan Leeのインタビューで、Stan Leeは画と筋書きどちらが良いかという質問に(自問自答だったかな)画の方が優先されると言っているね。わが意を得たりだ。画が良くないと、ちょっと買ってみようかなって思わないもんね。

X-MENの姉妹誌X-FACTORは最近のお気に入り。前号から画を担当しているPablo Raimondi。良いね。同じ姉妹紙でもNEW EXCALIBURも登場人物は良いのだが、画がもう一歩。(筋書きもか。)

X-FACTORは、筋書きもすごいよ。先月なんて悪者が全然出てこなかったし、今回の14号にも悪役は最終ページまで出てこない。だけど面白い。また、先週に引き続き例の精神科医が登場するのも良し。X-FACTORの内紛、というより、痴話喧嘩が話の中心というのが面白い。ちなみに筋書きはたしか昔HULKを担当していたPeter David。やるね。
0

2007/2/17

赤のれん  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区西麻布3−21−24
2007/02/14
実はこの店を2年前に訪れたことがある。期待と現実のギャップが大きすぎたため、このBLOGに載せることを断念した。セカンドチャンスを与えるため敢えて再訪問。場所は西麻布の交差点を六本木通り沿いに六本木方面に歩いて右側にあり。今回はみそとんこつラーメン 800 yenを注文。

具は、しなちく、青葱、チャーシュー×2。

麺は平打ち麺。といっても言われるまで麺が平打ちなのに気がつかなかった。極細だからね。固めで注文して良かった。これだったらGood。

スープは名前の通り、とんこつに味噌が入ったもの。じゃんがらでも感じたけど、とんこつとの組み合わせは味噌が一番なのでは?甘くて美味しい。

今回再訪問して良かったと素直に思う。人気の店なのはわかった。ただ麺は太い方が絶対良い。
0

2007/2/11

CIVIL_WAR_05  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
去年の10月末以来のCIVIL WARネタ。実に3ヶ月振り。発売が遅れに遅れているな。

CIVIL WAR 5号でも、IRONMANことTony Starkとの決別が決定的となる二人の対決がメイン。IRONMAN 側はDAREDEVILの敵役Bullseye等悪いやつをRegistration Act(スーパーパワーを持つ人は皆登録しなければいけない法律)に反対するヒーローを狩る要員に使い始めた。SPIDER-MANも例外じゃなくて、Jack O’ Lantern等悪いやつらに追われる展開。先に読んだAmazing SPIDER-MAN 536号でだいたいCIVIL WARでは何が起こっているのかがわかったんだけどね。

面白いのがヒーロー仲間じゃあまり評判の良くないPUNISHERがRegistration Act反対派にまわる場面。PUNISHERが仲間に信用されてないのが良くわかるね。ヒーロー仲間にとっては彼は単なる人殺しなんだね。

この作品に関してはいつもネタばれだね。中身を楽しみにしている人には申し訳ない。
0

2007/2/10

麺家大斗  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

港区芝大門2−1−18 GSハイム芝大門
2007/02/05
先週は北斗、今回は大斗、斗つながり。今回は大きな会議の昼休み、お弁当があるにもかかわらず、それも食べず、そして、40分の休みしかないのに走って芝大門近辺までラーメン屋を探した。正確に言うとGoogleで検索したあたりを目指し、行列のできているこの店に入った。お店は12人ぐらいが最大収容人数。もりそば(中盛)630 yen、野菜トッピング150 yenを注文。

具は、にんじん、もやし、にら、キャベツ、玉葱を煮たもの、のり×1、チャーシュー×1。のりはスープに浸っても型崩れしないもの。チャーシューは脂があまりなく、厚くかつやわらかい。美味しい。

麺は極太麺。中盛といっても結構量が多い。正直40分で帰らなければならないのでヒヤヒヤだった。美味しい。

スープは魚介系。お店の自動販売機の上に大勝軒のカップ麺が並んでおり、そこで修行を積んだ人が店を経営しているのかと勝手に思った。

久し振りに、満足度が非常に高い店に当たった。良し。
0

2007/2/4

SPIDER-MANの22  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
前回のSPIDER-MANの回と同様、Comicsの表紙でない。写真は映画SPIDER-MAN のDVDアメージングボックス。先週Amazonのマーケットプレイスで2,720 yen(送料込み)也で購入した。すでに持っていたSPIDER-MANのDVDを100 yenで売ったので実質2,620 yenで入手できた。実は近くのブックオフで同じものを見つけたんだけど、値段が高かった。Amazonで見たら底値1,980 yenなので注文してみた。底値の商品は売切れやケースが割れているなどで、キャンセルされ、ちょっと高いものを購入した。状態はまずまずかな。狙いはAmazing Fantasy 15号の復刻版(写真中右下にあり)。知る人ぞ知るSPIDER-MANが初登場した雑誌だ。アメージングボックスの中に入っているStan Leeのインタビューでもその辺の経緯が語られている。ちょっと覚えてないんだけど、もしかしたら光文社版SPIDER-MAN第1巻でも翻訳版が載せられてたかな。

話は変わるけど、土曜日に新宿のアメコミ専門店トライソフトの閉店セールを見てきた。ほしいものはみつからず、何も買わなかったな。あっても値段が高かった。それにしても、んーん、またアメコミ屋が閉店だ。やっぱ趣味だけじゃ商売を続けていくのは厳しいね。今じゃアメコミを入手するのが簡単になったんで、アメコミ屋がなくてもたいていは大丈夫だけど、時々あると便利な時があるんだよね(ほしいものを注文し忘れたとき)。
0

2007/2/3

麺菜家北斗 青山店  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区北青山3−5−17はる木ビルB1
2007/01/29

今年になってから徹底的に新規先を開拓中。今回は表参道駅のすぐ近くのこの店を訪問。場所は麺屋大海の青山通りを挟んで向かいぐらいにある。ここも所謂ラーメン屋さんじゃない。あまり期待もせず、塩麺600 yenと野沢菜ご飯200 yenを注文した。

具はしなちく、にんじん、はくさい、玉葱、コーン、チャーシュー×1。野菜湯麺でもないのに具沢山。

麺は中太の縮れ麺。所謂中華屋で麺の質は期待していなかったが、美味しい。

スープは恐らく鶏ガラなんだけど、野菜を炒めたときの油でちょっとわからない。胡麻油の風味あり。

野沢菜ご飯もシンプルだけど、美味しかったよ。(野沢菜が新鮮だった。)

昔ながらの中華料理屋さんとも違うおしゃれな(死語か)お店で以外にラーメンが馬鹿にできなかった。先週までは可もなし不可もなしが続いたけど、今回は行って良かったな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ