2007/10/28

CAPTAIN AMERICA 3  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
3ヶ月前にも書いたCAPTAIN AMERICA (以下“CAP”)。今日は30 (Volume 5)号。相変わらず、CAPがいないまま話は進んでいく。

CAPの死がどうやって仕組まれたかってことが段々と解明されていく。はらはらどきどきで30号を最終ページまで読み終えた。じわじわと話が進むので、先月号なんかはつまんなかったけどね。(正直Red Skullの娘なんてどうでも良い。)Sharon Carter (AGENT 13)がまたまた、悪の手先として使われてしまったのか。第二次世界大戦当時のCAPの相棒Bucky(ことWINTER SOLDIER)もRed Skullにつかまった。来月号が楽しみ。

ところで死んだとされているSteve Rogersの代わりに誰かがCAPになるらしい。それもどうかな。理想が同じだったら(“The ideal remains the same.”)良いのか。 だけどMarvelに戻ってきたAlex Rossの画はすごい。

そう言えば、今週のR25ではアメコミが紹介されていた。A4の半分しかスペースがないので、正直中身は薄いけどね。
0

2007/10/27

飲茶料理ディンチィンフォン  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区赤坂5−5−12
2007/10/23

赤坂シリーズ31弾。漢字では「かなえ」に「秦」に「豊」のふるい字を並べディンチィンフォンと読む。先週行った糖朝で食べたラーメンの麺が中華屋の割には美味しかったので、中華屋を攻めることにした。坦々麺と水餃子のセット1000 yenを注文。

具は、挽肉の味噌炒め、レタス、白葱。実はこの味噌炒めがポイント。普通の坦々麺の挽肉は、時間の経過とともに挽肉がスープいっぱいに広がって、しまいには食べる前にどっかに行っちゃうんだけど、ここのは最後まで味噌が挽肉にくっついて真ん中にまとまっている。

麺は普通の太さでちょっと茶色がかった縮れ麺。先週に引き続き麺がちゃんとしてた。これから中華屋の麺のハードルが高くなるな。

スープはすった胡麻が入ったオーソドックスな坦々麺のスープ。スープ自体はそれほど辛くない。
0

2007/10/21

SUPERMAN(その06)他のテレビシリーズ  アメコミ

先月書いたSMALLVILLE(邦題「ヤングスーパーマン」)の第2シーズンを子供とだらだら観てる。その第8話にX-FILESの敵役のCancer Man(いつもダバコを吸ってる謎の人物で主人公Fox Mulderの父親の友達)を演じてた人が出てた。スーパーマンとしてMetropoliceで活躍する前に住んでいたKansas州Smallvilleの市長役。

あと、Prison Breakの第2シーズン最終話のおまけについていたBonesっていうテレビシリーズにBuffy the Vampire Slayer(邦題「聖少女バフィー」)にAngelとして出演していた人が出てた。(準主役でFBIの捜査官として)

大した話じゃないけど、自分としては発見だったので書いた。
0

2007/10/21

SPIDER-MANの33  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
写真はAmazing SPIDER-MAN 543号の表紙。あまりに思わせぶりなんじゃないかな。そもそもMay伯母さんは一回死んでるからね。だけどなんか生き返ってた。(それを言ったら奥さんのMary Jane Watson Parkerも死んだと思わせて生きてたって展開だった。)

話の進み方はゆっくりで特に悪人が出てくるわけではない。というよりPeterが意図したわけではないけど、犯罪者になっちゃうんだよね。(ネタばれなんでこれ以上書けないけど。)次に何が起こるか楽しみ。(おそらく次の回から始まる Arc “One More Day”で、すごいことになるんだろうけど、今は詮索しない。Marvel ComicsやWizardのWebsiteで記事を読めば、次からの展開がおよそのところわかるかもしれないけど、興ざめなんで読まないようにしてる。)

先週は映画SPIDER-MAN 3のDVDを買ったんだけど、まだ観てない(正確には再度観てない。映画館で観たから。)ので、感想やらは次回以降に。
0

2007/10/20

糖朝  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区北青山3−5−14
2007/10/17

今日は表参道の駅近くで会議があったので、帰りに中華料理屋さんに入った。中華料理屋というより、麺粥屋だな。蝦入りワンタン麺のセットを注文1,500 yenぐらい。(値段を忘れてしまった。単品だったら924 yen。)

具はいたってシンプル。蝦入りワンタンとほうれん草。蝦は香港では常識のプリプリ。

麺は極細麺。ちゃんと日本人好みなアルデンテの仕上がり。

スープは好みが分かれるか。昔香港で食べたスープみたいだな。鶏ガラがベースだと思うけど、非常に上品だ。中に入っているワンタンが主役で、それを引き立てるためにあるかのように、味付けが薄味。

セットにするとデザートかコーヒーを選択でき、さらにザーサイと挽肉があえてある小皿がついている。この値段を出したらこのぐらいの満足感はないとこまるけど、美味しかった。
0

2007/10/14

自分でつけ麺を作ってみた その1  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
2007/10/14
今回は、趣向を変えて自分で作ってみたものを紹介。スーパーで買った日清「なんつッ亭」のつけ麺を使用。実は8月頃市販のラーメンからつけ麺を作ろうとして失敗した経験があるので、今回は慎重に進めた。

チャーシューと玉子は自家製。奥さんの料理本を参考にもも肉とロース肉を材料に焼いてみた。写真のスープ皿の上がもも、下がロース。昨日の晩にチャーシューの漬け汁を作って、肉を一晩漬けておいたので、味はしっかりついている。食べた結果はもも肉の勝ち。全然美味しい。ロースはあっさりしすぎている。また、両方とも本に書いてある通りに焼いたのだが、中の方まで熱が通らなかったので、電子レンジで再過熱した。玉子も肉の漬け汁に一緒につけておいた。茹で方(中身がオレンジ)、味の染み方とも完璧。

包装紙に書いてあるものよりやや短めで麺を茹でた。つけ麺の場合、そんなに冷やさなくても良いなと思ったので、適当に水で冷やす。出来上がりはGood。
0

2007/10/13

SPIDER-MANの32  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
今月はFriendly Neighborhood SPIDER-MAN 23号から。いつもは画がまずいんであまり書かないんだけど、23号は内容が面白かったからね。

Peter Parker (言わずと知れたSPIDER-MAN)がかつて写真を提供していた新聞社の社長JJ Jameson ( “JJJ”)が、部下のRobie Robertsonを解雇した。それを知ったPeterがJJJを誘き出し説教するもの。これ以上は言えない。何故JJJがSPIDER-MANを嫌いなのかってことをあらためて明確にしたと同時に、何故Robieが解雇されたのかってことがわかった。

筋書き担当Peter Davidのウィットに富んだ話の展開はすばらしい。彼はアルファベットの頭文字を使った略語に対してあまり良い印象を持ってないこともわかった。おいら自身も、略語を使われてもピンと来ないことが多い。ちなみに今回SPIDER-MANは自分自身をFNS-Mと称していた。Friendly Neighborhood SPIDER-MANだね。これは雑誌のタイトルだからわかったけど。

The Sensational SPIDER-MAN 39号の続き40号。(写真)画はいつも表紙絵を描いているClayton Crain。Alex Ross系の写実的な作風が特徴。こういう画家は他にもいるけど、昏睡状態のMay伯母さんを心配するPeterの不安な表情が、とても上手く描けている。イエス・キリスト(か?)との対話が、いつものPeterとは違いジョークもなく淡々と進む。面白い。
0

2007/10/8

ラーメンたからや  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
新宿区西新宿1−4−11
2007/10/08

今日は午前中だけ仕事に行ってから、ジムに向かった。途中こことは別のラーメン屋に行こうと思ってたんだけど、生憎休み。そこで近くにあるこの「たからや」に入ることにした。裏通りにあるんだけど、「寶」の看板は目立つ。塩ラーメン750 yenと半ライス(メニューには「めし半盛り」と書いてあった)100 yenを注文。

具は、しなちく、青葱、水菜、そして、結構でっかい鶏のもも肉×2。しなちくは普通と違って正方形に切ってる。ちょっと食べづらいね。また肉は食べ応えあり。強火で焼いていて(調理しているところがカウンターから見える。)焦げ目がしっかりついている。焦げた香りが直欲をそそる。

麺は細めのストレート。固めで注文してちょうど良い。量も結構多い。

スープは鶏ガラベース。おそらく野菜と煮込んでいて色は塩にしてはやや褐色に仕上がっている。醤油味を食べていないが醤油を入れたらもったいないな。

この店にあるラーメンの最低価格750 yenはちょっと高いかと思ったが、この肉の量だったら納得。最近胃が小さくなってきていて、半ライスを残してしまった。あと皮も半分だけ残してしまった。まずいわけではなく、ジムに行くのに脂肪まで摂るのはどうかと思ったので。
0

2007/10/7

DARK TOWER その9  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
3ヶ月振りに書くMarvel版DARK TOWER (“DT” )、THE GUNSLINGER BORN 。今回は第一部最終話の7号だ。表紙は主人公であるRoland達Gunslingers の敵Big Coffin HunterのEldred Jonas。全7巻の中ではあまり好きでない表紙だな。

もうStephen Kingの小説を読んでいるので結末は知っていた。Marvel版を読んでも悲しい結末はやはり変わらない。DTを通じてRolandの人生は、失う人生。それを象徴する出だしだな。

おまけの小説では、悲しい結末の原因Charyou Treeとはそもそも何なのかということが語られている。Char youだから「あなたを焦がす」だよね。小説を読んだときには気がつかなかった。

物語を進めるPeter David、Robin Furth、画 Jae Lee 、彩色Richard Isanoveともすばらしい。これまで読んだアメコミの中でも最高の部類に入る名作だ。第二部は来年の2月からだ。今度は小説では詳しく語られていないJericho Hillの戦いなのか?楽しみだ。ちなみにCharyouにしろJerichoにしろ本当の発音がわからんな。
0

2007/10/6

ラーメン赤とんぼ(2回目)  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
港区赤坂4-11-6プティ赤坂1F
2007/10/02

なんとこの店には2年行ってなかった。帰りに坂を2回上らなければならないので、暑い間は行けなかった。今回は「かつおつけめん」700 yenとライス100 yenを注文。

具は、しなちく、白葱、なると、きざみのり、玉子×1/2、そしてチャーシュー×2。しっかりした歯応えのチャーシュー2枚はお得。玉子も中身はオレンジで完璧。

麺は前回と異なり普通の麺。水でしめているので、はずれなし。

スープはたっぷり鰹節の入った煮干ベースのもの。適度に甘酸っぱい。スープに入っているたっぷり鰹をご飯にのせるとまた美味しい。

まだまだ暑いのでなのか、お客さんはかなりの確率でつけ麺を注文する。隣の人も、つけ麺を注文しなかったことを後悔していた。そうそうここのもう一つの売りは、ご飯をたのむとついてくる「ふりかけ」。永谷園だけどね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ